ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部先発フランクフルト!ヨーロッパリーグ4連勝でグループリーグ突破!!《ドイツの反応》

【ビルト】

hasebe16.jpg


キプロスに3:2

フランクフルトがK.O.ラウンド進出!


フランクフルトがヨーロッパリーグでK.O.ラウンドに進んだ。


ルカ・ジョヴィッチがヨーロッパリーグで今シーズン3ゴール目を達成したのだ。これによって彼はフランクフルトでこの大会最も危険な男となっている。フランクフルトは、グループリーグで4連勝を達成したので、もう2位以上が確定している。


スポンサーリンク



グループリーグ突破が確定した!ジョヴィッチのおかげて!

17分:ヴィレムスが素晴らしいパスをディフェンスラインの間を縫ってジョヴィッチに出している。このストライカーは7メートルの距離からニアサイドに決めて1:0としたのだ!


アイントラハトは明らかに相手を上回るチームだった。そして後半に入ってからさらにギアを上げたのだ。


55分:ヴィレムスがガチノビッチにパスを出す。彼の正確なクロスにハッラーがスライディングで突っ込んで、2:0だ。 このフランス人のヨーロッパリーグ初ゴールだ。


88分:キプロスのパスミスがガチノビッチの下へ!彼は16メートルの距離からシュートを放ち3:0だ。

その後フランクフルトはいくらか守備的になりすぎてしまい、キプロスが2ゴールを挙げている(71分/94分)。さらに不要な事にステンデラがイエローカード2枚で退場してしまった。

それでもフランクフルトは手堅くグループリーグ突破を決めている。それもラツィオとマルセイユがいる難しいグループで。アイントラハトはこれで8試合負けなしで、さらに26ゴールも上げている。


以上です。

フランクフルトの好調が続いていますね。長谷部選手もここ最近ずっと先発でプレーしていますね。最近のフランクフルトで注目すべきはなんといってもその得点力です。ハッラーが現在ブンデスリーガでは7ゴール6アシストで、ロイスを抜いてトップに立っています。さらにジョヴィッチも7ゴール3アシストですね。この二人は得点王争いではアルカセルと並んでトップです。さらにレビッチは4ゴール1アシストですが、これから調子あげてきそうね。

長谷部選手もこのチームでプレーして充実感があるでしょうね。ヨーロッパリーグでは行けるところまで行ってほしいですね。



[ 2018/11/09 05:45 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
フランクフルトも長谷部も素晴らしいですね。
今、ザルツブルクの試合やっててハーフタイムですけど、トップ下の南野が前半だけでハットトリックしてますよ。
ハンパないです。
ライプツィヒ、セルティックのグループで1位抜けしたら凄いですね。
去年もドルトムントとラツィオに勝ってましたし強いです。
[ 2018/11/09 05:59 ] [ 編集 ]
最後はおかしな判定もあって1点差まで詰め寄られたけど余裕で勝った。
まぁ前の8番9番11番はヤバイことになって来た。長谷部帰って来てバックが組織的に動かなければいけないところにズレがなくなったから前向き放題で覚醒しちゃった。デカい、速い、うまい、強い。なんでもありだもんね。
チームの仕上がりはこれからなんだろうから先が楽しみになって来たよ。
[ 2018/11/09 06:48 ] [ 編集 ]
素晴らしい!
素晴らしいのはリーグとちゃんとまぁまぁ高いレベルで両立出来ているところで すね
[ 2018/11/09 07:08 ] [ 編集 ]
ヨヴィッチの買取は確定
というか絶対買い取れ
[ 2018/11/09 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。