ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ香川!「ゴールでチームに貢献したいです!」フェネルバフチェとのダービーについてコメント!!《トルコメディアの反応》

【Milliyet】


kagawa80.jpg

香川!フェネルバフチェとのダービーについて語る!


フェネルバフチェとのダービーではアデム・リャイッチが不在となる。経験豊かな10番である香川真司が、「ゴールでチームに貢献したいです!」と活躍を約束している!


フェネルバフチェとのダービーではこの日本人の香川真司の先発出場が濃厚とみられているが、彼は日本の共同ニュースにおいてメディアの質問に答えている。以下が彼の質問に対する答えだ!

続きを読む
[ 2019/02/18 06:00 ] 香川 | TB(-) | CM(7)

「香川真司!我々の心をガッシリ掴む!!」特集記事!《トルコメディアの反応》

Molatik

kaga8.jpg



日本のサッカー選手が我々の心をがっしり掴む!

香川真司!


セニョル・ギュネス監督は、移籍市場が閉まる最後まで、もう新しい選手は獲得しないと発言していた。しかし香川真司というワールドスターを獲得することに成功している。この獲得はベシクタシュにとっても香川にとっても突然で、まったく予期せぬものだった。


香川はマンチェスター・ユナイテッドとボルシア・ドルトムントで素晴らしい時間を過ごしている。しかしそれと同時に苦難の時期も経験している。香川はドルトムントに復帰したにもかかわらず、なかなか成長するチャンスがなかったのだ(※今シーズンの事なのか復帰後の事なのか、その辺は不明だが後の文章から想像すると今シーズンだと思われる)。

続きを読む
[ 2019/02/05 17:41 ] 香川 | TB(-) | CM(13)

香川放出間近か?ドルトムントは200~300万ユーロで手放すつもり!独紙《ドイツの反応》

【ビルト】


kagawa8.jpg


BVB香川を放出へ!



ダブル達成から控えへ!


彼はBVBの黄金期の選手だ。しかし香川真司は現在放出間近となっている。


彼はユルゲン・クロップの下で2011年にリーガ優勝を経験し、その一年後にはダブルを達成している。その結果1600万ユーロでイングランドのマンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、それは彼のキャリアにおいて最大の失敗となっている。

続きを読む
[ 2019/01/26 17:08 ] 香川 | TB(-) | CM(43)

香川!トランスファーマルクトにおけるボルドー移籍の可能性は現在49%!ボルドー移籍に対するファンの反応!《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト移籍の噂スレッドより】


kagawa14.jpg


・シンジがスペインに移籍したほうが僕は嬉しいけれど、ローンでのボルドー移籍が決まったら嬉しいと思う。ボルドーはシンジのような良い選手を必要としているだろうね。そこで良いパフォーマンスを見せれば、スペインのクラブは興味を持つと思うよ。いずれにせよ半年スタンドで過ごすよりも良いよ。


もちろん給料が問題となるかもしれないけれど。シンジの給料は少なくないからね。しかもボルドーは経済的に問題をかかえていたような・・?



・この話は結構現実的に思えるね。もちろんボルドーはシンジの要求からは低すぎるけどね。でもだからと言ってこれは悪い話じゃない。

続きを読む
[ 2019/01/26 06:01 ] 香川 | TB(-) | CM(12)

「BVBは香川を無理に放出したがってはいない。香川はFCセビリアレベルのクラブを探している!」独紙《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】


kagawa19.jpg


BVB:この4人の選手が放出候補になっている。


今の所、冬の移籍市場において、ドルトムントのスカッドの大きな変化はない。あと7日残されているが、4人の選手に移籍の可能性がある。


ミヒャエル・ツォルクにはあまり時間が残されていない。正確に言えばあと7日だ。しかしミヒャエル・ツォルクは別に焦ってはいない。現在首位のドルトムントはそのクオリティーをすでに証明済みだ。
続きを読む
[ 2019/01/24 19:00 ] 香川 | TB(-) | CM(19)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。