ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント・ベンダー!トゥヘルとの問題を否定!《ドイツの反応》




Sport1】

ベンダー:トゥヘルとは問題はなかった!


entry_img_2060.jpeg

ボルシア・ドルトムントでのトゥヘルの時代は過ぎ去った。なぜなら選手とも意見が合わなかったためだ。しかしズヴェン・ベンダーにとっては特に問題はなかったようだ。


スポンサーリンク


トーマス・トゥヘルは今でもハインケスの後継候補として名前が当たっている。最近ではバスティアン・シュヴァインシュタイガーがトゥヘルに対して以下のように語っていた。


“個人的にはトーマス・トゥヘルの仕事を気に入っている。彼はチャンピオンズリーグでも力を証明しているしね。バイエルンにも良く合うんじゃないかな。それもすごく。”とシュヴァインシュタイガーは語った。


しかしトゥヘルの人間性に関しては疑問が残る。ボルシア・ドルトムントではトゥヘルは何人かの選手と意見の食い違いがあったようだ。


ベンダーはトゥヘルを褒める


トゥヘルの下で2年間プレーしたズヴェン・ベンダーは以下のように語っている。

“トーマスとは人間面においてまったく問題がなかった。彼に関しては特にネガティブな事はないよ。ものすごく専門的な知識があるし、それを僕たちに与えてくれた。彼は僕たちに計画をしっかり伝えてくれたから、僕たちは対戦相手に対して良く準備ができていたよ。それにトレーニングはものすごく要求が高かったね。”とベンダーは語っている。





以上です。

トゥヘルは相変わらずバイエルンの後継者として名前が上がっています。バイエルンに行ったらどのような成果を出すのか興味深いですが、どうなるでしょうか・・。

ベンダーはトゥヘルの下では割と信頼されていたほうだと思います。負傷がなかったら彼がセンターバックとしてレギュラーになっていた可能性は十分にありますね。少なくともセンターバックとしてはギンターよりは優先順位が高かったと思います。

しかし結構プレー時間をもらっていたギンターもベンダーもいなくなってしまった残念ですね・・。この二人がいなくなったのは、大きな損失ですね。

[ 2018/01/13 19:26 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(12)
久しぶりのトゥヘル。一部の選手と意見の食い違いがあった–−シュメルツァー、シャヒンあたりですか?フンメルスかな?

ベンダー、ギンター、ドゥルムはクロップが大事に育てていこうとしてましたが、二人が去り、残念ですね。
[ 2018/01/13 19:51 ] [ 編集 ]
普通に考えれば二人の意見が真っ当だと思いますよ。
「状況に応じた原理原則を明確にし、それらを徹底した中で自由を与えて創造性を発揮させるべき」
ペップの成功を見れば、トゥヘルのこの言葉は間違いなく正しい。
本当なのかは分かりませんが、トゥヘルがバイエルンに就任したらシュバイニーがコーチになるといった噂を見ましたけど、面白そうですね。
[ 2018/01/13 20:55 ] [ 編集 ]
ベンダーがこのような発言をしている記事は、前シーズンの終わり頃にも出ましたが、彼は「自分以外の選手たちも同様に監督とは問題なく過ごせてた」とは言ってないですよね。ギンターもトゥヘル監督とは問題を抱えていなかったような気がします。ミキタリアン同様、彼らはトゥヘルのお気に入りだったのでしょうね。
[ 2018/01/13 21:22 ] [ 編集 ]
トゥヘルと選手の確執ってそんなにあったものなんかな?
結果は出してるし選手もよくやってたように思うけど。

フロントがトゥヘルを気に入らないからって言うことでしょ?
結局フロントの思惑通りに出来ないからってのが正解じゃないの。
[ 2018/01/13 21:30 ] [ 編集 ]
確かにベンダーはオリンピックでの怪我で長期離脱しているうちに、バルトラに席を取られてしまった感じですね。それが無ければ、充分にスタメンだったと思います。
それにしても、今期のバルトラの不安定さはどうしてしまったのでしょうか?
[ 2018/01/13 22:17 ] [ 編集 ]
ベンダーとギンターは本当に残念でした。
二人とも期待できる選手で、特にベンダーはあの時の怪我がなければね・・・
[ 2018/01/13 22:59 ] [ 編集 ]
トゥヘルやボスへの賛辞の言葉なんてドルトムントから出た選手だから言えるのであって
現在所属している選手はチーム内での孤立を避けるためにも口が裂けても言えないだろうな
[ 2018/01/13 23:53 ] [ 編集 ]
誰だって合う合わないはありますし、単にトゥヘルと合わなかった人の意見が大きく取り上げられてるだけでしょう。クロップですら批判してる選手はいましたから。
まあ今のドルトムントの状況や選手のプレーを考えると、自分にはトゥヘルが正しかったとしか思えませんが…
[ 2018/01/14 01:02 ] [ 編集 ]
邪推だと思ってましたが、今では確信に変わってます。
ゲッツェを冷遇したから、トゥヘルはやめさせられた。
ポカール決勝ゲッツェ来てなかったの、変だと思ってました。(ヴァイグルは松葉杖つきながら来てました。)
[ 2018/01/14 03:28 ] [ 編集 ]
トゥヘルが良いとは思いませんが
バルトラみたく去り際に賛辞を送られても不思議には思えませんけどね
むしろ文句は言うけどパフォーマンスが昨シーズンも今シーズンも上がらない
あの選手もやや問題だと思いますが
[ 2018/01/14 03:47 ] [ 編集 ]
本当今シーズン、ギンターとベンダーがいたらなと、何度思ったことか・・・もっと大事に扱うべき二人でしたよ。本当に・・
[ 2018/01/14 05:05 ] [ 編集 ]
トゥヘルの人間性が〜とかフロントがどうだ〜と言うより、ただ単にトゥヘルとドルトムントが合わなかっただけの話でしょう。
それにサッカーにおいてこれが正解なんて物は無いと個人的に思いますけどね。
僕としてはトゥヘルは優秀な監督だと思ってるので、今度はブンデス以外の強豪クラブでも是非見てみたいです。
[ 2018/01/14 16:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。