ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!大迫ブレーメンに2:2の引き分けでバイエルンに4ポイント差をつけられる!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!バイエルンにリードを譲ってしまう!


piza.jpg



ああ、なんてこった。BVB! これは本当に痛い!今シーズンで最も痛い引き分けだ!


シャルケに2:4で敗れてから、それに続いてまたしても大きな痛手となった。ドルトムントは2:0でリードしていたのにもかかわらず、ブレーメンを相手に引き分けにしかできなかったのだ。


スポンサーリンク



ゴールキーパーのロマン・ビュルキが大きなミスをやらかし、その後、老齢のクラウディオ・ピサロがドルトムントのタイトル獲得の夢を粉砕したのだ。


これでバイエルンが4ポイント差をつけて首位に立っている。ドルトムントが優勝するためには、バイエルンはライプツィヒとフランクフルトを相手にミスをしなければならない。



ルシアン・ファヴレ監督はシャルケ戦の後で、優勝をあきらめたと発言していたが、残念なことにそれが正しい事が証明されてしまった。しかしこれはチームの責任だ。出場停止となっていたキャプテンのマルコ・ロイスはそれを外から眺めていなければならなかった。


しかし試合は当初ドルトムントが、3時間前に勝利したバイエルンに食らいつくかのように見えた。


開始6分にはディレイニーが中盤でボールを勝ち取ると、プリシチにパスを送る。そしてプリシチはヴェリコヴィッチを抜き股抜きした後で、右と左のラングカンプとフリードルをかわして先制点を挙げたのだ。




ドルトムントのプリシチはロンドンに移籍するまで3試合となった試合で素晴らし活躍を見せる。20分にはヘディングのゴールは決まらなかったが、それから2:0となるゴールのアシストを記録している。


多くのスプリントをしたプリシチがブレーメンのフリードルによってファールされたのだ。そしてこれがフリーキックとなっている。


そしてそれをアルカセルが直接決めている。素晴らしいシュートテクニックのおかげで、ブレーメンの壁を越えてボールがネットに突き刺さったのだ。



本来であれば、これがドルトムントがお祝いする理由となるべきであった。


さらに前半終了間際にはディアロがプリシチのパスからゴール4メートル前からシュートを放つも外している。後半に入ってからもドルトムントが相手を圧倒するが、そこから崩れてしまった。


70分:途中から出場したメ―ヴァルトのなんて事のないシュートをビュルキは止めることができず、ボールは股の下を通って転がっていった。これによって2:1だ。



そしてその5分後。今度は初めて右サイドバックとしてプレーしたアカンジがアウグスティンソンにやられてしまう。アウグスティンソンからのボールはピサロに渡り、ピサロがドロップキックを決めて2:2だ。



ブレーメンのコーナーキックからのボールがゲッツェの腕に当たったが、これがPKとならなかったのはドルトムントにとってはラッキーだった。


ブレーメンがポイントを獲得する様子は素晴らしかった。彼らはこれによって自力でヨーロッパリーグに出場するチャンスがある。


ドルトムントの後半のプレーを見ると、次のディッセルドルフ戦とグラートバッハ戦にはあまり期待できそうもない。


すでに来週の17時20分に優勝が決まってしまう可能性も十分にある。



スカイ解説者のローター・マテウス:“(この試合の)唯一の勝者はミュンヘンでソファに座っている。バイエルンの歴史の中でもこのようにしてポイントでリードすることはかつてなかっただろう。”


ユリアン・ヴァイグル:“僕たちのプレーに関してコメントするのは難しい。3:0にできるぐらい力強い前半の後で、こうなってしまったのは本当に悔しい。”






以上です。



ドルトムントは2点差を守り切ることができずに自滅してしまったようですね。このような形でバイエルンに4ポイントも差をつけられてしまったのは本当に残念です・・・。バイエルンがこんなに不調なのに、ドルトムントは大事なシーズン終盤でのこの尻すぼみ感・・・。これまでのファヴレのパターンからすると、来シーズンはますます勢いがなくなってしまうのではないかと思ってしまいますね・・。





[ 2019/05/05 13:40 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(17)
予想通り
[ 2019/05/05 14:08 ] [ 編集 ]
バイエルンの引き分けで厚かましくもファブレの野郎が白旗宣言撤回したらしいが無様だな
無様、無様、無様、目も当てられないくらい見事に無様
ここまで無様だと半笑いから真顔になるわ

それにしてもキャプテンマークを巻くのがアカンジとはね
中盤のリーダーとか抜かしてたデラネイとヴィツェルはどうしたんだよ
核となる選手を排除し続けてドルトムントのリーダーに成れる奴が居なさ過ぎて笑う

試合はここまで頑張ってきたビュルキとキャプテンマークを巻いたアカンジのミスで終わるとはね
[ 2019/05/05 14:41 ] [ 編集 ]
割とシーズン当初から最初だけって言われてたよね・・・
[ 2019/05/05 14:51 ] [ 編集 ]
まあ考えてみたらバイエルンはボシュが来た時のシーズンからグダグダなんでチャンスはあると信じて。
それでもまずはシーズン最後まで力を尽くしてほしいですね。
[ 2019/05/05 16:24 ] [ 編集 ]
ビュルキ復調してきたと思ったら、また落ちてますなぁ…
波が激しいですね。
[ 2019/05/05 16:25 ] [ 編集 ]
終わったかな?
これでバイエルンは1つ勝てばいいだけ。フランクフルトになんとかたくしていた望みももうないか?
それにしても、守備はもうお粗末なレベルにまでなった。後半、自陣に引いてやったけど、かえってミス連発で2点軽く追いつかれたよ。何やっても失点する感じになった。
[ 2019/05/05 17:28 ] [ 編集 ]
両方、守備陣のミスからの失点
本当に勿体無い。後半途中まではすごく良かっただけに
[ 2019/05/05 18:48 ] [ 編集 ]
これぞドルトムント
9ポイント差をつけられても優勝を諦めないクラブとそれを口にしないクラブの違い
クラブとしてのメンタリティーが違う
[ 2019/05/05 19:09 ] [ 編集 ]
前半調子悪い時からバイエルンが優勝するってずっと言ってたけど想像してたよりギリギリでした
もっと差がつくと思ってましたが、ドルが予想より粘りましたね
[ 2019/05/05 19:23 ] [ 編集 ]
期待薄!
[ 2019/05/05 19:32 ] [ 編集 ]
オレは悔しいよ、勝っているからこそ香川の冷遇も許せたのに、、
[ 2019/05/05 20:18 ] [ 編集 ]
残り2戦バイエルンが楽な相手ではないだけに、ここで勝ってれば可能性も有り得たが
シャルケに負けたときに終戦みたいなこと言うから執念が無くなったのかも知れませんね
[ 2019/05/05 20:49 ] [ 編集 ]
今季は最初からずっと諸刃の剣みたいな感じ。こういう展開はある程度予想通り。
正直今のドルトムントにはファブレ以上の監督は期待できない。
来季は初めから優勝目指す姿勢を示して補強で監督を全力でサポートするべき。
もう現実的にとかいう嘘くさい建前で逃げるのは有り得ない。
それで納得してたサポも心を入れ替えるべき。
[ 2019/05/05 21:10 ] [ 編集 ]
バイエルンの方が上位相手だから落とす可能性が高い、まだまだドルトムントはチャンスあるって言ってた人たち…
こういうのを勝ちきれないのが今季のファーブルドルトムントなんだよなぁ
[ 2019/05/06 13:21 ] [ 編集 ]
笑瓶続投で良かったのにロイスのためだけに引き出しなさすぎファヴレなんかにしたから、それをサポもファヴレ以上は望めないなんて言い出すし、来シーズンも絶望的な予感しかしませんわなー
[ 2019/05/06 13:28 ] [ 編集 ]
もはや風物詩やん
クロップトゥヘルが懐かしい
せめてシュテーガー続投だったら優勝したと思うわ
[ 2019/05/07 01:50 ] [ 編集 ]
一連の優勝に纏わるネガティブな発言で選手達のやる気を失わせてしまったのではないか
とすら思えるポイントの失いっぷりですね
後半失速するのは昨今のドルトムントでは定番となっていますが、実際そうなるとがっかりしますね
来期はもっと目標を明確にしてブレないでもらいたいものです
[ 2019/05/10 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。