ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL/EL】国際大会7試合でブンデスリーガ勢の出だしは好調!負けたのは1チームだけ《ドイツの反応》

【ビルト】


cl b

ドイツのチームで負けたのは1チームだけ!


ヨーロッパ大会が始まったが、このようなスタートは良い物だ。

ドイツからは7チームがチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場している。しかし初戦で敗れたのは、ライプツィヒだけだ(ザルツブルクに2:3)。
続きを読む
[ 2018/09/21 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)

元ドルトムント、オバメヤン!父フランスワがガボン代表の監督に!!父親の下でプレーか?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

aubameyang.jpg

元BVBスター、オバメヤン!父親が監督に!


元ドルトムントのスター、オバメヤンは、今度ガボン代表で父親に指導を受けることになる。サッカー協会が伝えたところによると、ピエール・フランソワ・オバメヤンがダニエル・クザンと共にガボン代表を率いるとのことだ。

この二人はスペイン人のホセ・アントニオ・カマチョの後を継ぐ。カマチョは9月半ばに成功しなかったことを理由に解雇となっていた。カマチョは2016年以降たった2勝しか挙げておらず、7敗8分けとなっている。
続きを読む
[ 2018/09/21 13:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)

PSG監督トーマス・トゥヘル!「ママから電話がかかってきた!」冗談が上達!?《ドイツの反応》

【ビルト】
tuchel7.jpg


トーマス・トゥヘル!


彼のクロップ・コンプレックスは継続することになったが、その代わり試合後に彼は笑いを誘った。


チャンピオンズリーグでユルゲン・クロップ率いるリヴァプールと対戦したトーマス・トゥヘルは、11戦目でもクロップを倒すことができなかった。
続きを読む
[ 2018/09/20 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(11)

【CL】ユベントス、ロナルド!レッドカードを貰い泣きながら退場!!《ドルトムント》

【ビルト】

ronaldo2.jpg


チャンピオンズリーグ第1試合

ロナルド涙のレッドカード!


スーパー・スター、クリスティアーノ・ロナルドのユベントスでのチャンピオンズリーグデビューは29分で終わってしまった。
続きを読む
[ 2018/09/20 09:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)

「クロップとトゥヘルはこうだった!」ドイツ監督育成所の指導者が二人の違いについて語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


klopp4.jpg



指導者が明かす!


クロップとトゥヘルはこうだった!


エーリヒ・ルテメラーは2000年から2007年にかけて、ドイツ監督育成所のボスだった。ユルゲン・クロップとトーマス・トゥヘルの二人の監督も彼の元で学んでいる。


スポーツビルトのインタビューで、彼は二人の監督について語っている。


あなたはユルゲン・クロップとトーマス・トゥヘルを指導していますね。彼らは二人ともマインツとドルトムントを率いました。そして彼らは世界的なクラブであるリヴァプール、そしてPSGを率いています。彼らは模範的な生徒でしたか?


ルテメラー:トーマスは当時アウグスブルクのユース監督だったね。彼がこのように成長するとは予想できなかったよ。育成所は二つのタイプに分けられるんだ。一つはスポーツを大学で専攻した学問タイプ。そしてもう一つはプロ選手だったタイプだ。トゥヘルは学問タイプに分類される。すでにその前に専門的な教育を受けており、それなりに知識もあったよ。だから彼にとってはスポーツ医学だろうがスポーツに関する法律だろうが朝飯前だったよ。しかしトーマス・トゥヘルの細かいところまではあまり思い出せないね。彼がどこに座っていたかを思い出すことができるかどうか・・・・。

続きを読む
[ 2018/09/19 21:13 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(13)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。