ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

スキャンダル!!シュメルツァー!オバメヤンに警告!《ドイツの反応》





スポーツビルト】

シュメルツァー!オバメヤンに警告!



entry_img_2052.jpeg



ミラノへのショッピングツアー、無許可でのビデオ撮影。パーティーの数々・・・。


ピエール・エメリック・オバメヤンはBVBで常にスキャンダルを巻き起こしている。そしてチームはそうした彼の態度をどうやら我慢していたようである。



スポンサーリンク


そしてキャプテンのシュメルツァーが、ここで意見を表明することになったようだ。そしてオバメヤンを問い詰めたとのことである。“チームとして彼とそれについて話したよ。オバもこんなことが話題になるようではだめだ、という事は分かっていると思う。”と彼はスカイで語っている。そしてさらに、“このような小さな火種を見過ごして話をすることを避けていては、大火事になってしまうだろうね。”と警告している。



最近ではオバメヤンの父ピエールと兄弟のヴィリー、そしてカティがBVBのチームホテルで休暇をとっている。


シュメルツァーは、大火事にならないようにチームとして考えている事を強調している。“だから(ニュース)を読むし、そういう事があることを認識しているし、もちろんそれについて話をしている。でもそれはチームの内部で解決するべき話だ。それが大事だね。”


いずれにせよフィールド上のオバメヤンはそうした疑問を払拭している。合宿最後のテストマッチでこのガボン人は2ゴールをあげている。





以上です。


まあシュメルツァーのコメントが出てくるという事は、何かしら問題にはなっているのかもしれませんね。

こういう事もロイスが戻ってくればうまくいきそうな気がするので、早く帰ってきてほしいです。

[ 2018/01/09 18:17 ] シュメルツァー | TB(-) | CM(7)
まあずーと試合がフラストレーションの溜まる内容だったからね
後半はましになるんじゃないの
[ 2018/01/09 18:28 ] [ 編集 ]
 シュメルツァーはオバメヤンに移籍して欲しくないと考えているのかもしれない。もうこいつはダメだ、BVBに不用だと思ったら、放置して現状を穏便に済まし、後は経営陣の判断に委ねればいいだけですからね。でもまぁ、彼の自由な行動が修正されることは無いように思います。
[ 2018/01/09 19:54 ] [ 編集 ]
メディアに出てこないように気をつけて発言すりゃいいのに、外に向って言うのはキャプテンとしてどうなんでしょうね
チームの内部で解決するのが大事だと言いながら外に発信してるじゃないですか
シュメルツァーはキャプテンになってから非常にガッカリさせられることばかりです
[ 2018/01/09 20:52 ] [ 編集 ]
メディアで先に騒がれるより、直接オバメヤンに警告していた方がよいと判断したシュメなんでしょうが、この事が記事になっているようで充分スキャンダラスですよね。

点を取っているから、クラブの規律を破ったり何をしてもいいと思っているオバにも問題があると思うけど、フラストレーションの溜まっているシュメ達の攻撃のまとになってしまっているオバメヤンが少し気の毒に思いました。負傷者だらけの中で唯一安定して常にゲームに出てチームに貢献していても、この扱いじゃね。ゴールしても浮かない顔をしていました。

ロイスはオバと仲良しだったし、早く復帰して欲しいですね。

[ 2018/01/09 22:56 ] [ 編集 ]
内部で解決するから外部は余計なことをするなって事では?
憶測が飛び交っている現状ではベストな選択だと思いますよ
[ 2018/01/09 23:10 ] [ 編集 ]
外に向けて「やってる」アピールしないと「キャプテン失格」「ガッカリ」みたいに書かれるから、このくらいいいのでは? このレベルのことを言い聞かせないといけないなんて、オバメヤンの親でもなければ兄でもないのに気の毒すぎる
[ 2018/01/10 00:58 ] [ 編集 ]
確かにロイスが戻ってくれば、色々なことが上手くいきそうな気がしますね。
オバメヤンにも上にも言いたいことを言えそうだし、チームの雰囲気もリードしてくれそう。

そういえば、ロイスもちょっとした問題を起こしては、よくケールに注意されていましたね。でも、その倍以上の勢いでロイスが言い返すので、ケールが頭を抱えているシーンを何度か見たことがあります。
試合後にシャヒンとロイスが一緒にふざけていて、ケールが一言注意したらロイスが激しく反論。シャヒンは自分が最初にやり始めたのに知らん顔。ケールは結局ロイスの頭を軽く叩いただけで諦め、ロイスは注意されたことに少しだけ配慮しながらも、そのままシャヒンとおふざけ続行…という出来事もありました。

あのケールでさえ御せなかった天性の王様気質のロイスは一番上に担いでおいて、意外とちゃっかり者のシャヒンに陰で仕切って貰い、コンビでキャプテンをすれば、チームは上手くまとまるんじゃないでしょうか。シュメルツァーには荷が重過ぎるように思います。
[ 2018/01/10 01:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。