ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】ファヴレ対トゥヘル!両者首をかけた戦いとなるか?《ドイツの反応》

【Sport.de】

チャンピオンズリーグ!

ファヴレ対トゥヘル!首をかけた戦いとなるか?


favre6660.jpg

ドルトムントはチャンピオンズリーグでPSGを迎えるが、元監督のトーマス・トゥヘルを迎える事にもなる。この試合はファヴレにとってもトゥヘルにとっても首をかけた戦いとなるかもしれない。

スポンサーリンク


スポーツビルトが報じたところによると、両監督には大きなプレッシャーがかかっているとのことである。


ドルトムントはすでにポカールで敗退しており、チャンピオンズリーグでも敗退すれば夏の解任はほぼ確実となる。彼に残されたのはリーガ優勝の可能性だけとなる。


そしてそれはトゥヘルにとっても同じだ。仮にまたしても決勝トーナメント1回戦で敗れたとすれば、トゥヘルが2021年までとなっている契約を全うする可能性は低いだろう。PSGはここ数年チャンピオンズリーグ優勝を望んでいるのだ。


スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは火曜日に行われる試合において、チャンスは十分にあるとみているようだ。“PSGに対して我々が有利という事はないだろうが、チャンスがないわけでもないね。2試合とも良い日にあたれば多くの事が可能だ。”と彼は語っている。また彼は“PSGは非常に高いクオリティーを持ったチームだ。特に攻撃においてね。”と続けている。


ツォルクは、ドルトムントにも“多くが可能だ”と語ったが、“もちろんヨーロッパのトップとしての地位を確立するのは簡単ではないね。でもそれは強力なメンバーがいるPSGにとっても同じだ”と続けた。


ツォルクはトゥヘルとはまったく連絡をとってはいないようだ。“2017年の別れの後ではまったく連絡を取ってはない。でも特にそれが特別な事だとも思わない。試合はドルトムント対トゥヘルではなくあくまでドルトムント対PSGだ。“と彼は語った。


トゥヘルがドルトムントに戻ってくるのは2017年以来初めてのこととなる。トゥヘルは一年間の休養の後、2018年からPSGの監督に就任し、2019年にはリーグ優勝を果たしている。





以上です。

いよいよトゥヘルが戻ってきますね。これは楽しみです。ドルトムントはロイスがいませんが、ハーラントとサンチョの爆発に期待したいところです。



[ 2020/02/12 19:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
その前に長谷部たちにボコボコにされたらどーすんだ?
フランクフルトはバックライン以外、全員ドリブラーみたいことやり始めてるぞ笑
[ 2020/02/12 20:58 ] [ 編集 ]
楽しみですね😍良い試合を期待してます。 
私はPSGが圧倒して勝利すると予想してますけど…
[ 2020/02/12 22:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。