ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!引き続きボシュ監督続投を明言!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ新聞



ツォルク明言:ボルシア・ドルトムント、引き続きボシュ監督続投!



entry_img_1981.jpeg



レーヴァ―クーゼン戦での結果が、BVBを解き放つというような事にはならなかった。さらに彼らの見せたパフォーマンスは、50分以上相手よりも人数が多かったにも関わらず、信頼たるものではなかった。


スポンサーリンク




そうなると、これからもボシュ監督でいくのだろうか?という疑問が湧いてくる。



ここ11試合で、チームは1試合しか勝利していない。ブンデスリーガでは、チャンピオンズリーグ圏内の4位以上からも徐々に遠ざかっている。しかしスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは試合後に、監督解任の噂を否定している。

“我々はボシュ監督と共にこの状況をひっくり返したいと思っている。”とスカイに対して語り、さらにほかの監督との交渉をも否定している。



これが意味することは、次のレアル・マドリッド戦も引き続きボシュ監督が率いるという事だ。



“選手たちはメンタルを示した”


しかしこのオランダ人は前半のチームが特に良くなかった事にも言及している。“私はそれに対しては満足していない。レヴァークーゼンは先制にふさわしかった。選手たちが現在自信を失っている事が見て取れる。”


さらにこの試合ではミキシミリアム・フィリップとゴンザロ・カストロが負傷し、ドルトムントにとってさらなる痛手となっている。








以上です。

このままボシュと心中するつもりでしょうか・・。こうなると本当にずるずる行ってしまいそうですね。

3バックするなら新たにディフェンスラインを構築しないと厳しいですね。3バックで無理にシュメルツァーを起用しなくても良いような気もします。ゲレイロは引き続き起用してほしいです。


[ 2017/12/03 19:08 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(26)
クロップ時代の最後の年に成績が振るわなかったぶん引き継いだトゥヘルは余計な
プレッシャーなく仕事にのぞめただろけど
それに対してボスはそこまで悪くない成績の後に引き継いでしまったからプレッシャーもあった
だろうし同情の余地が多分にあると思う。
どうせならボスに一年監督をまかせておいて落ちるだけ落ちた後で次の監督がプレッシャー
なく始められるようにしたほうが良いと思う。
[ 2017/12/03 19:41 ] [ 編集 ]
シュメルツァー、シャヒンの重用は本当に理解できないし、ボシュ続投には呆れます…
チームの状況は最悪でリーグ、CL、ポカールは終わったも同然なうえ、若手の成長を見ることもできないし、今季は何を楽しめばいいのでしょう。
[ 2017/12/03 19:43 ] [ 編集 ]
>ほかの監督との交渉をも否定している
ウィンターブレイクまではどんな成績でもボシュ続投でしょう
その時の順位がCL圏外ならって考えもあるのかも
それでなけりゃとっくに後任探ししているでしょうし
ポカールも次バイエルンとあたってしまって厳しいですよね
[ 2017/12/03 19:43 ] [ 編集 ]
リーガで2番目に大きなクラブが2ヶ月勝利なしで監督を解任しない
これは他の国では考えられないことなのではないでしょうか
ドルトムントというクラブがそういう体質なのかもしれませんが、これだけ勝っていないと選手達に対する監督の求心力は底をついていると想像出来ますし、なるべく早く解決策を示してほしいと思います
[ 2017/12/03 19:45 ] [ 編集 ]
ウィンターブレイクまででしょ?
[ 2017/12/03 20:03 ] [ 編集 ]
ウィンターブレイクまでだろうね。
[ 2017/12/03 20:28 ] [ 編集 ]
そう、そこなんです!
何で3バックでシュメルツァーがスタメンで、あのフォーメーションでシャヒン、ヴァイグルが同時に出るのかがわからないんです。
明らかにシュメルツァーはゲレイロに劣ります。
勿論、連覇の大切なメンバーですから好きですけど、巷で噂されてる聖域と言ったものがあるのかと疑ってしまぃす。
[ 2017/12/03 20:32 ] [ 編集 ]
ここまでボシュに執着するのはトゥヘルを成績不振では無く人格的な問題で解任した事による批判を恐れての事か
それともボシュが上層部の操り人形だからでしょうか。いずれにせよはっきり分かりました。
ドルトムントはもう腐っています
多くの意味でね
[ 2017/12/03 20:35 ] [ 編集 ]
怪我人がさらに二人増えてELを戦う余裕のあるスカッドではなくなりました
リーグ戦はヴァツケがCL圏内と言っていた目標もこの状況ではEL圏内でもやむなしでしょう
香川の負けなかったことがプラスというコメントがこのチームの惨状をよく表してると思います
[ 2017/12/03 20:43 ] [ 編集 ]
今の状態で株価とか大丈夫なんでしょうか。
ボシュを呼んだ理由はトゥヘルによって失われた魅力的なサッカーを復活させてくれそうだったからだと思います。
しかしやはりそろそろ一流監督を迎えるべきクラブになっているのに選択するクラスの監督ではなかったかもしれませんね。
[ 2017/12/03 21:02 ] [ 編集 ]
なんか全然強い論調の批判が出ないですけど、BVBってこんなやる気が無いサポーターばかりでしたっけ?
ボスの続投は新たな操り人形が選択できないからでしょうけど
それとスタメンが出たときのツイッターの反応でカストロがえらい嫌われてた様に見えたけど何が有ったんだろうか
[ 2017/12/03 21:29 ] [ 編集 ]
常に誰かをスケープゴートにして、のらりくらり。前半がよくなかったと言ってるけど、自分が先発も選んでるんだろうし。その後の修正も怪我で偶然という感じ?

次が決まらないというのもあるんだろうけど、フロントの責任問題に飛び火するのを恐れているようにも感じる。あるいは、ドイツ人のしがらみがないボスに解任後、爆弾投下されるのを恐れているのか。
この状態で続投なら、今までもこれからも、フロントが介入しまくりなのが明白になった。

悪い噂が広まっていて、新しい監督も来たがらないのかもしれない。

ゲッツエ復帰まで、香川の出番をセーブしようとしていたのではないかとも勘ぐってしまう。まあ、こればっかりは少し調子を落としていたから定かではないけれど。ゴンザロにはわるいけれど(彼もこれまでの被害者だったと思う)これで否応にも香川は出番が増えるだろうと思うけれど、果たして。。。
[ 2017/12/03 21:41 ] [ 編集 ]
何やっても裏目に出る監督だからな。
[ 2017/12/03 21:45 ] [ 編集 ]
正直言って代わりが居ないからね
バイエルンがおじいちゃんのハインケスを叩き起こしたみたいに
ドルトムントもヒッツフェルトに半年だけでも指揮をお願いするしか秘策が思いつかないよw
[ 2017/12/03 22:04 ] [ 編集 ]
選手がかわいそうですね。(重用されている選手以外)
監督はフロントの言われるがままにしていれば報酬ももらえるし安泰なんでしょうけど
ゲーム中も座るか立つかの違いだけで選手を鼓舞する訳でもなくゴールを決めても無表情
覇気がないのは監督自らですよね。香川、ゲレイロ、ヤルモレンコは良さげだったのと
香川の試合後のコメントから少しだけ希望を貰えましたけど、選手ある意味重用してきて怪我人が増えると言う
何とも本末顛倒みたいな感じですね。オバが戻って来てどうなるか?

[ 2017/12/03 22:17 ] [ 編集 ]
早々の解任はフロントの非を認めることだから、意地でもしないと思う。

CL圏内に自力で無理となるまで、引き延ばすのでは?CL圏内に届かなければ、周りが黙ってないでしょう。
[ 2017/12/03 22:54 ] [ 編集 ]
シーズン初めのターンオーバーって何だったのでしょう。
ヴァイグルシャヒンカストロの中盤でどんなことを求めたのか。
ただ香川のコメントがそこまで悲観的ではないのは練習などで多少手応えがあるのかと思います。
ケガ人続出の上次はレアル戦。
失うものありませんから思いきってやって欲しいですね。
[ 2017/12/03 23:30 ] [ 編集 ]
勝てないし怪我人は増えるしいい話が全くありませんね最近は。
というかなぜ4231を使わないのでしょうか。機能しない3バックをするよりはよほどましな気がしますがまあ素人には分からないものがあるのですかね。
[ 2017/12/04 01:47 ] [ 編集 ]
>何で3バックでシュメルツァーがスタメンで、あのフォーメーションでシャヒン、ヴァイグルが同時に出るのかがわからないんです。
守備組織が崩壊してる状況を立て直すにはポジションで攻守の役割がはっきり分かれてて、
攻守の切り替えが簡単な3バックが最適
ドルにはWBの本職がいないので中央に守備力のある選手を入れるとシャヒンとヴァイグルという選択肢になる
シュメルツァーに関してはロングパスの精度が高く、
以前のフンメルスのように後方から組み立てられる選手ということで起用されてる
あとは利き足とか色々理由はあると思うよ
[ 2017/12/04 03:00 ] [ 編集 ]
現状、433でSBが上がり切ってしまう攻撃スタイルよりは、
343でSBを残し、守備の際にはWBが降りてくるシステムの方が
相手のカウンター対策として多少有効のようですね。
ただシュメルツァーもそうですが、やはり両SBの補強が急務なこと、
左WBはゲレイロが特性を示していますが、右WBは誰が出来るのか?
と言った問題もあります。
ボランチとしては攻守で采配をかろうじて取れるMFがシャヒンとバイグルですが、
この2人の好不調、能力値がそのまま今のドルトムントの限界を示している
ような気もします。
管理人さんの言う通り、今のドルトムントに必要なのは
香川も含めた華やかな攻撃陣を支えるようなバックラインの構築が必要ですね。




[ 2017/12/04 04:34 ] [ 編集 ]
ドルトのお偉いさん達はみんな頭お花畑なのか?
ドルトより下位のクラブとの差全然ないぞ?次また負けたりしたらelすら行けない順位になりえるのに何を呑気に
もう次負けても変えないようならいっそ落ちるとこまで落ちて痛い思いして欲しいくらい
[ 2017/12/04 05:24 ] [ 編集 ]
フロントの言うことを聞かなければならないってわかっててくるやついないだろうからな
[ 2017/12/04 11:47 ] [ 編集 ]
3バックを推す人いますが、ドルトムントの3バックは4バックより弱いですよ。3バックを経験した熟練のCBがいない事。ドルトムントのWBは攻撃的な選手を配置するので、3バックの弱点であるサイドを攻撃されると、守備が弱く簡単にカウンターされてます。シュメルツァーはドルトムントの選手の中では守備が上手い方ですね、WBが良いのでしょうが、ゲレイロの攻撃が良いので使われるのはわかります。でも守備陣の中でシュメルツァーは守備上手い方ですよ、外すのはありえないですね。このまま3バックにしてもいいですが、おそらく数試合するとまた失点が多く発生すると思われます。
3バックの守備とWBの守備構築を早々にやるべきですね、この2試合の守備は酷いものです。
テレビの解説にもサイドの守備が酷いとまで言われてます。 
[ 2017/12/04 14:42 ] [ 編集 ]
ギンターやベンダー放出してスボティッチを冷遇する様なフロントや監督は要らんですよ
またシュメをチームリーダーなんかにしてるのでゲレイロをそこで使えないんでしょう
シュメがロングパス上手いやら守備が上手いやらは初めて聞いた気がしますね
こんなに選手が居なくなる前はギリギリスタメンと言ったポジションでしたし、もっと良い選手を取るべきってだって論調だったでしょう
[ 2017/12/04 21:54 ] [ 編集 ]
シュメルツァーは良いDFだと思いますが、3バックの左では多少荷が重いかもしれませんね。
4バックの左SBがやはり本職のような気がします。
3バックならシュメルツァーもバックよりは左WBでしょう。
やはりゲレイロと被りますが、この際ゲレイロは左SWに上げてしまっても面白いと思います。
先日久しぶりに出場したスポティッチはミスもありましたが、ソクラティスよりも中央では、
贔屓目かもしれませんが安心感がありました。
ソクラティススポティッチトプラクで逆▽の3バック形成して、その上に1ボランチをアンカーとして、
左右WB、トップ下の中盤ダイヤの343なども攻撃的を信条にする今の監督にも受け入れられそうで
面白いんじゃないかと思っています。


[ 2017/12/05 00:04 ] [ 編集 ]
レバークーゼン戦で、少し明かりがみえた気がする。
ダフードが入ってから、左の香川とのバランスが良くなって、左右でボールが回りだした。
シャルケ戦から攻撃は左サイド一辺倒だったからね。
これまでの問題は、ヤルモが中に入ると、ボールを受けたり散らしたりしないから、右側の攻撃が死んでしまうことだった。孤立したプリシッチは特攻を繰り返すのみで、ヤルモはボールを求めて右往左往。このポジションは、ダフードならより上手くやれると思う。ヤルモレンコは、サイドに戻ってもらうのべき。
[ 2017/12/05 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。