Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

遠藤航!シュトゥットガルトのリーダーとして輝く!リーガ公式サイトが特集!

【ブンデスリーガドイツ語版】


遠藤航!シュトゥットガルトのリーダーとして輝く!

endoendo.jpg


シュトゥットガルトはブンデスリーガにおいて注目を集めている。この若い昇格チームは、非常に魅力的で勇敢なサッカーを見せて、いくつかのトップチームを苛立たせているのだ。そしてそれを牽引する存在が遠藤航だ。彼はシュトゥットガルトでも最も重要な選手となっている。

続きを読む
[ 2021/01/11 05:50 ] 遠藤 | TB(-) | CM(-)

シュトゥットガルト遠藤は「チームのボディーガード!」彼が残した素晴らしい数字に地元紙も注目!

【ハイデルベルク24】


遠藤はシュトゥットガルトにおける保険!!クレイジーな数字!

24410528-wataru-endo-im-zweikampf-2el5qaFWNDa7.jpg


遠藤航がシュトゥットガルトで素晴らしい数字を残している。これによって中盤の彼はチームの安全保障となっている。


遠藤航はシュトゥットガルトと契約を延長したが、バイエルン戦でもいかに彼が重要な存在であるかを示している。もう外すことは考えられないぐらい重要なのだ!この日本人はシュトゥットガルトの中盤を掌握している。
続きを読む
[ 2020/12/03 17:40 ] 遠藤 | TB(-) | CM(-)

シュトゥットガルトの遠藤!負傷から復帰しゴールを決める!!ファンの反応

【リーガインサイダー】9月5日

遠藤航が復帰!


endoendo.jpg



シュトゥットガルトの遠藤渉が復帰した。この日本人は膝の問題を抱えており、約1週間半の離脱となっていたのだ。



ストラスブールとの試合においてこのミッドフィルダーはスタメンで出場し66分間プレーしている。そして52分に3:2となるゴールをあげている。


彼は試合終盤にルカ・マックと交代している。
続きを読む
[ 2020/09/08 19:25 ] 遠藤 | TB(-) | CM(-)

ウニオン・ベルリン新加入の遠藤!マックス・クルーゼのインタビューに応じる!

【ベルリン新聞】


ウニオン新加入遠藤!“マックス・クルーゼは知らなかったです。”


endokeita2.jpg


ウニオンの新加入遠藤渓太は合宿地でマックス・クルーゼのインタビューに応じている。クルーゼはその様子を自身のインスタグラムで公開している。



クルーゼは日本語ができず、遠藤のドイツ語もまだインタビューに応じる程ではないため、通訳がこのインタビューを助けている。そのインタビューでは遠藤は移籍の理由やベルリンについて、そして自身の長所について語っている。
続きを読む
[ 2020/08/27 19:38 ] 遠藤 | TB(-) | CM(-)

ブンデス公式!ウニオン・ベルリン加入の遠藤を紹介!!「得点力のあるドリブラー次なるスターになるか?」

【ブンデスリーガ公式】

得点力のあるドリブラー
ウニオン・ベルリンの新加入、遠藤 渓太の素顔!


ウニオン・ベルリンは来シーズンの補強に向けて大きく動いている。すでにウニオンは遠藤渓太という最初のインターナショナルな選手を獲得したところだ。

endoukeita.jpg

現在は夏休み中であるが、コロナの状況にあっても、ブンデスリーガの幹部たちにとっては沢山仕事がある事には変わらない。ウニオン・ベルリンの会長オリヴァー・ルーネルトはこの時期、移籍市場で積極的に動き回っている。

これまでにはマグデブルクからローンしていたマリウス・ビュルターを獲得し、さらにフォルトゥーナからニコ・ギーセルマン、そしてハイデンハイムからゼバスティアン・グリースベックと国内の選手を獲得していたが、インターナショナルな選手の加入も決まったところだ。22歳の遠藤渓太が横浜マリノスからローン移籍するのだ。ウニオンはさらに買取オプションを有している。
続きを読む
[ 2020/07/27 18:00 ] 遠藤 | TB(-) | CM(-)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。