ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンが抱える問題はドイツ代表と同じ!!《ドイツの反応》

【ビルト】

jogi2.jpg

バイエルンはドイツ代表と同じぐらい悪い理由!


バイエルンはグラートバッハに0:3で敗れたが、その試合を見た観客の間には、“韓国に敗れたドイツ代表みたいだ。”という言葉が飛びかった。


ヨーギ・レーヴとニコ・コヴァチは二人とも危機的な状況にある。


レーヴは昨日:“まずは選手たちと話をしなければならない。フンメルス、ボアテン、ミュラー、ノイアーは経験がある。一週間の間にまったく違ったパフォーマンスを見せることは可能だ。”と語っている。

スポンサーリンク


ドイツ代表とバイエルンに共通しているもの

▶選手の軸

ボアテン、フンメルス、ノイアー、ミュラー、キミッヒ、ズィーレ、ゴレツカの7人の選手はワールドカップの敗者だ。ゴレツカが負傷してしまったので、さらにバイエルンからグナーブリーが招集されている。


▶得点できない問題!


バイエルンの最大の批判点は:コヴァチには攻撃のアイデアがないとされている。チームはポゼッションをどう生かせばよいのか分かっていないのだ。ヨーギもワールドカップでは頑固にポゼッションにこだわった。しかし両チームとも得点することができない。ドイツ代表マネージャー、ビアホフ:“バイエルンのプレーはワールドカップを思い出させるね。ポゼッション率は高いけれど、それが結びつかない。”


▶守備の問題


ワールドカップチャンピオンのフンメルス、ボアテンのデュオはもはや要塞とは言えない。ミュンヘンでも代表でも不安定だ。バイエルンはズィーレを入れることでプレッシャーをかけているが、それによって二人はよけいに不安定になっている。


▶傲慢

ドイツ代表はワールドカップ、そしてコンフェデ杯の優勝者としてロシアワールドカップに参加したが、その後こう告白している:成功の後で熱意が欠けた、と。

バイエルンも6年連続優勝の後での似たような状況にある。

ミュラーは代表とバイエルンの問題に関して:“バイエルンの状況を忘れるためにドイツ代表に参加するわけではない。ドイツ代表は、ワールドカップの失敗の後で、再び成功を収めるための新たなプロジェクトに取り組んでいる。”と語っている。



以上です。

まあドイツ代表の中心がバイエルンの選手だったわけですから、問題が似ているのはまあ当然でしょう。バイエルンはロッベンとリベリーの年齢も問題になっていますが、ミュラーやノイアー、ボアテンのパフォーマンスが落ちているほうが問題な気がします。やはり彼らの調子が落ちると、ドイツ代表は厳しいですね。ドイツ代表も若返りが必要ですね。





[ 2018/10/11 09:28 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
ドイツ代表もバイエルンも、ついでにドルも、対戦相手がフロントラインからカウンターのプレスを仕掛けてるのに、なぜか高いとこに人数かけて逆襲くらってるよ。
これではディフェンダーはたまらんな。
ボール狩りの上にトップ下のようにプレスかいくぐってパス出せとか無茶苦茶な要求だろ。
まずは、中盤に人数かけてプレスを無力化して、一列ずつボールが上がるようにしてから前に人数かけたらいいんでないの?
[ 2018/10/11 10:10 ] [ 編集 ]
チアゴをアンカーではなく一つ前に置き、ハビマルティネスもきちんと中盤で使って、トップ下にハメス。
これが一番しっくり来ると誰もが思うはずなのにしない。
ハインケスが治して安定させてたことを、コバチやアンチェロッティは何故気付かず、またバランスをグチャグチャにしてしまうのか。
[ 2018/10/11 10:48 ] [ 編集 ]
確かに代表と似てますね。そう日本代表とも似てませんか?
つまりは、選手が自分のやりたい俺達のサッカーを勝手にやってるんでしょうね。
監督違えば戦術も変わるのに似るって事は監督の指示無視って事でしょう。
なんと!ポゼッション信仰者がチームにいるとこんなにもサッカーが腐敗するとは。ドイツサッカーはポゼッションサッカーとは真逆だったのに。コンフェデドイツ代表はポゼッションサッカーではありませんでした。
大改革が必要ですね、イングランド代表は更に若手を呼び寄せて改革しようとしています。ドイツ代表も、バイエルンも若手へシフトして走るサッカーしたほうがいいですよ。先日のMG戦のバイエルンは走らなさ過ぎ、年齢高い選手ばかりだとやはり自然とボール保持して走らなくなるんですよ。
[ 2018/10/11 11:12 ] [ 編集 ]
 フンメルスはBVBにいた頃のほうがピッチ上で輝いていた。何が違うのでしょうねぇ。
[ 2018/10/11 11:15 ] [ 編集 ]
フランス(パリ)、イタリア(ユーベ)、ドイツ(バイエルン)の開幕前優勝決定リーグの一角が崩れるのは、見ている方としては良い事だと思います。二位以下があまりにも不甲斐ないから、モチベーションの面でも難しいですよね。欧州での優勝は厳しいですしね。
問題は、優勝候補筆頭のドルトムントが、その戦力を維持する気が皆無の点です。例え今シーズン優勝したとしても、さっさと選手を売却してしまうでしょう。
シャルケ他二、三が強く無いと、つまらないリーグ・代表への影響は変わらないと思います。
[ 2018/10/11 11:58 ] [ 編集 ]
日本代表とは似てませんね。
日本代表は、逆に良くも悪くも監督の指示にキッチリ従ってきたチーム。
[ 2018/10/12 06:22 ] [ 編集 ]
俺達のサッカーって、、どんだけメディアに毒されてんだよ
鵜呑みにせずに自分で感じたほうがいいと思うけどな
[ 2018/10/12 21:13 ] [ 編集 ]
ノイアーは劣化というか弱点が8年間野放しだったのが他の選手の劣化で目立つようになっただけなんですけどね…。
[ 2018/10/13 02:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。