ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「アウグスブルク宇佐美は良いドイツ語でコミュニケーションがとれている。」《ドイツの反応》



アウグスブルク・プレス】1月8日



FCアウグスブルク、マルベラ・トレーニング合宿

entry_img_1432.jpg
引用元:アウグスブルク ・プレス


合宿5日目、マニュエル・バウム監督は午前中のトレーニングの後で、選手たちに午後から自由時間を与えた。選手たちはそれぞれ好きなことをして過ごした。何人かはこれまでの厳しいトレーニングの後で睡眠をとったり、何人かはコーヒーを飲みに街へ繰り出しり、浜辺を散歩したりした。

なのでこの一日は、疲れをとる一日となった。マニュエル・バウムは午前中のトレーニングでも、アルクマールとのテストマッチの疲れをとる練習を課していた。


スポンサーリンク


FCAのミッドフィルダー、宇佐美貴史にはもう一つ予定があった。彼はジャーナリストを前に、自身初となるドイツ語でのインタビューを行ったのだ。宇佐美は“僕のドイツ語は汚いですよ。”と話し始め、それによってジャーナリスト達との雰囲気を即座にリラックスしたもとした。


実際の所、彼は多くのテーマに関して良いドイツ語で意思の疎通を図ることができていた。もちろんまだ彼が本当に言いたいことをすべてドイツ語で表現できるわけではなかったが。“監督がバイエルンの方言で話したり、人々が早く話したりするとまだ難しいですね。”とテストマッチでゴールを決めた宇佐美は語る。


宇佐美はここアウグスブルクがとても居心地がよく、ドイツの料理も好きだと語っている。特に彼が好きなのはシュニッツェルで、さらに彼の娘が12月24日に1歳になったことも語った。






以上です。

宇佐美選手がドイツ語でインタビューに応じたようですが、早速ニュースになっていましたので紹介しました。インタビューの写真を見る限りでは、どこかの雑誌の専属インタビューというよりは、複数の記者を集めての記者会見のような感じでしょうか・・。そのあたりはまだはっきりしていません。もしかしたらインタビュー全文が近いうちに掲載されることもあるかもしれませんね。

写真では本当に宇佐美選手一人で受け答えしているようですね。結構勇気がいったと思いますが、早速ドイツ語でインタビューをしたことに対して好意的な記事もでましたし、やはりそうした姿勢を示せたことは大きかったと思います。これがクラブ内でもプラスになると良いですね。期待しています。

[ 2017/01/10 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(8)
宇佐美、オランダのチーム相手にゴール決めてましたね。
ここから一気に飛躍して行ってもらいたいです。
[ 2017/01/10 06:21 ] [ 編集 ]
アウグスブルクのツイッターにインタビューの様子が載ってますよ
https://twitter.com/FCA_jp/status/818087368582426625
https://twitter.com/FCA_jp/status/818389224324009984
語学も頑張ってますね
この調子で試合にも出られるようになるといいな
[ 2017/01/10 07:37 ] [ 編集 ]
J
twitterでも宇佐美君のドイツ語での受け答えが動画で紹介されてましたね
ゴールもしましたし、チャンスが増えるといいですねー
[ 2017/01/10 07:42 ] [ 編集 ]
上手くなくてもドイツ語を話そうという姿勢は地元メディアにも評価されるんじゃないかな。
[ 2017/01/10 08:19 ] [ 編集 ]
元々普通の人が身につけられないものを持ってる選手
けど普通の人が誰でも持ってる物を持ってないのが問題だった

今それに対して努力して取り組んでる
結果が出るように応援してます

苦境に陥ってる時に面白がって記事を書くメディアに負けるな
[ 2017/01/10 08:26 ] [ 編集 ]
その記事、日本でも出てましたね。こちらの方は日本に帰りたいんじゃないか?という話だけでしたが、宇佐美はドイツの生活が気に入っている。というような内容でした。

日本の記事は、宇佐美がドイツに馴染めていないだろう、という感じで嫌味を感じるインタビューでしたが、管理人さんのおかげで、もっと和やかな記事だったとわかり嬉しく思いました。ありがとうございました。
[ 2017/01/10 09:27 ] [ 編集 ]
コミュニケーション能力>言語
[ 2017/01/10 13:13 ] [ 編集 ]
宇佐美が努力しているのは、これまでも本人や妻のブログなどからうかがわれた。
パワーや持久力のなさが、本人の才能発揮に制限をかけていた面があったんだと思う。
香川や清武同様、周囲との連携がないと輝けない選手だと思うので、うまくチームにフィットすることを期待しています。
[ 2017/01/10 13:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。