ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ユベントスのスター選手たち!ロナルドに謝罪を要求!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ユーベのスター選手たち!ロナルドに謝罪を要求!

ronald09.jpg

クリスティアーノ・ロナルドは1:0で勝利したACミラン戦で、試合終了前にスタジアムを後にしたが、どうやらそれが尾を引く結果となったようだ。マウリツィオ・サッリ監督はこのロナルドの行動に理解を示しているが、途中交代後控室に直行し、さらに試合終了3分前にスタジアムを後にしたロナルドに対して、チームメートは良く思っていないようである。
続きを読む
[ 2019/11/13 09:34 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(0)

ドルトムント、サンチョ!冬の移籍に向けてクラブを挑発?《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムントで次なる移籍強行?

sancho34.jpg

ジェイドン・サンチョはバイエルン戦では開始36分で交代させられている。これは彼にとっては最大の罰だ。最近あまりパフォーマンスを発揮できない彼にとっては、頭を冷やせというメッセージだ。しかしサンチョはここ最近、規則を守らない事で話題となる事が増えている。

続きを読む
[ 2019/11/13 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(0)

長谷部同僚アブラハム!相手監督にタックルし退場!年内出場停止か?《ドイツの反応》

【ビルト】

アブラハム!年内出場停止か?

freiburug streich

ビルト日曜版の審判であるトルステン・キンヘーファーは、“ブンデスリーガでは選手や監督がアグレッシブになる様子が見られるが、暴力を用いてアマチュアサッカーのようになってはならない。”とフランクフルトのダヴィッド・アブラハムのシュトライヒ監督に対するタックルについて語っている。

続きを読む
[ 2019/11/12 19:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)

「香川!ドルトムントでの難しい時期について語る!」ドイツ地元紙《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】

香川!ドルトムントでの難しい時期について語る!

香川真司は、ドルトムント時代の良き思い出、それから難しかった時期について語っている。このファンのお気に入りは今サラゴサでスペイン1部昇格を目指して戦っている。

kaga990.jpg


元ドルトムントの香川真司はこの夏、スペインのレアル・サラゴサに移籍している。そして2014年にマンチェスター・ユナイテッドから復帰後、ドルトムントでは難しい時期を過ごしたと語っている。この日本人はマルカ紙に対して、“マンチェスターからドルトムントに戻ってくるのはすごく難しく感じましたね。あまり良い時期ではありませんでしたが、それでも最悪だったというわけではありません。”とこの30歳は語っている。
続きを読む
[ 2019/11/12 17:47 ] 香川 | TB(-) | CM(4)

ドルトムント!この失態の責任は誰に?選手?ボス?監督?《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!失態の責任は誰に?

bn.jpg

“我々は優勝したい!”

ドルトムントの会長ヴァツケは5月の26日にビルトのインタビューでそう語っている。ドルトムントは昨シーズン優勝を逃したが、その8日後の発言だ。

続きを読む
[ 2019/11/12 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)

C.ロナルド!途中交代に腹を立て、試合終了前にスタジアムを後にする!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ロナルド、途中交代の後でスタジアムから退散!


ronald09.jpg


クリスティアーノ・ロナルドが不満を露わにしている。これで2度目だ。


ロナルドはチャンピオンズリーグのロコモティフ・モスクワ戦で途中交代されたが、その4日後のリーガ選でも途中交代されている。そして腹をたててフィールドから去っている。
続きを読む
[ 2019/11/11 19:35 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。