ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBマルコ・ロイス!次戦CLトッテナム戦でも欠場!!ロンドンに同行しない予定《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ruess.jpg

BVBスター、マルコ・ロイス!トッテナム戦も欠場



このBVBのスター、マルコ・ロイスは複数のメディアが報じたところによると、チャンピオンズリーグのトッテナム戦も負傷で欠場するとのことだ。ロイスはロンドンにも同行しないようだ。



キッカーやビルトが報じたところによると、マルコ・ロイスがホッフェンハイム戦に引き続き、水曜日に行われるチャンピオンズリーグのトッテナム戦でも欠場するようである。ロイスはブレーメン戦で怪我した太ももにまだ問題を抱えており、そのためロンドンにも同行しないとされている。詳しい診断結果はいまだに明らかになっていない。



スポンサーリンク



BVBのミヒャエル・ツォルクは、“決断は直前になると思うが、彼が水曜日までに奇跡の回復をみせるとは考えていない。”とルーア・ナッハリヒテンにおいて語っている。さらにビルトの情報によるとロイスは2週間程度離脱する見込みのようだ。


よりによって、重要な時期にドルトムントのキープレーヤーが離脱する事になった。マルコ・ロイスはこれまでの後半戦4試合中、2試合を欠場しており、さらに長い間離脱する可能性がある。



いずれにせよ、マニュエル・アカンジが長い離脱期間を経てトレーニングに復帰している。






以上です。

どうやらロイスはロンドンにも連れて行かない事になったようですね。ブレーメン、ホッフェンハイムとも追いつかれていますから、トッテナム戦も心配ですよね。さすがに4試合勝ちなしという状況になる事は避けてもらいたいですが・・・。



[ 2019/02/11 09:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(14)
ツォルクってスポーツマネージャー?ですよね。ロイスがガラスのヒーローであり、酷使されている割には、ここまで大きな怪我も無くこれた方が逆に奇跡的な事なのは一番周知していなければならない立場。下手するとシーズン後半不在も十分あり得る事。常にセカンドオプションを考えているべき。ロイス不在で優勝を逃したら、彼の役目って意味無いですね。
[ 2019/02/11 10:13 ] [ 編集 ]
ロイスが抜けることは既定路線。
ホッフェンハイム戦はフィリップをトップ下に使ってゲッツェをトップでうまく行きかけたけど、やはりリズムの強弱つか行くとこと行かないとこのメリハリがうまくいかなかったな。2-0になったら普通セイフティにいかなければいけなかったんだろうけど、我を忘れてイケイケでやろうとしたら追いつかれた。
ここ3ゲーム、リードしても、のらりくらりができないから勝ててない。一本調子ならカウンターの餌食になりやすいけど代替のプラン用意してるのかな?
[ 2019/02/11 10:40 ] [ 編集 ]
スパーズ戦は出るべきじゃない
というかリーグ一本に絞るべき
ここでスパーズ戦に出したら今シーズンのロイス終了するよ
[ 2019/02/11 10:44 ] [ 編集 ]
CLなんてどうでもいいから国内リーグいっぽんに絞ってほしい
ロイス以外の替えのきかない選手たちも使わずに休ませてほしい
[ 2019/02/11 11:58 ] [ 編集 ]
相手は強敵ですからロイスがいても簡単に勝てると思えません。しかしCLではモチベーションが上がり攻撃が爆発する可能性もあります。ただそうなるとリーグ戦では落ちたりするので難しいですよね。とにかくロイスは怪我を治す時間が必要です。
[ 2019/02/11 12:25 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、フィリップではロイスの代役は難しい。
こういう時にチームを引っ張っていた日本人が今までいたのですが、もういません。
貴重な戦力を自ら腐らせて自分の首をしめる。
こういう詰めの甘さが長年優勝を逃した最大の原因かと。
ロイスの怪我は想定の範囲内。対策くらい考えましょうや。
[ 2019/02/11 12:34 ] [ 編集 ]
ロイスなしのドルトムントはちょっと
[ 2019/02/11 14:04 ] [ 編集 ]
だからロイスの控えは必要だったんだけどね、結果が出てればゲッツェやパコがいれば他は追い出しても大丈夫って言ってた人は何処に言ったのかな?
ちなみにゲッツェトップフィリップトップ下ではなく二人はツートップ気味に展開してましたね、フィリップはいい動きをしてましたが勿論ロイス程ではなくゲッツェに至っては体はキレてきたものの全盛期には程遠くプレスも全く利いてませんでした、そもそも全盛期はサイドでトップなりゼロトップで成功したことはありませんから。
[ 2019/02/11 18:22 ] [ 編集 ]
チェルシーが崩壊していますが、やはりボシュ時代のドルトムントを思い出します。
何と言ってもアンカーのジョルジーニョとヴァイグル。
長所と短所がそっくりで、最初は素晴らしいが、研究されたら穴になってしまって攻守に機能不全を起こす辺りが。
サッリのお手上げ状態もあの頃ボシュにそっくり。
[ 2019/02/11 18:33 ] [ 編集 ]
攻撃の選手に、経験があってリーダーシップがとれる選手がロイス以外いないのがネックです。だからこうした状況を危惧し、勝ち点の見通しがつかなかった夏には香川の移籍が許可されなかった。ロイスの代わりができるのは香川しかいないというのがドルトムントの評価。ゲッツエとフィリップに頼る気などさらさらなかったていうこと。選手たちは皆わかってたと思いますよ。
[ 2019/02/11 18:36 ] [ 編集 ]
今更ですね。ロイスの控え扱いで香川の移籍を台無しにしておいて因果応報ですね。ファブレがロイスの代役等控え等いらないってことで香川をベンチ外にしていたんですから仕方ないですよ。もっと巧くやりようはあったはずなのに、ゲッツエはもう何シーズンも前からスタメンでたくさん使って貰っているんですからもう大丈夫でしょう?
[ 2019/02/12 00:09 ] [ 編集 ]
いや香川ベンチ外だったから仮にロイス怪我しても控えに入るだけかと
[ 2019/02/12 11:17 ] [ 編集 ]
なんで香川の話をする必要があるんだろう
次世代を育てるためにもここ一番での経験を積ませるのはありだと思うよ
ロイスがいない時にどうするかってのはいつか必要なことだからね
[ 2019/02/12 13:29 ] [ 編集 ]
ロイスいなくなってゲッツェがその役割になったのに次世代とは?フィリップもいるが、なら最初からゲッツェではなくフィリップを重用しとけば良かったって話だよね
みんな贔屓起用の犠牲になった象徴として香川を例に挙げてるだけで、他にも前ならフィリップ後ろならヴァイグル等がいるんだからさ
[ 2019/02/12 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。