ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「心配トリオ、ゲレイロ、ゲッツェ、シュルレの今後を予想!」《ドイツの反応》



ビルト】1月6日



ゲレイロ、ゲッツェ、シュルレ


ドルトムントの“心配の種”トリオの今後を予想する!



entry_img_1428.jpg
引用元:Bild



ドルトムントの代わりにマルベラ!BVBはユーロ・ウィングスの飛行機でスペインのキャンプ地へと向かった。飛行機に乗ったのは、チーム幹部、監督、約30人の選手。そしてその周りの世話をする人たち。そしてこの3人にとっては特別な意味を持つ!

スポンサーリンク



ゲレイロ、シュルレ、ゲッツェ!このトリオは変わるためにトゥヘルを必要としている!


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケの明らかな発言:“リーガではこれまで16試合よりも多くのポイントを獲得し、直接チャンピオンズリーグ入りを決めたい。そしてポカールでは良い成績を収めたいね。”


ドルトムントは現在6位という順位から早く上に行きたい所だ。


トーマス・トゥヘルにとって非常に重要となるのが、冬休みに入るまでたくさん心配をかけた3人の選手を信頼することができるようになることだ。




▶ラファエル・ゲレイロ

20170107193914cf5.jpg


このポルトガル人はドルトムントで夢のスタートを聞いた。彼はリーガ6試合で5ゴールに絡み、中盤の創造的なボスとなった。しかし10月の頭から筋肉の問題が彼にブレーキをかけている。

彼のカムバックはまだ未定だ。トゥヘルはビルトに対して、“彼はキャンプでも入ったり入らなかったりだろうね。”と語っている。つまり:彼はチームトレーニングに参加したり、参加しなかったりするという事だ。




▶アンドレ・シュルレ

20170107193914054.jpg


膝の負傷が彼からリズムを奪ってしまった。冬休みに入るまでは単なる補欠だ。しかし合宿でこのサイドアタッカーは再びトップフィットになるつもりだ。シュルレ:“フィットネスが必要なことは分かっている。”




▶マリオ・ゲッツェ

20170107193916239.jpg

彼には昔の姿に戻るために最後の一押しが欠けている。彼がその能力を見せるのは非常に稀だ。トゥヘルはこの中盤のスターにゴール前での脅威を期待している(これまで1ゴール。)。ゲッツェは風邪のためにトレーニングを休んだが、昨日再びトレーニングに参加している。







以上です。

この3人には早く良くなって、活躍してほしいですね。いろいろと期待されたゲレイロですが、感覚的には3週間ぐらいしかプレーしていないのが気になりますね。そんなに大けがではなかったようですが、もうすぐ3か月ぐらい経ってしまうので、それが気がかりです。

香川選手の場合もそうでしたが、判断の難しい軽傷だと長引いてしまう事もある、という事でしょうか。

他の2人に関しては、是非とも中心となってチームに貢献してほしいですね。ロイス、ゲッツェ、シュルレが3人ともベストコンディションだったらチャンピオンズリーグでもかなりの脅威になると思いますし、少しでも勝ち上がってほしいです!

[ 2017/01/07 19:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(2)
ロイス、ゲッツェ、シュールレ、ゲレイロ。
ワクワクするようなメンツですからね。
今季は国内リーグは厳しいかもしれないけど、CL決勝ラウンドは期待しています。
こういう大舞台や強豪相手に強い4人なのは間違いないのでね。
この4人が本来の力を出せれば、噛み合えば、ベスト4以上は行ける力はあります。
どうか良いコンディションで、スピーディー&迫力あるドルトムントが帰ってきて欲しいです。
とりあえず国内リーグは来シーズンに期待しています。
[ 2017/01/07 19:52 ] [ 編集 ]
怪我人が全員早く帰ってきますように。
皆コンディションも上がったら、トゥヘルも誰を選ぶか悩みますね。
嬉しい悩みですが!
記事の3人がどれだけ同時に試合に出るかわかりませんが、他にも良い選手が沢山いるので問題ないでしょう。
チームで切磋琢磨して良い後半戦が送れますように。
[ 2017/01/08 01:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。