ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「なぜトゥヘルは彼のキャプテンを疑問視するのか?」《ドイツの反応》



ビルト


シュメルツァーに対して明言を避ける。ロイスが再び候補に!

なぜトゥヘルは彼のキャプテンを疑問視するのか?


entry_img_1433.jpg
引用元:Bild

トーマス・トゥヘル監督は、夏にマルセル・シュメルツァーをキャプテンに任命した。第1候補のマルコ・ロイスが長い間離脱していたからだ。そして今ロイスが再び健康に戻った。そしてトゥヘルはキャプテンを新たに任命するという発言をしている。

スポンサーリンク




BVB古参のシュメルツァーは怒っている。:“僕はまだシーズン中にキャプテンに関して議論されることはこれまでに一度も経験したことがないよ。どうして僕が今キャプテンで、本来は別の人でなければならないか、などとね。”



トゥヘル:“マルセルがそれにイラついているのは理解できる。これからシュメッレ、それからマルコと話し合わないとね。”


ロイスはフンメルスからキャプテンマークを譲り受けることを喜んでいた。“4年間クラブでプレーしているし、昨シーズンは副キャプテンだった。もしキャプテンが船から降りたら、副キャプテンが呼ばれる。”



監督は、この問題に関してシュメルツァーがキャプテンだと明言する事をしなかったことで、この話を終わらせるチャンスを逃してしまった。



そうする代わりに、“そんなに早くは決断できないだろう。メディアもファンも公式戦が始まるまでは我慢しなければならないね。”



しかしどうしてトゥヘルは彼のキャプテンに疑問なのだろうか?シュメルツァーは誇りをもってキャプテンマークを巻いている。“僕にとっては非常に大きなチャンスだ。”



トゥヘルは冷静だ。“僕はすでにキャプテンが、昔のように僕にとってはそれほど大きな意味を持たないと強調していた。”彼はグループとして責任を担う事を期待しているのだ。



長い間BVBのキャプテンを務めたユルゲン・コーラーはビルトに対して以下のように語っている。“どうしてトゥヘルが今この議論を開けてしまったのか理解できないよ。もしかしたら彼はマルコ・ロイスにキャプテンになる事を約束してしまったのかもしれないね・・・・。”







以上です。

昨日取り上げた記事のビルト版を紹介しました。

昨日の記事よりも、トゥヘルの発言がいくらか詳細に載っていましたが、これはどう考えてもキャプテン再考としか取れませんね。

キャプテンがそれほど重要ではないのであれば、シーズン中にわざわざ変えるというような事をする必要もないのでは、と思いますが、その辺は管理人にも良く理解できません。みんなでシュメルツァーを支えろ、で良いような気がしますけどね。

案外コーラーの言うように、ロイスの機嫌を損ねないために、うっかり“お前がキャプテンだ・・”と言ってしまったのかもしれません・・・・。


【おまけ今日のドイツ】

20170110180150b85.jpg

ニベア クリーム
ドイツブランドで世界的に有名なニベア
なかなか優れ物で、乾燥肌にはもってこいです。
[ 2017/01/10 18:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(30)
やはりトゥヘルは常々言っているように、キャプテンとしての特別な役割を期待していないのは明らかでしょう。ただ、キャプテンは常にスタメンになるので、外せないからシュメルツアーにしてしまった事を後悔していると思います。

シーズン始めは、ロイスの離脱も有りましたが、ゲレイロを中盤で使いたいと誘ったという経緯で、ギュンの代わりをゲレイロに期待した感が有ります。つまりシーズン当初はSBはシュメルツアーがスタメンで決まりと思っていたのでしょう。しかし、だんだんにゲレイロがあまりうまくはまらなくなっている事、やはりSBで起用しようとしているらしい事を思うと、シュメルツアーと被ります。

3バックにを頻用しだした後半は、ゲレイロは離脱していて関係ないですが、守備的MFでのシュメルツアーの出来は、キャプテンで無かったら外されていたと思います。そういうのは、同じポジションの選手たちの不満になりますよ。

ロイスは、スタメン確定で納得しない選手はいないでしょう。キャプテンシー問題で無く、スタメン問題だと思っています。
[ 2017/01/10 18:24 ] [ 編集 ]
そもそもキャプテンの重要性を考えていないからこんな事になるんですよ。トゥヘルは選手のプライドに無頓着すぎる。昨シーズン香川をベンチ外にしてメディアが騒いだ時もトゥヘル本人はピンときてなかった。
[ 2017/01/10 18:25 ] [ 編集 ]
シュメレはさらしモンにされてるな。
トゥヘルは、キャプテンがどーのというより、シュメレ追い出してゲレーロ使いたいんだろな。キャプテン問題で逆らえば外す口実になるからな。不貞腐れても外す口実になる。フンメルス、グロクロ、ギュン、クバみたいに出ていってもらっていいと思ってんじゃ無い?クロップの弟子たち追い出して自分のチーム作りたそうなのは見え見えだし。まぁそうはいってもサッカーそれほど甘く無いけどね。
[ 2017/01/10 18:34 ] [ 編集 ]
>キャプテンがそれほど重要ではないのであれば、シーズン中にわざわざ変えるというような事をする必要もないのでは、と思いますが

管理人さんのおっしゃる通り。
[ 2017/01/10 19:05 ] [ 編集 ]
シュメレの事を何だと思ってるんでしょうか…
チームの雰囲気微妙にならないんでしょうか?
二連覇にポカールとったメンバーですよ。
ロイスじゃダメって言ってる訳ではないですしフロント的にはそりゃロイスなんでしょうけど、豪徳の場合が特殊だっただけでシーズン途中に降格争いしている訳でもないのにキャプテンを変えるなんて。クロップの最後のシーズンでもマッツのままだったし。
そういえば、昨シーズンだったか記憶が定かでないですが試合で小競り合いや審判に話しにいくのはシュメレがよく長谷部さんばりに速攻駆けつけてたのを思い出しました。マッツは知らん顔で水飲んでたのが映ってましたけど…→たまたまですかね。
シュメレがキャプテンやればいいのになぁと思っていたので余計にそう見えたんでしょうか。
管理人さまの読み通り、ロイスに約束しちゃったんですかねぇ。
[ 2017/01/10 19:10 ] [ 編集 ]
それなら最初からロイスをキャプテンに任命しておけばいいのに。
シーズン中にキャプテン交代なんて、シュメルツァーのプライドが傷つきますよ。

ニベアってドイツブランドだったんですね。知らなかった!
乾燥する冬は大活躍しますね。リップクリームも優秀です。
[ 2017/01/10 19:23 ] [ 編集 ]
ロイスに関して、選手としての才能は認めるけど、自分の調子が良ければ機嫌がいいけど、悪ければすぐ不貞腐れる。こんなキャプテンめんどくさいし、またすぐ怪我で離脱もありえる。シュメは確かにドルでは古参でいい人だけど、選手を鼓舞してチームを盛り立てていくタイプでもない。気分屋のロイスは厄介だけど、はまればチームに活力を与え影響大。どちらがいいのかね。
[ 2017/01/10 19:26 ] [ 編集 ]
アマチュアスポーツなら移籍なんてほとんど無いから、チームの主要言語の話者で最も練習した者(補欠でもいい)に
キャプテンをやらせればいいと思うけど、プロはどうなんだろう。

まあ、キャプテンが余程おかしい事や怪我で離脱でもしない限り、シーズン中に変えるのはダメだと思うが。

プロなのに監督がキャプテンを任命するのか。それもなんかおかしいな
[ 2017/01/10 19:41 ] [ 編集 ]
えー~NIVEAがドイツブランドだったんですか…知らなかったです。
[ 2017/01/10 20:35 ] [ 編集 ]
 まあ普通に考えれば、そのまんまシュメルでもいい気がするけど。シュメルは対人へただと思っていたが、代わりのものがいなかったからね。むしろシュメルがいなくなったことで穴になり、周りがそれに引きずられた。
 ロイスが戻ってきて、もめてる感があるね。トゥヘルが悪いのは、こういう人身掌握が出来ないところ。最初からロイスが戻ってくるまでと、ルールを決めておけば良かったし、今でもビシッといえばいいのに、キャプテンはどうでも良いと言いつつ、それで競争させようとしているようにも見える。これでチーム内がギクシャクしなければいいけどね。
 ただシュメルのキャプテン前半は、若手が入ってきて、やりたい放題やってた感があり、まとまりが感じられなかった。だがロイスが戻ってくると少なくとも連携が生まれて、チームとしてまとまり、機能してる。ロイスが戻ってきて、一番良くなったのはデンベレ、適当にドリブルしてボール奪われたり、相手にパスした感があったが、チームワークを重要視するようになったのか、ちゃんとパスを出すようになった。
 香川もロイスが戻ってきてやりやすそう。
 後何かの記事で、ロイスのパスで、誰かが得点を量産するみたいな記事があったけど、昨シーズンブンデス公式はロイスのアシスト数は3だからね。
 ー49ー
[ 2017/01/10 21:28 ] [ 編集 ]
やはりトゥヘルは自らの所属するクラブの選手を人として見ていないというか、それこそゲームのユニットかのように見ているような節があるように思えます…
こういう案件を抱えると、国内外の二流三流メディアに今度はありもしない選手間の対立を煽るような記事をここぞと書かれたりもされかねません。
厳しい規律を求める割には自分の言動に隙や不条理が目立つ印象が拭えません。
[ 2017/01/10 21:47 ] [ 編集 ]
この問題で一番困っているのは監督自身でしょう
やっちまったって感じですよね
ロイスとシュメルツァー2人の問題だけに思えるけど、周りの選手にも影響して来そうで怖いですわ
監督としてしてしっかりと解決して欲しいです
[ 2017/01/10 22:49 ] [ 編集 ]
シュメも怪我やカードで消えるし、ロイスも怪我で消えるからなんとなくキャプテンって感じはしないですね
[ 2017/01/11 00:36 ] [ 編集 ]
フロントも噛んでるかもしれませんね
[ 2017/01/11 00:43 ] [ 編集 ]
メディアがトゥヘルネタで必要以上に煽ってるだけな気がする。シュメルは正直キャプテンってより副キャプテンっていうイメージ。あんまチームをまとめるような所を見たことがないので・・・ケールとかと比較するのは違う気もするけど、でもキャプテンって感じじゃないと思う。だからといって貢献度は高いけど怪我ばっかのロイスもどうなんだろう。
いまいち引き締まらない試合が多いからトゥヘルもキャプテンを改めて任命して雰囲気変えたいんじゃないでしょうか。
それか、シュメルのプレイに不満を持っているから脅しかけてるんだと思う。トゥヘル流のやり方なんじゃない。クロップと比較してやんな。
[ 2017/01/11 01:54 ] [ 編集 ]
傷付くだとか言うよりも、実力の世界なんだからシュメに変えてゲレイロを入れるべき。
守備ではなく、攻撃がまるで駄目。
[ 2017/01/11 02:20 ] [ 編集 ]
トゥヘルがロイスに接する姿とか見ると、どんな時でも顔色を伺うかのように凄く気を使ってるのが分かるからな
ロイスはクラブの顔、象徴的なアンタッチャブルな存在なんだろうね
[ 2017/01/11 03:03 ] [ 編集 ]
プレミアの番組で、クロップがこう言っていたそうです。

「マルコ・ロイスはビッグクラブから大きなオファーを受け取っていた。しかし、彼はドルトムントを去りたくなかった。彼は、ボルシア・ドルトムントにおけるトッティのようだ。」


ドルトムントサポーターは、ロイスを愛している。
ロイスこそ、キャプテンにふさわしい。
[ 2017/01/11 05:54 ] [ 編集 ]
チームが上手く嵌まっていないことに起因してるのでしょうね。

昨日の練習試合を観ても前半と後半で選手を入れ換えて何を試したのか解りませんが、チームとして機能していたのは前半組のロイスがいたチームです。

ロイスが負傷でいなかった時期と比べると一目瞭然、復帰後の方が間違いなく選手個々の特徴が生かせるような試合運びになって来てます。

つまり、ドルは優秀な選手を多く集めたがために出場選手はスタメンアピールに勤しんだのではないでしょうか。チームプレーよりも優先してしまったのにはある意味同情もできます。

しかも、成果を出した選手をトゥへルは重用するというチーム作りよりも先に結果を求めてしまった。そう周りからも求められるのがドルというチームですからそこは同情はしますがね。

しかし、チームプレーを優先する選手を蔑ろにしてチームの熟成を後回しにした結果、選手は個人技にはしる。その皺寄せが守備に現れています。チームとして機能させなければならない組織守備が嵌まらない。これでは矢面に晒される守備陣は堪ったもんじゃない。

ましてや、ロイスの復帰後は前線が躍動してチームとして闘えています。
更に香川も足の怪我が癒えたのか先日の練習試合ではチームの活力になっていました。

はっきり言って、前と後ろで明暗が浮き彫りになって来ています。

そうした状況の中で、この時点でシュメルからロイスへのキャプテン変更はタイミングが悪い。得策ではありません。
これでは守備の選手であるシュメルには荷が重い、悪いと言っているようなものです。憤慨するのも無理はありませんね。

トゥへルはチームキャプテンとゲームキャプテンをどう思っているんでしょうね。
これでは先に話したチームの結果を求めた為のチーム作りが疎かになった二の舞になりはしないでしょうか。

ロイスが復帰したことで結果は付いて来るようになりましたが熟成はしてませんね。
チームの結果とチーム作りはどちらを優先すべきなのでしょうね。これでは同じ事の繰り返しのように思えてなりません。
[ 2017/01/11 08:43 ] [ 編集 ]
ニベアの缶タイプ、日本では殆ど見なくなりました。
今はニベア花王株式会社になっていて、全て日本製です。
日本のニベアは乳液タイプが主流です。缶タイプよりベタつきが無くしっとりするので私も愛用しています。
[ 2017/01/11 11:37 ] [ 編集 ]
トゥヘルのメディア対応のまずさが事を大きくしてしまってると思います。
シーズン中のキャプテン変更というデリケートな問題であるのに、なぜこの段階でメディアに対して2人と話す必要があると話したのか。
[ 2017/01/11 14:17 ] [ 編集 ]
もう面倒だから間とってピシュチェクかパパスタソプーロスでええよ。
[ 2017/01/11 15:41 ] [ 編集 ]
メディアが騒ぐ前に、解決すべき問題だったのに、収拾がつかなくなってしまった。頻繁に戦術を変えたり、選手のポジションを変えるトゥヘルの性格の一つの表れだと思うけど、もうちょっと上手くやれないのかなぁ〜。散々もめて、シュメルツァーのプライドをズタズタにして、ロイスがキャプテンになったところで、ロイスは直ぐに怪我をしそうです。丸く収まる事を願ってます。
[ 2017/01/11 19:13 ] [ 編集 ]
ロイスが戻ってきたからって一度任せたのに変えるのは失礼ですよね。だったらシュメに最初から臨時措置だと説明するべきでしたね。


日本で出回ってるニベアは花王が作っているようなのでドイツのものとはまた使い心地が異なりそうですね。
[ 2017/01/11 23:29 ] [ 編集 ]
5:54さん
ロイスを狙ってたのはバルサですよ
ドルトムントを去りたくなかったのではなく、最近調子が悪いようですが当時MSNがいるのにどこに入って行く余地があるのかとお断りしたようです
実際MSNの控えを捜していましたから
[ 2017/01/12 07:49 ] [ 編集 ]
ロイスが復帰してデンベレがパスするようになって攻撃の連携はちょっと良くなったけど
勝てたのレギアとBMGって守備がユルい相手だけなんだよね
結局規律だった守備してくる相手に勝ててない
でも守備で前のプレスの連動はロイスと香川が入るとよくなったからやっぱ昔からいるメンバーだとハマるね
後ろの守備も昔からのメンバーのがやっぱ連動する
ここは慣れだからしょうがないね
新旧メンバー使ったのだとホッフェンハイムでロイス退場したあと前3人で攻撃して後ろ7人で守ってってのが役割がはっきりしててよかった
キャプテンは一番チームで欠かせないソクラテスがいいけど外人だからダメだろね
[ 2017/01/12 08:42 ] [ 編集 ]
1/11 11:37さん
ニベアの青缶  
東京では普通にスーパーやドラッグストアなどで売ってますよ。(169g 398円)

マドンナや芸能人が愛用している高級クリーム「De La Mer(ドゥ・ラ・メール)」の成分と酷使していることから話題になり、ニベアの青缶は安くて人気ありますね。

http://antiaging.akicomp.com/?p=3083 (ニベアの便利な使い方)
http://www.nivea.co.jp/ (日本のニベア)
[ 2017/01/12 09:06 ] [ 編集 ]
2017/01/12 09:06様
ニベア情報ありがとうございました。娘に聞いたら、売ってるじゃん。って言われちゃいましたよ。とほほ・・
娘曰くまつ毛に塗る高いクリームとニベアの成分が似ているというのが数年前に話題になってから、青缶がまた復活というか見かける様になったと言う事です。
私はいつも乳液しか買わない、缶タイプはべたついって苦手、なので見ていなかっただけですね。
[ 2017/01/12 19:25 ] [ 編集 ]
ロイスを狙っていたのはバルサだけではない。
世界中のビッククラブから狙われてましたから。
クロップも、これほどのスター選手がドルトムントに残ってくれている事に感動していました。
[ 2017/01/12 19:44 ] [ 編集 ]
SPORT BILDでどちらのキャプテンがいいか投票をやっていましたが、結果はロイスが6割弱で支持されていましたね。
[ 2017/01/13 22:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。