ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表ギュンドガン!「僕に嫉妬している選手はたくさんいると思うよ!」その理由を説明!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マンチェスター・シティーのスター!

ギュンドガン:だから選手たちは“僕に嫉妬している”

gyungyu.jpg

彼は2016年にマンチェスター・シティに移籍したが、それ以降ペップ・グアルディオラの下で常にプレーしている。そしてここ数年で世界最高のミッドフィルダーの一人に成長した。


スポンサーリンク


そしてそれは何もペップ・グアルディオラのおかげだけではない。現リヴァプール監督、ユルゲン・クロップのおかげでもある。ギュンドガンは“FantasyPL”において、“彼ら二人は世界最高の監督だ。この二人の下でプレーできたのは僕の特権だね。”と語っている。


そして彼はさらに、“僕に嫉妬している選手はたくさんいると思うよ。彼らにはこのようなチャンスがなかったからね。”と続けている。


またギュンドガンはクロップとペップに関して、“どちらの監督も僕の心にしっかりといるよ。二人とも僕に多くをもたらしてくれて、僕の成功の一部となっている。”と語っている。


ギュンドガンはドルトムントで5年プレーしたが、そのうち4年はクロップの下でプレーしている。彼はその後グアルディオラのいるマンチェスター・シティに移籍た。当時彼はリヴァプールに移籍する可能性もあったようだが、それは彼の中ではテーマとはならなかったようだ。


“僕は挑戦を信じているし、自分をそのような状況に置きたいと思っている。”とギュンドガンは語る。“居心地の良い場所を抜け出さなければ変わる事も成長する事もないだろうね。ユルゲンとは4年間素晴らしい時を過ごしたし、個人としても監督としても彼が好きだよ。、だけど、他に新しいものがあると感じていたんだ。”と彼は明かす。

ギュンドガンはグアルディオラの下で2度のリーグ優勝、そして2度のリーグカップ優勝を果たしている。さらにFAカップでも1度優勝している。

“ドルトムントから出ていきたったけれど、新しいクラブを探すときにユルゲンともう一度過ごすことは考えなかった。それがリヴァプールに行かなかった理由の一つではあるね。”と彼は語った。




以上です。

ギュンドガンは今シーズンはリーグ25試合中22試合に出場していますね。先発は15回となっています。まあ“嫉妬”の下りは、両監督を称えるためのセリフでしょうね。当時はリヴァプールよりもシティを選択しましたが、今のリヴァプールだったら彼もさすがに本気で迷うんじゃないでしょうか。



[ 2020/02/14 19:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ギュンは正直リヴァプールの方が合いそうな気はするなぁ
[ 2020/02/14 22:10 ] [ 編集 ]
クロップの最期の一年は選手達にとっても嫌な思い出になっているんじゃないかな?少なくとも香川はユナイテッドの2年間よりも戻ってからの1年が辛かったみたいだ。
クロップの人柄は大好きだけど、もう一度彼と仕事するよりは新しいサッカーをしたかったというのは良くわかる。
[ 2020/02/14 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。