ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBゲッツェ‼テストマッチ先発で活躍しスーパーマリオへ希望!《ドイツの反応》




ビルト



スタメンカムバックで力強いパフォーマンスを見せ、今後に希望!


ゲッツェ、このようにして再びスーパー・マリオへ!


entry_img_1743.jpg



あれはただのテストだった。たった45分の出場だ。しかしドルトムントのワールドカップ優勝者マリオ・ゲッツェにとっては再び昔の力を取り戻すにおいて、大きな希望となった。

続きを読む
[ 2017/07/24 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(18)

マリオ・ゲッツェ、トーマス・トゥヘル元監督を批判し、ボシュ新監督を称賛!ドイツ紙《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ


マリオ・ゲッツェ、トーマス・トゥヘル元監督を批判


entry_img_1740.jpg

マリオ・ゲッツェはインタビューの中で元監督トーマス・トゥヘルを批判している。“彼と仕事をするのはいつも簡単というわけではなかった。”とゲッツェ語っている。




トーマス・トゥヘル元監督はドルトムントを解雇されてから1か月半経っているが、まだ休暇中だ。そして代表選手であるマリオ・ゲッツェはアジアツアーで“パフォーム・グループ”のインタビューに応じ、元監督に関して批判的な意見を述べている。“彼は僕たちに多くの事を要求した。それは僕たちチームと選手達にとっていつも簡単ではなかったけれど、それでもポカールで優勝し、クオリティーを示すことができたんだ。結果をみればよく機能したと言えるね。一人一人がみんな成果を出すためにそれを利用し、結果はみんな頑張ったおかげだよ。僕たちはそれでもまだこれからさらに良くなる事が分かっている。”
続きを読む
[ 2017/07/19 18:20 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(37)

ドルトムントに朗報!ゲッツェが7月からトレーニングに復帰!《ドイツの反応》



【ユーロ・スポーツ】

ボルシア・ドルトムントに朗報!


ゲッツェの復帰日程が決まる!



entry_img_1721.jpg


マリオ・ゲッツェは4か月前から代謝障害の治療にあたっている。そして復帰が近づいてきた。“Welt”紙が伝えている。治療はどうやら成功したようである。ゲッツェは7月から再びトレーニングに復帰するようだ。彼がトレーニング開始の7月7日に復帰するかはまだ定かではない。

続きを読む
[ 2017/06/13 06:55 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(27)

ドイツ紙「どうしてゲッツェの病気を早く発見することができなかったのか?」説明《ドイツの反応》





ビルト

再び健康になるために、マリオ・ゲッツェはドルトムントを後にした。



entry_img_1523.jpg
引用元:Bild




ビルトの情報によると、このワールドカップ優勝者はバーデン・ヴュルテンベルク州にある、代謝障害のスペシャリストの下で治療にあたるそうだ。そして彼は今後5から6週間そこで治療に専念するようだ。


しかしどうしてこの病気を早く発見することができなかったのだろうか?どうしてバイエルンとBVBで力を発揮することができなかったのだろうか?

続きを読む
[ 2017/03/01 18:25 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(20)

BVBゲッツェ難病の代謝障害で長期離脱!!代謝障害とは?専門家が語る!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ



代謝障害:マリオ・ゲッツェの病気の考えられる原因。



entry_img_1521.jpg


ドルトムントのマリオ・ゲッツェは代謝障害でまずは休むことを余儀なくされている。どのぐらいだろうか?数週間、もしくは数か月。




それはまだ分かっていない。我々はドクター・トーマス・フリスと考えられる原因について話をした。


フリスさん、マリオ・ゲッツェは代謝障害で苦しんでいるそうですが、我々の読者にいったいどのようなものか説明してくれませんか?
続きを読む
[ 2017/02/28 18:59 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(6)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。