ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!もう一人守備的中盤の選手を獲得か!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



BVB次なるミッドフィルダーに注目!このウルグアイ人がトーマス・デラネイの隣でプレーする?



ボルシア・ドルトムントがトーマス・デラネイを獲得してからまだ数日しかたっていない。しかしBVBは、次なるミッドフィルダーの獲得に動いている。


ドルトムントが注目しているのは、ルーカス・トレイラだ。このウルグアイの6番の選手は2020年までジェノバと契約している。しかし契約には解除条項が付いているようだ。

スポンサーリンク


複数のメディアが報じたところによると、契約解除に必要な金額は2500万ユーロとされており、ドルトムントにとっては可能な金額だ。


いずれにせよドルトムントは獲得するなら急ぐべきだろう。トレイラはウルグアイ代表でロシアワールドカップでプレーする。ウルグアイが隠れた優勝候補であると見ている人も決して少なくはない。そうなるとトレイラの注目も高くなるだろう。




以上です。

また6番の獲得に動いているようですね。となるとヴァイグルも移籍もあり得るかもしれないですね。いずれにせよファヴレがどのようなタイプを欲しがるかにもよるでしょう。ダフードもいますし、気になるところです。

[ 2018/06/10 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(9)
気になる選手だから色々と調べてみると、どうやらアーセナルが獲得にかなり近いようですね。
ここでも立ち塞がるアーセナル、もといミスリンタート…
[ 2018/06/10 06:22 ] [ 編集 ]
詳しいことは知らんけど、以前にクロップが狙っているという話があったのでちょこっと注目して見てたことがある。ジェノバじゃなくてサンプだったけど。小柄だけどダイナモでがっつりボール奪取れていい選手ですよ。少々お値段かかってもいいから取ってもらいたいね。
[ 2018/06/10 06:44 ] [ 編集 ]
良い選手ですね。
優勝候補筆頭はドイツ次にフランス、スペインですが個人的に今回の隠れた優勝候補はウルグアイとイングランドです。皆さんはどこ推しですか?
[ 2018/06/10 10:30 ] [ 編集 ]
獲得した選手と同じポジションの選手を放出する方針だとヴァッケが言ってましたね。デラネイ獲得でシャヒンは放出。トレイラを獲得ならばおそらくヴァイグルよりカストロかローデが放出でしょう。
[ 2018/06/10 11:06 ] [ 編集 ]
ウルグアイ代表でジェノバの選手ですか・・・
所属だけ見ると技術のあるファイター系の可能性が高い?
土地柄の印象だけで見たことないので何ともですが。

二人目をこの金額だとヴァイグル、ダフードも苦しいですね。
個人的にファブレは持ち上がれるファイターを好む印象。
まあ獲得したらローデまでの3人放出構想と思いますが・・・
[ 2018/06/10 14:40 ] [ 編集 ]
プレミアが狙う人気株ですね。一時期アーセナルやリバプールが噂になっていましたがリバプールが既にファビーニョとケイタを獲得しているのでドルトムントにもチャンスありそうです。
[ 2018/06/10 16:50 ] [ 編集 ]
この選手6番ではなく、左のウイングバックで使われてるね
6番もやれるけどWBで使われるのはポリバレントで走力と守備力があるタイプならいいね
[ 2018/06/10 18:33 ] [ 編集 ]
シャヒン、ローデ、カストロの代わりってところでしょうかデラネイ含めて。
積極的に動いているのはいいですけどcfとcbはどうなっているのでしょうか…。cfは層厚くするなら二枚必要ですし。
[ 2018/06/10 18:51 ] [ 編集 ]
こういうタイプのMFを待ってた
最近の中盤は得点を求められるがそんなもんよりドルには堅実な守備力が欲しかったんだよ
[ 2018/06/11 00:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。