ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ「僕はもう完全に健康だ!」インタビュ-《ドイツの反応》





entry_img_2252.jpeg

ビルト】




あなたのボスのヴァツケは、マリオには何かが欠けていると言っていましたが、彼は何の事を言っているのでしょうか?


ゲッツェ:彼が何を言っているのか、はっきりしたことは分からない。だけど我々がチームとして要求を満たせなかった事ははっきりしている。見て分かる通り、ここ12か月で起こったことは、僕たちにとってもある意味挑戦だ。みんな一丸となって乗り越えなければならないよ。



どのようにして?

ゲッツェ:僕たちは今シーズンチームとして、何度も後退することになった。バス襲撃事件や、異なる監督、チームを牽引する選手はクラブを去るか、もしくは長い間負傷していた。これはどうして今シーズン上手く行かないかのほんの一部の理由に過ぎない。だけどはっきり言うけれど言い訳は探していない。結局はフィールド上で成果を出さなければいけないからね。


スポンサーリンク





あなたの病気は100%治ったのですか?

ゲッツェ:僕は完全に健康だし、もう100%仕事ができる状態だ。




あなたは、ほかの選手よりも厳しい目でみられていると感じますか?

ゲッツェ:そうだね。だけどそれにはもう慣れている。でもそういうのを読むのは気分は良くないね。だけど、それは期待の裏返しでもあるんだ。でも僕の目標は、いつも最も高いところにあるし、批判力も高いよ。




すでに移籍は考えましたか?

ゲッツェ:それについては全く考えていないよ。




シュテーガー監督との関係はどうでしょう?

ゲッツェ:もちろん、試合後にパフォーマンスを発揮しなかったのが僕一人だけだったように言われたのは良くなかったよ。でもその後話し合って、僕の考えも彼に説明したんだ。僕にとっては監督の考えを聞くのは重要だよ。



シュテーガーとの関係をどのように表現しますか?

ゲッツェ:良い関係だね。




ドイツ代表には選ばれませんでしたが?

ゲッツェ:ザルツブルク戦の後で、彼が僕に連絡をくれて、今回僕を連れて行かないと言ってくれたよ。




もしレーヴ監督がノミネートしないとなったら、理解できますか?

ゲッツェ:ワールドカップで優勝し、さらに70試合もプレーした選手なら、また代表になりたいと思うだろうね。僕は自分のクオリティーがチームの助けになると信じている。もう一度タイトルを獲得するためにね。




代表入りに向けてリーガは残り5試合になりました。

これからの5試合は僕にとってはとても大事だね。でもそれは僕がワールドカップに出るためではないよ。代表監督は僕のクオリティーを良く知っている。そして僕はそれを失ったわけではない。むしろ経験を積んでいると思うね。今はチームがチャンピオンズリーグ出場できるように残り5試合に集中しているよ。



あなたは、夏に南チロルで行われる代表合宿を監督から約束されていますか?

ゲッツェ:いいえ。




チャンピオンズリーグではクロップとグアルディオラが対戦しましたが、どちらを応援していましたか?

ゲッツェ:2試合とも素晴らしかったね。どちらの監督の下でもプレーしたから、ものすごく印象深い試合だった。だから誰が勝つのか本当に興味深かったよ。



では、どちらが気に入りました?

ゲッツェ:正直に言えば、クロッポが勝ってすごく喜んでいるよ。



彼と連絡はとっていますか?

ゲッツェ:試合前はないけれど、時々SMSでやり取りしているね。




彼が助言することはありますか?

ゲッツェ:時々ね。だけど彼は遠くにいすぎるよ。それぞれやる事が多すぎるし、リーガも違うから。意見の交換はするけれど、それほど深くはないね。




クロップはCLではどうなると思いますか?

ゲッツェ:彼が優勝するチャンスはあると思う。彼がシティーを破るとは自分でもあんまり思っていなかったと思うよ。でも準決勝も決勝もまた相手が変わるからね。応援しているよ。




ザマーとケ―ルがBVBに戻ってきた事をどう思いますか?

ゲッツェ:どちらも良く知っているよ。ケーリとはプレーもしたし、ザマーはバイエルン時代に一緒だった。彼らは二人ともチームに良い影響を与えるだろう。






以上です。

ゲッツェのインタビューが久しぶりに出ました。

チャンピオンズリーグですが、個人的にはリヴァプールの優勝が見たいですね。決勝でバイエルンと戦って、今度はハインケスを下してほしいです。

それからチャンピオンズリーグでは、普段はファンでなくても自分の国のクラブを応援するのか?という質問を頂きましたが、わりとそうですね。もちろんテレビでも、自国のクラブを応援する目線で放映されています。


管理人の同僚なんかも、ELではライプツィヒを応援していたようです。



[ 2018/04/14 18:45 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(28)
ゲッツェが他の選手より厳しい目で見られてる?
驚きですね。
あんなにメディアから擁護されていて。
本人の意識からして甘いんだなと感じますね、非常に残念です。
同じドイツ人のカストロとヴァイグルなんて彼と比べて理不尽なくらい厳しい目で見られてるのに。。
[ 2018/04/14 19:00 ] [ 編集 ]
ゲッツェってあまり自己分析が得意でないタイプなんでしょうかね
というか完全に健康な状態であの動きなんですね
[ 2018/04/14 19:22 ] [ 編集 ]
個人的にはリバプールとの決勝でバイエルンに勝ってほしいですね。もうドイツは1強ですけど、それでもドイツ勢として勝ってもらいたい。
ゲッツェよ、健康ならもうちょっと頑張ってくれ。今はとてもクオリティを持ってるとは思えない。
[ 2018/04/14 19:35 ] [ 編集 ]
完全に健康でこれならただの不摂生でプレーが酷くなってることになるんだけど
[ 2018/04/14 19:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェのパフォーマンスの低さについて、彼のサポーターは「病気だったから仕方ない、むしろよくやっている」と主張しているんですけどね
100パーセント健康でこの調子じゃもう期待できませんよ
[ 2018/04/14 19:50 ] [ 編集 ]
Q.厳しい目で見られてると感じますか?

A.そうだね

そうなの!?
最近はともかくちょっと前までの甘々採点はなんだったんだ
ドイツ国内ではどんな認識なんですかね?
[ 2018/04/14 20:01 ] [ 編集 ]
元ドルトムントの監督として全力でリバプールを応援しています!
ゲッツェですが、最近の低パフォーマンスは病気が完治していないからかなと不治の病でかわいそうに思ってましたが、100%治っているなら余計に不安になりますね
[ 2018/04/14 20:09 ] [ 編集 ]
リバプール優勝してほしいなぁ
[ 2018/04/14 20:16 ] [ 編集 ]
ゲッツエのインタビューはいつもソツがなく、不快感を与えないようなレベルで自己肯定感があり、訓練されているなあ、さすが人気選手の立場を心得ているなあと感じます。
ヴァツケのコメントに対しての答えが「私」ではなく「われわれ」と置き換わってしまって居ますが、これは焦点をぼかすためにワザと言ってるんでしょうか?だとしたら相当インタビュー前に打ち合わせしてますね。読んだみなさん全員が思ったでしょう。これで全快なんですね。。。。移籍も、追い出されるかもしれない気配も微塵も感じてないようですね。それから、レーヴはゲッツエへのケアがあるんですね。ベテラン、人気選手、飛ぶ鳥おとす勢いのある若手、これら全ての能力を束ねあげ強いチームを率いていくには、厳しさも必要ですが、こうした気配りも大事ですよね。日本は同国人のレベルの高い監督を当たり前のように迎えられるのは一体何年後でしょうか。
[ 2018/04/14 20:47 ] [ 編集 ]
自分に甘すぎる…

リバプールはここまできたら優勝して欲しいですね
[ 2018/04/14 20:47 ] [ 編集 ]
厳しい目で見られてるって言うのは理不尽に批判されていると言う事じゃなくて、現状のパフォーマンスで満足されてないって意味だと思うんですけど
[ 2018/04/14 21:06 ] [ 編集 ]
自分の事を問われてるのに我々と置き換えるのが自己批判力の無さを表していると思います。そして自分は悪くない、健康だと自己暗示をかけてるように見えますね。
[ 2018/04/14 22:02 ] [ 編集 ]
完治してるならパフォーマンスに出ますよ。
ゲッツェは今でも見ててタッチはやはり天才だなと思うから、病気のせいだと思いますね。まあ3000万ユーロと年俸かかってるんでその分仕事して貰わないと困るのでしょうかね。
[ 2018/04/14 22:05 ] [ 編集 ]
厳しい目というよりドイツの英雄へのプレッシャーかな
自分が良いプレーしてないのに持ち上げられるのも違ったベクトルでのプレッシャーがある
あと完全に健康というのはどうかな、ここでまだ病気の影響があるとは言いずらいだろう
今のゲッツェのプレーに満足なんてできるわけないしメディアやファンに色々言われるだろうがかつての輝きが少しでも戻るように応援しています
あとは批判を促すため過剰にゲッツェを持ち上げたりする輩も少なからずいるので惑わされないように
自分の目で見てメディアに踊らされることなく一選手を応援するのが難しい現代ですからね
[ 2018/04/14 22:16 ] [ 編集 ]
ゲッツェに欠けているもの、それは向上心とハングリー精神。自分に満足しすぎている。
日本代表インタビューでも浅野に度々感じていた事。それが今の浅野に繋がったと思ってる。どんなに良い時も毎回課題を見つける香川は偉いと思うよ。
[ 2018/04/14 23:47 ] [ 編集 ]
厳しい目というより、良くも悪くも注目される選手なので、色々なプレッシャーを人から感じてやりずらさはあるんでしょうね。
傍から見ると変に注目されて大変だなあと思います。採点なんて選手は気にしないでしょうし。
[ 2018/04/15 00:55 ] [ 編集 ]
私も※欄の皆さんとだいたい同じ意見ですね。自分の立ち位置が、実際の位置の遥か上にあるように話しをしているように感じられる。
ドイツの人達は変なフィルターを通してゲッツェを見てくれるけど他国の人から見たら、裸の王様のように見える。ゲッツェの近くの人で忠告してくれる人とかいないのかな?いないんだろうな。それと、今度は間違いなく今まで擁護してくれたり持ち上げてくれてたメディアやファンもゲッツェを叩いて来るでしょ。 ゲッツェは多分これからが蕀の道なんだろうな。
[ 2018/04/15 01:05 ] [ 編集 ]
なら最低でも90分走り回ってください。
[ 2018/04/15 01:33 ] [ 編集 ]
まず100%健康なら、プロサッカー選手のトレーニングで体脂肪が落ちないのはおかしい。ルーニーよりも太ってるのは疑問。
それから、期待の裏返しって自分で言うかな?そういう未熟な思い上がりは、一部のファンには愉快かもしれないけれど、チームにとってあまり良いことだとは思えない。
[ 2018/04/15 02:06 ] [ 編集 ]
 ビルドさん優しいインタビューでいいですね。日本のタブロイドときたら斜め下の質問しておいて、質問伏せて切り貼り印象操作記事だもんなぁ。

 ゲッツェの病気が本当に治ってるなら、最近のパフォーマンスは説明がつかないのですけど、どうなっているのだろう。とりあえず、私は治ったという発言を信じましょう、そのほうが移籍シーズンに暗躍するBVBのスタッフにとって都合が良い。
[ 2018/04/15 02:24 ] [ 編集 ]
100%健康でコレなら元から太りやすく絞れない体質で、若いうちがピークだったって事でしょうね
CLの組み合わせはリヴァプールはRマドリーやバイエルン相手は楽勝だろうけど、ローマ見たいなとは未知数なので楽しみです
決勝にリヴァプールが残れば、今回は裏切り者は既にバルセロナに放出してますし優勝しそうですね
[ 2018/04/15 03:48 ] [ 編集 ]
我々はって、他の選手と一緒にされてもね〜病気治ってるけどコンディションが戻らない半年経ってもって感じですかね。だからサイドに張り付き味方のフォローも守備も其処なんですね。
[ 2018/04/15 07:18 ] [ 編集 ]
このゲッツェのコメントすごい・・・
自分の問題をチームの問題に摩り替えたり、甘すぎる評価でも厳しい目で見られているという認識だったり。
本当のことを伝えてくれる人が周りに誰もいないんですね。
[ 2018/04/15 09:01 ] [ 編集 ]
インタビューでわざわざ自分から病気やケガだって言わないでしょう。
今の代表の層を考えると、言った瞬間にワールドカップでられなくなる。
ただ、行っても言わなくても、現状だと選ばれないでしょうけど。
[ 2018/04/15 11:35 ] [ 編集 ]
おそらく一番重要なヴァツケの発言に関するインタビューに対して、原文はわからないけど「我々」とか「僕たち」で答えているあたりゲッツェ自身に改善の強い意志がある様に聞こえない。
[ 2018/04/15 13:34 ] [ 編集 ]
CLの質問をした者ですが、ご回答ありがとうございます。
自国のクラブを割と応援するのは他国でも一緒なんですね。
次はレアルで厳しいですけど優勝できたらいいですね。
[ 2018/04/15 14:44 ] [ 編集 ]
この鈍感力。見習うべきところでもある
W杯の決勝で仕事ができるのはこういう事だとおもう
[ 2018/04/15 17:21 ] [ 編集 ]
見ていて何の良さも感じない。
つまらない選手。
[ 2018/04/15 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。