ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!「長谷部さん!コロナがあなたのキャリアを終わらせるかもしれませんが?」インタビュー《ドイツの反応》

【ビルト】

アイントラハトのスター選手、将来は未定!

長谷部さん!コロナがあなたのキャリアを終わらせてしまうかもしれませんが?



彼のアイントラハトでの契約は今年の夏までとなっている。ブンデスリーガが中断したこの状況では、契約延長に向けたアピールもできない。現在長谷部はチームメートが感染したことで隔離状態にある。


スポンサーリンク


ビルト:長谷部さん、家族の様子はいかがですか?


長谷部:妻も娘もフランクフルトにいますよ。幼稚園も閉まっていますから娘は一日中家にいますよ。一緒に料理したり、たくさんおしゃべりしていますね。もちろんトレーニングして状態をキープしています。家の中は非常に静かですし、家族との時間を楽しんでいます。それまでは試合と移動でそうした時間がありませんでしたからね。まあこれは隔離状況にあってポジティブな一面ですね。


ビルト:できれば家族と日本にいたかったのではないですか?


長谷部:そんな事はないですよ。今は世界中どこにいても危険ですから。僕にとっては妻と娘と一緒にいることが最も大事です。


ビルト:でももう日本行は計画していますか?



長谷部:はい5月の終わりに。でももちろんシーズンを含めこれからの状況がどうなるか分かりませんけどね。


ビルト:あなたの故郷がどうなっているのかどうやって情報を得ていますか。


長谷部:もちろん日本でもこの話題で持ちきりですよ。家族や友人と頻繁に連絡を取り合っています。


ビルト:あなたの契約は切れますが、シーズンが中止となって引退する事になったら、どのぐらい痛手ですかね?


長谷部:それが人生ですよ。こうした状況を変える事はできませんからね。もちろん引き続きプレーしたいですけれど、まずはウイルス感染が止められなければなりませんからね。


ビルト:今はどのようにして過ごしていますか?


長谷部:もちろんトレーニングしていますよ。それから読書し、娘と沢山遊んでいます。また僕は日本のユニセフ大使なので、世界のこうした状況に関して連絡を頻繁に取り合っています。僕もできるだけ助けとなりたいですね。


ビルト:トレーニングを継続することは非常に重要ですが、ジョギングもできない状況でどうやっていますか?


長谷部:もちろんこうした状況は新しいものですが、そこからベストを尽くさなければなりませんね。僕たちはクラブから自転車のトレーニングマシーンを受け取りました。そこでトレーニングすることが可能ですよ。もちろん外で走るのと同じではないですけどね。それでも状態は保てますよ。


ビルト:コロナに関して将来どうなると思いますか?



長谷部:残念ながら将来どうなるかは分かりませんね。今の状況はすごく難しいですが、ポジティブに考えて一致団結してそれに対抗するのが大事だと思います。大事なのはみんな健康に気を付ける事ですね。





以上です。


ドイツは州によっては外出禁止になったりしていますが、基本的に家族を除いて3人以上との接触が禁止されました。こうなるとさすがに経済にも大きな影響を及ぼすでしょうから、できるだけ早く収まってほしいところです。



[ 2020/03/25 19:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
イギリスも3人以上の集会は禁止になりましたがドイツもなのですね。
東京も今日一日だけで40人の感染がありました。これは今までで一番多いそうですが、卒業式などが行われたなどのニュースがここ数日あったのもあり、自粛解禁ムードが漂い始めた矢先でした。
日本も甘えることなく欧州と同じように厳しく規制すべきだと思います。
[ 2020/03/25 19:44 ] [ 編集 ]
長谷部らしいお手本の様なインタビュー。人間性が伝わるね。
自分では変えられない事は受け止めて、受け入れて。変えられる事を一生懸命やるだけ。希望は捨てずに危機感持って。見習いたい。

たとえ欧州でのキャリアが終わっても、指導者等として一生サッカーには関わり続けていくだろうし、長谷部の輝かしい実績が変わることはない。応援してます。
[ 2020/03/25 21:55 ] [ 編集 ]
整いすぎだろ
[ 2020/03/26 07:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。