ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルン大迫、マン・オブ・ザ・マッチの高評価!キッカー日本人採点とドルトムント試合評!《ドイツの反応》

entry_img_1506.jpg
キッカー今日の表紙

【日本人採点】

原口 4.5


大迫 2.5


弱々しい序盤のパフォーマンス(ほぼすべてのケルンの選手に当てはまる)の後で、大迫勇也は奮起した。この日本人は同点ゴールをアシストしただけでなく、非常に良く動いていた。


20170220192951da8.jpg

長谷部 5

酒井 4

宇佐美 4

2部リーガ
浅野 4.5


続きを読む

香川途中出場ドルトムント!ヴォルフスブルクに完勝で3位に浮上!選手採点と寸評《ドイツの反応》



ルーア・ナッハリヒテン


entry_img_1503.jpg
引用元:BVB公式ツイッター


ビュルキ 3
前半は19分にクロスを掴まなければならず、その後21分にアーノルドのフリーキックをパンチングしただけだった。その後は長い間何もすることがなかった。72分にディヴァディが低い弾道のシュートを蹴った時は、きちんと下にいた。


ピスチェク 1
1アシスト目:ゴメスとの一対一に勝利しブルマめがけてボールを蹴ると、彼がそれをそのままヘディングシュート。その後デンベレーのクロスから彼が2:0となるゴールを決める。今シーズン5ゴール目を達成した後で、このブンデスリーガで最も危険なディフェンダーはデンベレーの3:0となるゴールをアシスト。


続きを読む

長谷部・原口が独紙キッカーベスト11で高評価!日本人採点+ドルトムント試合評!《ドイツの反応》





【キッカー】



entry_img_1485.jpg
本日発売キッカーの表紙



ベストイレブン

ゾンマー(グラートバッハ)

ゼ―レンセン(ケルン)、パパドポロス(ハンブルク)、ソクラティス(BVB)

長谷部(アイントラハト)

原口(ヘルタ)、デンベレ―(BVB)、レビチ(アイントラハト)

モデスト(ケルン)、ボバディア(アウグスブルク)、サライ(ホッフェンハイム)


続きを読む

ドルトムント!ライプツィヒに勝利!試合後の反応と選手採点《ドイツの反応》



シュヴァッツゲルプ


20170205192055591.jpg
引用元:BVB公式ツイッター




・今日はレーザーポインターが見られたけれど、あれは一回きりだった?それとも頻繁にあったの?



・↑僕が気が付いたのは一度だけだったね。フリーキックの時に。僕は彼が捕まって罰せられることを願っているよ。



・↑僕は何度も観たよ。スローインのときに西側から。



・↑結構あったね。ライプツィヒがボールを持っている時は、少なくとも一人の選手がレーゼーをくらっていたよ。だから何人もいたと思うよ。

続きを読む

香川不在BVB!マインツに引き分け!「トゥヘルの後継を考えよう!」試合後の反応+選手採点《ドイツの反応》


今日は香川選手の出場もありませんでしたので、寸評なしの選手採点だけ載せて、後はファンのコメントをまとめました。
entry_img_1471.jpg
写真引用元:ルーアナハリヒテン



【シュヴァッツゲルプ分析スレッドより】



・トゥヘルの後継の可能性を考えてみた。今契約がない監督のリストだよ。現時点ではあんまりいないというのが現実だ。
  ・トーマス・シャーフ
  ・アルミン・フェー
  ・アンドレ・ブライテンライター
  ・ミヒャエル・フロンツェク
  ・ブルーノ・ラバッディア
  ・アンドレ・シューベルト

インターナショナルだと
   ・フランク・デ・ブール
   ・ローレン・ブラン
   ・ファン・ハール

この中には本当に候補になりそうなのはいないね。誰かを忘れている可能性はあるよ。


続きを読む
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。