ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ゲッツェとシュルレはBVBにとって価値があることを証明しなければならない!」《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ



ゲッツェとシュルレはBVBにとって価値があることを証明しなければならない。



entry_img_1431.jpg


マルベラ:ブンデスリーガで1ゴール1アシスト。チャンピオンズリーグで1ゴール1アシスト。マリオ・ゲッツェがシーズン前半で残したこの数字は、攻撃的選手としては情けない数字だ。それに加えて彼には2000万ユーロもかかっている。



スポンサーリンク


この疑いようもなく才能のある選手は、いまだにボルシア・ドルトムントに到着していないのではないかという印象を受ける。



今後数週間はオバメヤンなし


しかしだからと言って、これがマリオ・ゲッツェのカムバックを失敗だったということにはまだならない。そう判断するには早すぎるし、彼のパフォーマンスは大抵の場合においては順調だったからだ。

キッカーは前半戦のランキングで彼を要注目に分類しているが、これは上から4番目のカテゴリーだ。これは悪くない結果だが、マリオ・ゲッツェのポテンシャルからすれば少なすぎる。

そしてこれはアンドレ・シュルレにも言えることだ。彼は全大会を通して5ゴールを挙げている。そしてこれはゲッツェよりも多いが、これらのほとんどはシーズン序盤のものだった。その後膝を負傷し、パフォーマンスが低調な状態が続いている。3000万ユーロというクラブ最高額での補強はもっとできるはずだ。



ゲッツェとシュルレは証明しなければならない。



いずれにせよ、彼らもゲッツェと同様に今後数週間で力を示さなければならないだろう。なぜなら22試合で20ゴールを挙げているオバメヤンがチームから欠けるからだ。オバメヤンは95分に1回の割合でゴールを決めている。

これより良いペースで得点しているのは、復帰後のマルコ・ロイスだけだ。彼は90分に1回の割合で得点している。ロイスはこの状態を後半戦も保てばよい。しかしゲッツェとシュルレは彼らがBVBにとって価値があることをすぐに示さなければならない。






以上です。

移籍してから約半年がすぎましたが、徐々にこのような見方が増えてくるでしょうね。ぜひとも彼らには力を発揮してほしいですので、準備トレーニングでは良い形を見つけてほしいところです。

何度か言っていますが、CLではぜひとも行けるところまで勝ち進んでほしいですし、そのためには絶好調の彼らが必要ですからね。

[ 2017/01/09 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(12)
シュルレは出場試合数と怪我を考えたらまだいいけど
ゲッツェはちょっとないかな。
[ 2017/01/09 07:01 ] [ 編集 ]
W杯にCLに、2人とも大舞台に強い選手なので期待しています。
トゥヘルはオバメヤンの変わりは、ラモスかシュールレと言っていたみたいですね。
PSV戦のCFシュールレが気に入ったので、次のテストマッチはスタメンで見たいです。
ゲレイロもチーム練習に復帰していたので、楽しみにしています。
[ 2017/01/09 07:09 ] [ 編集 ]
シュルレの方は怪我さえ気を付けりゃ大丈夫だろ
[ 2017/01/09 07:15 ] [ 編集 ]
ゲッツェはもう大丈夫だよ。フィジカルは戻った。あとは合宿でテクのカン戻すだけ。ロイス、香川と同時に使えばいくらでも点に絡める仕事ができるとこまではきたな。この人は、調子がすごくよければ単独でゴール狙えるけど、まぁそれは来シーズンのお楽しみ。

シュールレは、膝が痛いということだけど、前のゲームではそういうのはあまり感じさせなかった。シュート外したとこくらいかな、膝かばったような動きしたのは。まぁ、痛けりゃ痛いでサブで使えばいい。むしろ途中から出てきた方が相手からすると嫌だな。裏とるのがうまいから疲れてる時にそういうことされるとウンザリするからな。
[ 2017/01/09 07:47 ] [ 編集 ]
言いたいのは2人の獲得に関してそれなりの移籍金を使ったのにって感じでしょう
キッカーの件ですが、宇佐美がクラマーを負傷させた節でドルトムントvsホッフェンハイム戦でドローにも関わらずゲッツェがその節のブンデス全体のMVPになってましたねw

[ 2017/01/09 08:01 ] [ 編集 ]
リーグ戦の巻き返し、ポカールCLの勝ち抜けには彼らのような経験ある選手たちの奮起が必要です。
このキャンプで刺激しあいいい連携を築いていって欲しいですね。
[ 2017/01/09 16:41 ] [ 編集 ]
この二人で5000万ユーロですからね。

前半戦は怪我で離脱していた
ベンダー、シュールレ、ゲレイロ、カストロ、香川選手に後半戦は期待してます。
リーグ戦もなんとかCL圏内に入ってほしいです。
[ 2017/01/09 17:22 ] [ 編集 ]
シュールレとゲッツェは次はスタメンでしょう。
PSV戦の後半は、組織として連動した崩しを見れて楽しかったです。
おそらくロイス、デンベレとともにプレーさせると思います。
[ 2017/01/09 17:36 ] [ 編集 ]
次と言っても相手は現在ベルギー8位のスタンダールリエージュですよ
その次はドイツ3部のバダーボルン・・
もっといい相手を選べなかったのか
テストマッチで一番強豪がPSVとか
[ 2017/01/09 22:14 ] [ 編集 ]
次シュールレの前半はありそう。
ゲッツェはどうかな。
トゥヘルはいきなり予想外のことをするから、誰も想像しない人選かもね。
[ 2017/01/09 22:16 ] [ 編集 ]
PSV戦の後半に組織として連動した崩しなんてありましたか?
同じ試合を観ていたとは思えませんね。色々な人がいて面白いです。
後半は完全に個人芸ここに極まれりでそれに関しては大変に見応えがありましたが、結局前半戦はその状態で戦ったので勝ち点をこれだけ落としたわけです。
強いて言うならどなたかも書いてらしたゲッツェとプリシッチが連動性を醸し出していましたが。
後半はCLの決勝リーグもありますから、怪我人を出さないように、ある程度メンバーを回しつつ、うまくターンオーバーしてほしいですね。
[ 2017/01/09 22:33 ] [ 編集 ]
高すぎる移籍金考えたらシュレルの怪我や出場時間はゲッツェより悪いだろう
新加入で稼働率が悪いって事はそれだけただ飯ぐらいの役立たずって事なんだから
そして怪我しないようにしつつ戦術やシステム確認が目的だろうに、ウインターブレイクでガチ試合やれって疲れさせてどうする
[ 2017/01/11 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。