ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBデンベレー消えた?トレーニングを欠席しストライキ!クラブは制裁措置も!《ドイツの反応》




ビルト



ウスマン・デンベレーはどこへ?




entry_img_1775.jpg


ペーター・ボシュ監督は、本日行われたポカールに向けての記者会見で驚きの発言をした。“デンベレーは今日のトレーニングにはいなかった。彼に連絡を取ろうと試みたけれどね、とにかく悪いことが起こっていないことを願っているよ。”


デンベレー消失!そして彼はそれに対して制裁を受けることになる。


BVBは17時04分にホームページでデンベレーの間違った態度とそれに対する制裁について述べている

スポンサーリンク



スポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルク:“ウスマン・デンベレーは今日無断でトレーニングを欠席した。そしてそれはおそらく意図的なものだと思われる。この間違った態度に関しては当然制裁が加えられる。それに加えて、監督と話し合った結果、週末のポカール終了まで、彼は試合にもトレーニングにも参加できない決断を下した。“



デンベレー、停職と罰金の措置!今後どうなるだろうか?



ビルトの情報によると、デンベレーはBVBの情報とは異なり、すでにドルトムントにはいないようだ。彼はパリの友人の所にいるらしい。



このフランス人はバルセロナ行をかけてストライキを起こすようだ。



デンベレーは2021年までドルトムントと契約しており、解除条項も設定されていない。クラブの許可なしで移籍することはできない。



背景:デンベレーはバルセロナ移籍を決意している。しかし彼は両クラブが合意に達しなかった事を聞かされなければならなかった。ドルトムントは1億5000万ユーロを要求したが、これはスペイン人には多すぎたようだ。BVBはすでにバルサのオファーを断った事を明らかにしている。それに対してデンベレー自身はすでにバルセロナと合意していたとされている。



この20歳は、交渉がまとまらなかった事に非常にがっかりしていたようだ。彼はインスタグラムやツイッターからドルトムントの情報をすでに消している。



※デンベレはドルトムントで見つかったそうです。






以上です。

どうやら本当にストライキをしているようですね。これは非常に残念なことです。まあ一度こうなってしまったら早めに売ってもらえる移籍金をもらったほうが良いのでしょうね。ここまでして出たい選手を無理やり留めても、やはり良いことはないでしょう・・

[ 2017/08/11 06:00 ] デンベレ | TB(-) | CM(24)
若さか...
諫めてくれる大人は周りにいないのかな?
[ 2017/08/11 06:10 ] [ 編集 ]
ドルトムントに加入して、まだたった一年。
これから計り知れないポテンシャルを開花させていく選手だけに、やはりヴァツケとしてはできるだけ高く買ってもらいたいのですよね。
移籍金バブル、ネイマールマネー。
今、これほどドルトムントに有利な条件はないでしょう。
デンベレとしては、ヴァツケに設定額を下げてもらいたいがゆえの行動。
うーん…しかし…
バルセロナさん、どうかヴァツケの設定額を満額でお支払いよろしくお願いします。
[ 2017/08/11 06:16 ] [ 編集 ]
若さではない。
入れ知恵をしたのは、彼の周りの「大人」でしょう。
代理人か、バルセロナ側か。
ビジネスですからね。
[ 2017/08/11 06:17 ] [ 編集 ]
レンヌからドルトムントに来る時も似たようなことしてましたよね…

ただこれで売ってしまうと、解除条項を設けない意味がなくなってしまうから中々難しいところですね。
[ 2017/08/11 07:18 ] [ 編集 ]
むしろ大人が唆してると思う
[ 2017/08/11 07:32 ] [ 編集 ]
だからさっさと出せっていってるんだよ。普段のプレー見ても来た当初からドルに気持ちはないからね。こんなの置いてたらクラブ全体の士気にかかわるからな。バルサの言い値で十分に儲かるし、そんだけあれば代わりはいくらでも取れる。ペナルティ課すんじゃなくて追っ払ったほうがいいよ。
[ 2017/08/11 07:44 ] [ 編集 ]
昨今のサッカー界では契約なんてものは無意味ですからね。選手がこういうストライキ起こせばクラブとしては売らざる負えない。バルサから指示があったのかも知れませんね。デンベレはバルサと個人合意している様ですし、これでドルトムントにプレッシャーかけられるからと。長引けばバルサも困りますが後継探しがまだ残ってるドルトムントも道ずれで面倒ですからね。移籍が双方共に幸せになれる唯一の方法かと。1億2000万€ぐらいで決まりそうですね……。
[ 2017/08/11 07:46 ] [ 編集 ]
デンベレーの態度から彼の言い分や、クラブの思惑はどうなのでしょうね。

デンベレーは1年で1500万ユーロから1億ユーロに値段を上げたこと、バルセロナがスタメンをほぼ確約してるだろうこと(ネイマールの後釜)から行きたい気持ちがあるでしょうね。日本円にして1年で100億円以上クラブに儲けさせるし十分だという考えも理解できます。
バイアウト条項がないのでクラブが決定権を握っていることからゲームを仕掛けたのでしょうか。

過去にレヴァの移籍で揉めましたがライバルクラブに行かせたくないという理由ならまだしも、スペインのクラブならこの理屈は通じませんし、今後の若手獲得は厳しくなるかもしれません。特にデンベレーのようなバルサを蹴ってBVBに来る有望選手は。


一方でBVBの1億5000万ユーロ設定は、バルサの事情や市場の高騰で妥当だと思います。
バルサ程のクラブが1億ユーロ出すならデンベレーは"本物"なのでしょう。これならいつでも1億ユーロで売れますよね。(買い手がいればですが)

それならマネーゲームの他にクラブの状況を考慮する必要があります。
ロイスが長期離脱中でいつ戻るかわからないことと、昨季の活躍からシーズン開幕の攻撃陣は、
オバメ、デンベレ、プリシッチ、香川、ゲッツェ辺りでしょうか。
これでデンベレが抜けると厳しくなりますね…。逆に残ればかなり期待できると思います。

あとはライバルクラブ達の事情ですよね。
バイエルンは世代交代が上手くいってない様で、久しぶりの国内リーグ制覇を狙えるチャンスです。
そしてライプツィヒは今期からCL参戦するので国内リーグとの両立が上手くいくか未知数。


まぁ私は売らないで国内リーグ制覇やCLで上位を狙った方がいいと思います。
デンベレの教育期間はしばらく必要ですが…。
それとミスリンタートを絶対手放すな!
[ 2017/08/11 07:53 ] [ 編集 ]
先ずは犯罪(バステロも有りましたし)絡みじゃあ無くて良かったデスね。
ドルトムント商法だと、今後も起き得る事案だと思います。若い選手は、夢も野望もてんこ盛りだと思います。
念願バルサの、当分埋まり続けると思っていた椅子が突然一つ空いた・・今しか無い。焦りますな。
このまま残留させても、一つも良い事無い気がします。勿論商品に過ぎないかもしれませんが、感情がありますからね。
[ 2017/08/11 08:05 ] [ 編集 ]
やる気のない選手を置いといても悪影響を与えるだけですからね。それにどうみても移籍金は高過ぎる。ドルも落としどころを考えた方が良いと思う。まあデンベレの代役の候補はいるでしょうけどね。

[ 2017/08/11 08:34 ] [ 編集 ]
若さは関係無いと思います。
こういう事やる選手は幾つになってもやりますし大成しない印象です。
何億も貰ってる事や応援してくれてるファンがいる事に対する自覚も年齢関係無く持ってるのが普通ですしね。
個人的には「あぁ、やっぱり」って感想ですねプレーに人間性が現れるのだとしたらですが。
[ 2017/08/11 08:45 ] [ 編集 ]
ゲッツェの移籍条項使っての強引移籍に懲りて、その後全ての選手の移籍条項を撤廃したから、これでごねたら移籍できる前列は作って欲しく無いですね。
クラブが同意しないかぎり移籍は出来ない事を承知で契約したはず。ここは、フロントも意地をみせて欲しい。
[ 2017/08/11 08:50 ] [ 編集 ]
 代理人の指示なのか、バルサの指示なのか、個人の行動なのかわかりませんが、どちらにせよ、彼はどうしても移籍したいのでしょう。

 BVBは彼を出してあげれば良いんじゃないかな?
 契約成立前にSNSで関連を消去したり、迷子になっているような選手は、BVBにふさわしくない。BVBは中学校ではないのだ。
[ 2017/08/11 10:58 ] [ 編集 ]
巨額な移籍金を提示はどう見たって、ドルトムントのフロントの移籍反対の意思表示だから、バルサも本当に来て欲しいならケチケチしないで、ドンと払えば良いと思います。今すぐにはネイマールの代わりは務まらないと思いますし、スタメンになれるかも怪しいもので、どうみたって要求額は高過ぎ。バルサも口では美味い事言って、代理人も手数料が入るから個人ベースで話を進めていて、デンベレはすっかりその気にさせられちゃって、少しデンベレに同情します。でも、もう子供じゃないんだから、拗ねてもダメですよ。これで移籍が実現しても、20歳のデンベレには良い事はなさそう。
[ 2017/08/11 11:20 ] [ 編集 ]
ドルトムントに来る前にも同じようなことをしてクラブを去ってるんでしょう?
ゴネれば移籍させてくれるって味を占めちゃったんだね。
オバメヤンあたりが言い聞かせてくれるといいんだけどデンベレは聞く耳を持ってるかなぁ?
チームの士気にも関わってくる問題だから早く収まってほしい。
[ 2017/08/11 13:14 ] [ 編集 ]
ドルのフロントが強欲過ぎるんだよ。
[ 2017/08/11 13:30 ] [ 編集 ]
バルサファンから言わせてもらうと
規律のない奴はイラネーからこれじゃああの銭ゲバネイマールと同じ
自己中はいらん
[ 2017/08/11 13:51 ] [ 編集 ]
ドルトムントは金払えるよね?の姿勢は変わらず、でデンベレは移籍金さげて
欲しいからでしょうね。

個人的にはもう移籍すると思ってるし、この先はバルサがオファー額を増やすしかない
と思っているので、このネタのパロディ写真で笑ってしまいました。
[ 2017/08/11 15:25 ] [ 編集 ]
まだ20だしなあ、超個性強そうだし
[ 2017/08/11 15:54 ] [ 編集 ]
うーん どうしたものでしょうか。
根本的な解決はBVBとデンベレ間での話し合いだと思うのですが移籍の気持ちが強いデンベレにどうフラットな状態で話し合いの席に着かせるかをBVBは模索してあげて欲しいですね。

短気は損気。

デンベレにとっても選手であり続ける以上は交渉事は避けて通れない途です。
如何に代理人に任せようとも交渉の最終決断は代理人ではなく選手である筈。
精神的にもプレー面でも大人になる意味でもデンベレにはよい失敗事例にして欲しいと思います。
このままでは底が知れた只の1選手で終わってしまいます。
才能を無駄にしないためにもBVBは制裁を加えるのではなく優しく諭す方向で話し合いを持って欲しいと考えます。

その結果であれば残留でも移籍でも私は支持したいと思います。未来ある若者に悪いレッテルを貼らせない心遣いを懐が深い所をBVBはみせて欲しいですね。
デンベレに強い制裁は真の意味での解決策にはならないでしょう。
これが出来ないようであればBVBというチームは若い選手を集める資格はないと思います。若い選手を集める以上はこれくらいは覚悟をして事に努めて欲しいと思います。
[ 2017/08/11 16:17 ] [ 編集 ]
金銭はともかくメッシやスアレスとプレーできてしかも選手層が薄い今のバルサに行くチャンスが転がっている
そりゃ何としてでも行きたがるのは分かるけどな
オバメヤンの移籍騒動を近くで見てたわけですし、行ける時に行かないとと考えるのは不思議でも何でもない
まあやり方はいただけませんが
[ 2017/08/11 17:06 ] [ 編集 ]
デンベレは欲しいとは思うけどハッキリ言って今1億以上の価値は無い
今季も活躍したらある
[ 2017/08/11 18:55 ] [ 編集 ]
デンベレはどうしても好きになれない選手のままでした。アシストや点も取りましたが、チャンスを潰すのもたくさんやったしピンチもたくさん作りました。そのイメージが取れないままだったのかな、
まさかほんとにバルセロナが欲しがるとは思っても見ませんでしたが、素人の目とは違う目で見えてたのでしょうか?
[ 2017/08/12 00:50 ] [ 編集 ]
ドルトムント加入前から未来のバロンドール候補と言われていて強奪戦でしたし、昨シーズンもバルセロナからオファーが来ていたんですよ。
しかしMSNがいたので、断って、出場機会の見込めるドルトムントに加入しました。
当初のドルトムントからすれば、クラブに見合わない、物凄い若手選手を獲れた!という感じです。
元々バルセロナファンですし、ドルトムントに来たのもメガクラブやバルセロナの主力になるための踏み台扱いなのは明白でしたね。
あれだけズバ抜けた個人技のある選手だと、もうドルトムントでは周りを舐め切って浮いているので、もっと彼の実力に見合うスター選手たちのいるメガクラブでプレーした方が良いとは思います。
[ 2017/08/13 06:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。