ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「無意味だ!」マティアス・ザマー!BVBファヴレの戦術を批判!《ドイツの反応》

【ビルト】

favre13.jpg



ファヴレ!ザマーの意見を聞くだろうか?


ドルトムントは月曜日に行われたニュルンベルク戦で0:0の引き分けとなり、これで5戦勝ちなしとなった。テレビ視聴者にとって、面白かったのは、ハーフタイムだけだ。ユーロスポーツの解説者のマティアス・ザマーがルシアン・ファヴレの戦術の欠点を指摘したのだ。

続きを読む
[ 2019/02/20 17:17 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)

BVBキャプテン!ロイス!レヴァークーゼン戦での復帰は未定!!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

reus34.jpg


マルコ・ロイス!レヴァークーゼン戦でのカムバックなるか?

0:0に終わったニュルンベルク戦で、マルコ・ロイスがいないことが大きな痛手となっている。試合後にセバスティアン・ケ―ルが彼の現在の状態について語っている。


ドルトムントは200分以上ノーゴール、そして5戦勝ちなしでバイエルンがすぐ後ろまで迫っている。ボルシア・ドルトムントは最下位のニュルンベルクに引き分けた事で、徐々に危機的状況に陥っている。
続きを読む
[ 2019/02/19 21:15 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(9)

監督のレジェンド!マガト!久保のニュルンベルクの監督に立候補!《ドイツの反応》

【Web.de】

maga.jpg



監督のレジェンド!フェリックス・マガトがニュルンベルクの監督に立候補!


ブンデスリーガで最多降格記録を持つFCニュルンベルクは、またしても降格する危機にある。そしてフェリックス・マガトはそのような状況を熟知している。この有名な監督は現在仕事を探しているところだが、彼は1998年にニュルンベルクの監督をし一部昇格を果たしている。



元ニュルンベルク監督であるフェリックスマガトは、ニュルンベルクの新たな監督に興味を示している。“私のスタイルは古いスタイルではあるが、それでも私にはクラブの危機を救う事が出来ると思うよ。”とニュルンベルク新聞において答えている。この65歳は1998年にニュルンベルクを一部に昇格させているのだ。
続きを読む
[ 2019/02/19 12:09 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)

元ドルトムント!ギンター!チェルシーが獲得に動く!?クリステンセンとトレードか?《ドイツの反応》

【エクスプレス】

ginter11.jpg

グラートバッハ、ギンターにメガ・トレードの可能性?


移籍市場はすでに閉まっているが、夏の移籍に向けては常に動きがある。イングランドの“ザ・サン”が報じたところによると、プレミアリーグのチェルシーがグラートバッハのディフェンダー、マティアス・ギンターの獲得に動くようだ。


それによると、チェルシーのボス、ロマン・アブラモヴィッチュはそのお金でもって、現在弱体化しているチームを強化するつもりのようだ。
続きを読む
[ 2019/02/18 16:28 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)

ドルトムント!プリシチが負傷!!!肉離れで離脱!!!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】
pu4.jpg



クリスティアン・プリシチが負傷!
BVBスター!肉離れで離脱!


ボルシア・ドルトムントはクリスティアン・プリシチを長い間あきらめなければならない。このサイドアタッカーは複数のメディアが報じたところによると、肉離れを起こしたようだ。


ブンデスリーガ首位に立つドルトムントは月曜日にニュルンベルクと対戦するが、ミッドフィルダーのクリスティアン・プリシチが欠場となる。

続きを読む
[ 2019/02/18 09:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(10)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。