ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!バチュアイの買い取りを希望!《ドイツの反応》



Sport1】


BVB、バチュアイの買い取りを希望!



entry_img_2126.jpeg


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはボルシア・ドルトムントにもバチュアイを正式に獲得するチャンスがあると見ているようだ。



スポンサーリンク




ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは、ローン移籍でプレーしているミッチー・バチュアイを夏に正式に獲得する事を願っている。


“チャンスはいつだってあるんだ。”とこのクラブボスはスカイにおいて語っている。


ヴァツケはその中で、チェルシーのフォワード、アルヴァーロ・モラタとオリヴィエ・ジルーが二人とも長期契約をしている点に言及している。そのためまだ希望があるとのことだ。


“でも彼が毎試合ゴールしたら獲得するのは難しくなるだろうね。”とこの58歳は語る。いずれにせよヴァツケは、交渉では買い取りオプションをつける事は不可能だったと強調していた。


ドルトムントはピエール・エメリック・オバメヤンの移籍の後で、チェルシーからシーズン末までバチュアイをローンで獲得している。バチュアイは2試合とも力強いパフォーマンスを見せている。







以上です。

バチュアイが活躍すればするほど、買い取りは難しくなりますね。活躍しなければそうでもなさそうですが、それはそれで微妙ですしね・・。

とにかくシーズンの残り、きっちり仕事してもらえれば良いのではないかと思います。




[ 2018/02/12 12:19 ] バチュアイ | TB(-) | CM(9)
バチュアイ自身がドルへの移籍望めば移籍可能になる気もするけどね
[ 2018/02/12 13:19 ] [ 編集 ]
買い取りオプションの話もあったけど
チェルシーが一定額出せばいつでも買い戻せる条件が付いてたから拒否したんだっけ。
その条件なら飲まないって。

でも、当たりの選手だったね。パチュアイ。
なんでも出来る万能型FW。
サンチョも好かったし、プレミアの若手は結構狙い目かも。
[ 2018/02/12 13:22 ] [ 編集 ]
 可能かどうかはバチュアイ次第な気がします。本人がBVB!BVB!って言い出したらチェルシーも考慮せざるを得ないでしょう。
 ただし、このまま彼が活躍を続ければBVBよりも資金力のあるビッククラブから声がかかってしまう可能性が高い。
[ 2018/02/12 14:27 ] [ 編集 ]
バチュアイ獲得のためにもバチュアイが必要なくなるくらいモラタとジルーは点取りまくってくれ
[ 2018/02/12 16:05 ] [ 編集 ]
早いな
せめて半シーズン様子を見るべき
[ 2018/02/12 18:00 ] [ 編集 ]
どの道、バチュアイはBVBには来ないでしょうね。
BVBが余程魅力あるサッカーでもしない限りは古巣へ戻るか違う職場になるでしょう。
いまのBVBでは魅力あるサッカーは望めないです。
活躍しなければ買おうとは思わないし、活躍すれば他のプレミアのクラブが手を挙げるでしょうね。
[ 2018/02/12 18:35 ] [ 編集 ]
ジルーの活躍次第だろうな。
まぁバチュアイ獲れたとしても足元みられた額ふっかけられるのは確実だろうなw
[ 2018/02/12 20:49 ] [ 編集 ]
ミスリンタートが去ってからこういったことが増えそうですね
ドルトムントは売却益があるんですから吹っかけられそうですけど
それにアフリカにルーツを持つ黒人選手ですからオバやデンベレ見たいな問題が出る事もありますし、まずは選手の待遇改善をし、居心地良くした方が良いんじゃないんですかね
[ 2018/02/13 02:53 ] [ 編集 ]
チェルシーのジルー見たけど、マジでバチュアイで良かったなと思うよ。
[ 2018/02/17 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。