ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、イサーク!スペインのレアル・ソシエダへ移籍!今日メディカルチェック!《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】


今日メディカルチェック!
イサーク、BVBを去る!


isak4.jpg


アレクサンダー・イサークはヴィレムⅡへのローンを終えて、ドルトムントに戻って来ることはなくなった。このスウェーデン人は移籍間近となっている。今日メディカルチェックが行われる予定だ。

スウェーデン代表は月曜日にベルナベウで行われた試合で0:3で敗れたが、イサークはそのまま残る事になる。“AS”が報じたところによると、彼の冒険はバスク地方で始まるようだ。

スポンサーリンク


イサークは今日レアル・ソシエダにおいてメディカルチェックを受ける予定であるとのことだ。そしてその後契約にサインするとされている。このスペイン一部のチームはドルトムントと移籍において合意に達しているとのことだ。その移籍金は1000万ユーロとされている。ドルトムントには買戻し権はないようだ。


イサークは今から2年前に860万ユーロでドルトムントにやってきた。しかし彼はドルトムントでブレイクすることはなかった。彼は今シーズン後半オランダでプレーし16試合で13ゴール7アシストを記録している。レアル・ソシエダが彼の獲得競争に勝ったようだ。




以上です。

イサークの完全移籍が決まりそうですね。これは正直残念です。オランダであれだけの結果を残したのですから、もう少しBVBでチャンスを与えてほしかったですね。少なくともゲッツェと競わせても良かったと思います。それかもう1シーズンローンでプレーさせるとか・・。



[ 2019/06/11 21:05 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
バルセロナ、レアルマドリー、チェルシーの噂も上がっていましたよね。
オランダでの大活躍はもちろん、しっかりスタメンで出場できることを重視したイサクは素晴らしいと思います。
[ 2019/06/11 21:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントは若い選手を囲い込んだのに全くチャンスあげませんでしたね
管理人さんの意見に賛成で、特定の選手を優遇するより彼にチャンスを上げたり、競争させるべきだったと思います
新天地で頑張ってほしいです
[ 2019/06/11 21:43 ] [ 編集 ]
 もったいないけど、BVBは彼にチャンスを与えて育てる気がまるでなかったから仕方ない。新天地での彼の幸運を祈ります。
[ 2019/06/11 22:23 ] [ 編集 ]
サンチョの次にブレイクするのはこいつだったのにな。
オランダでのプレーはフェイエ戦と動画くらいしか見てませんけど、フェイエ戦では1人でブロック4人ブチ抜きで点獲ったし、スペース作る動きもできていた。ドルトムントの時に比べて自分の判断でできるようになってた。まごつきがなくなって成長した。ブンデスでも国内カップ戦とか下位クラブ相手に十分に数字残せる。
点取り屋いないのにこういうプレーヤーにチャンスすら与えないのはもったいない。
[ 2019/06/11 22:49 ] [ 編集 ]
イサーク良かったですね。ドルに戻らずにすんで新しい場所で活躍応援しています
[ 2019/06/11 23:14 ] [ 編集 ]
若き才能、純正ストライカーを自前で持ってるのに放出して本来のポジションではない特定の選手を優遇するんですか
それで優勝しなきゃならないんだから、そりゃほかのポジションで大型補強が必要になりますわ(目くらましの意味でもね)
[ 2019/06/12 07:27 ] [ 編集 ]
ドルトムントは優秀な若手やベテランの即戦力もあまり長居しませんからね。
[ 2019/06/12 11:40 ] [ 編集 ]
線が細いとか言われてたけど、イサクもドルトムントを支えるはずだった選手だったのにね
[ 2019/06/12 15:19 ] [ 編集 ]
チャンスがなかったのが不思議でしたね。頑張って欲しいです
[ 2019/06/12 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。