ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「原口と長谷部は日本のビック!!」直接対決を前に両選手と日本の取材陣を特集!《ドイツの反応》



ベルリナー・モルゲン・ポスト


ブンデスリーガの日本人

原口と長谷部は日本のビック


entry_img_1512.jpg
引用元:ベルリナー・モルゲンポスト


ヘルタの原口とフランクフルトの長谷部が、日本でのブンデスリーガ人気に一躍買っている。そして彼らが直接対決する。


ベルリン:原口元気にとっては、次の土曜日のフランクフルト戦は90分では終わらないだろう。96分でも終わらないだろう。もし審判にその気があったとしても(注:ヘルタは前節96分にバイエルに同点に追いつかれる)。このヘルタの攻撃的選手にとってはいずれにせよ延長戦が待っている。メディアや選手が出会うスタジアムのトンネルで彼らが待っているからだ。ほぼ毎試合後、多くの日本のジャーナリストがこの25歳を待っている。そして彼らは原口に対して“原口選手”と敬意をもって呼びかける。
続きを読む
[ 2017/02/23 18:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(11)

ドイツ紙、フランクフルト長谷部を前半戦の影のヒーローに選出!!《ドイツの反応》





ユーロ・スポーツ



戦術チェック!前半戦の影のヒーロー


ヨナス・ヘクトーア、ミッチェル・ヴァイザ―、長谷部誠!

entry_img_1418.jpg
引用元:Eurosport



ピエール・エメリック・オバメヤン、アントニー・モデスト、そしてロベルト・レヴァンドフスキーはマシンのように得点を重ね、ティアゴは芸術的な魔法を見せた。しかしこれらの前半戦トップスターの他に、スター選手の影に隠れてはいてもチームにとって非常に重要な選手が何人かいた。ユーロスポーツドイツ版が戦術チェックで前半戦の影のヒーローを紹介する。
続きを読む
[ 2016/12/30 06:15 ] 未分類 | TB(-) | CM(12)

ドイツ紙「みんなが内田の復帰を祝福している!」《ドイツの反応》



キッカー


内田がカムバック!みんなが内田を祝福!


entry_img_1382.jpg
引用元:キッカー



シャルケは対ザルツブルク戦で負けはしたが、それでもこの夜一人の大きな勝者が誕生することになった。内田篤人がカムバックを果たしたのだ。そしてシャルケ中が彼を祝福した。ファンたちは喜び、シャルケの責任者やチームメートも彼を祝福し、そしてその後はソーシャルメディアだ。このディフェンダーはカムバックの後で非常に力強い印象を残し、そして復帰までの間、自分のキャリアについて大きく心配していたことを告白している。
続きを読む
[ 2016/12/10 06:02 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)

【ダービー】ドルトムント、シュルレようやく復帰か?オバメヤンは微妙!直前情報!《ドイツの反応》




NTV




シュルレ、BVBのベンチメンバーに復帰!


entry_img_1302.jpg
引用元:NTV



ボルシア・ドルトムントは、どうやら再びワールドカップ優勝者のアンドレ・シュルレを起用することが出来そうだ。トーマス・トゥヘル監督は、土曜日のドルトムント対シャルケのダービーを前に“彼の状態は良さそうだね。ベンチ入りするにはあと少しトレーニングをこなせば良さそうに見えるよ。”と語っている。
続きを読む
[ 2016/10/29 06:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(5)

トゥヘル!ポカールでゲッツェとシュルレを同時起用か?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト


ドルトムント、トリーアでポカール


トゥヘル、ついにシュルレとゲッツェを同時に先発させるだろうか?



entry_img_1170.jpeg
引用元:BILD

合計5300万ユーロのデュオは初となるスタメン出場を熱望している。
続きを読む
[ 2016/08/21 18:40 ] 未分類 | TB(-) | CM(12)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。