ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!ドルトムントのゲッツェ起用法を批判!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】


スカイ解説者、ハマンが批判:ドルトムントのゲッツェの起用法は間違っている。

201711042002421a6.jpeg


マリオ・ゲッツェは、一年ぶりにドイツ代表に復帰した。このミッドフィルダーはフレンドリーマッチのイングランド戦、そしてフランス戦でベンチ入りする。しかしスカイ解説者のディーター・ハマンは、このワールドカップ優勝者には満足していない。

続きを読む
[ 2017/11/04 19:59 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(20)

ワールドカップの英雄、ゲッツェがドイツ代表に復帰!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】



対イングランド、フランス戦

ヨギ、ゲッツェとライプツィヒのスターを招集!


entry_img_1929.jpeg



我々のワールドカップの英雄、マリオ・ゲッツェは一年間この時を待っていた。さらにライプツィヒのハルステンベルクも喜んでいる。

代表監督ヨーギ・レーヴは、フレンドリーマッチの対イングランド戦とフランス戦で一年ぶりにマリオ・ゲッツェを招集した。ゲッツェの代表戦は2016年11月15日のイタリア戦以来となる。
続きを読む
[ 2017/11/04 06:03 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(23)

BVBゲッツェに対するドイツ人の評価は?②!《ドイツの反応》

ドイツ人のマリオ・ゲッツェに対する反応を紹介しています。今回はもう少しさかのぼってレアル戦後からのコメントを紹介します。


entry_img_1897.jpeg


トランスファーマルクト】

レアル戦後の反応(直前の反応含む)



・今日彼が記者会見に出ていたから、スタメンだろうね。ゴールしてくれることを願っている。そしてスタジアム中が彼の名を叫ぶんだ!ボシュにとっても今日は物凄く重要な試合だ。


・マリオのこれまでの試合は全部見ているけれど、オバメヤンと並んでベストな選手だね。彼のパスのクオリティーは素晴らしいし、中盤を圧倒している。テクニックも素晴らしい。チームの責任を担っているね。やる気もあるし野心もある。まだ休憩も必要だが、そうでなければ彼はスタメンだ。これまでにあったことを考えると、彼のこのパフォーマンスはもう一度特筆すべきだね。嬉しいよ。


・カストロと並んでベストの選手だった。力強かった。
続きを読む
[ 2017/10/19 06:30 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(28)

現地ドルトムントファンのマリオ・ゲッツェに対する反応は?《ドイツの反応》




今シーズンに入ってからゲッツェの先発の機会が増えていますが、現地のファンはどのようにみているのでしょうか?結構時間が経ったので何回かに分けてファンの反応を紹介したいと思います。取り上げるのはトランスファーマルクトのゲッツェフォーラムからになります。現在から過去にさかのぼる形で取り上げる予定です。一回目はライプツィヒ戦後の反応を取り上げます。


entry_img_1896.jpeg


トランスファーマルクト、ゲッツェフォーラム



・このような試合だと、彼がまだまだだという事に気が付くね。今日の試合は彼には速すぎたよ。


・↑彼はダントツで良い選手だったけどね。


・↑僕も彼のほうが明らかに素早かったと思うよ。カストロ、シャヒン、ヴァイグルと比べて。


・大部分において僕らの中ではベストだった。最後はほかの選手と同様にガス欠になったね。そろそろ彼の周りにも同じように強いチームメートが必要な頃だ。カストロもシャヒンも彼のプレーを無駄にしてしまうよ。
続きを読む
[ 2017/10/18 19:23 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(26)

BVBヴァツケ「ゲッツェの新たな役割はメッシというよりはイニエスタ」《ドイツの反応》




BVB会長ヴァツケ、マリオ・ゲッツェの新たな役割について語る。




彼が再び戻ってきた。マリオ・ゲッツェは、長い負傷の後でブンデスリーガ復帰を果たした。ヴォルフスブルク戦での勝利の後で、彼は多くの賛辞を得ることになった。その次の日の朝、会長ヴァツケがゲッツェの変化についてテレビで語った。
続きを読む
[ 2017/08/20 19:42 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(27)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。