ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!すでに3月にはワールドカップ落選を予感していた!《ドイツの反応》

【BAMS】

gotye.jpg


BVBスター、彼の夏について語る!
ワールドカップ落選はすでに3月から予感していた!


2014年のワールドカップでマリオ・ゲッツェは決勝ゴールを放ったが、2018年にワールドカップ参加することはなかった。レ―ヴ代表監督が彼をノミネートしなかったのだ。


ゲッツェはヴェルト日曜版においてワールドカップに落選した時の事を語っている。


ゲッツェ:“そのことは発表の一日前に分かっていた。だけどその前からそうなる予感がしていたんだ。3月のスペイン戦とブラジル戦でノミネートされなかった時に、こうなるかもしれないって思ったんだ。だからそれほど大きな驚きではなかった。もちろんそれでもハードだったけどね。”

続きを読む
[ 2018/08/05 21:13 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(17)

マリオ・ゲッツェ!ドルトムント新監督ファヴレを絶賛!!《ドイツの反応》




SPOX】


BVB:マリオ・ゲッツェ、ドルトムント新監督のファヴレを絶賛!


entry_img_2459.jpeg


ボルシア・ドルトムントは良い準備期間をすごしており、これまでのチャンピオンズ・カップ3試合でも、正規時間内には負けていない。BVBの雰囲気は良いが、これは新監督ファヴレのおかげである。マリオ・ゲッツェも感激した様子だ。


“彼の取り組む様子は本当に素晴らしいと思う。”とゲッツェはアメリカからドイツに戻る前に語っている。“これから来ることを楽しみにしている。新シーズンもね。”
続きを読む
[ 2018/07/27 19:13 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(32)

BVBマリオ・ゲッツェ!W杯選考に外れたことに対して口を開く!《ドイツの反応》



ビルト】



BVBスター!選考外について口を開く!

ゲッツェ!沈黙を破る!




entry_img_2432.jpeg


猛暑から氷の中へ!

シカゴで90分プレーした後、マリオ・ゲッツェはまずは水風呂を楽しんだ。これが回復に役立つのだ。そしてこれは、騒々しかったここ数か月をクールダウンさせるためにも良かったに違いない。そしてその後ゲッツェは初めてワールドカップで選考外となったことについて口を開いたのだ。
続きを読む
[ 2018/07/21 19:55 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(22)

マリオ・ゲッツェ!イングランドの複数のクラブが獲得に!《ドイツの反応》



レヴィーア・スポーツ】



BVB

ヨーロッパの複数のクラブがワールドカップの英雄ゲッツェの獲得に動く!




entry_img_2357.jpeg


ボルシア・ドルトムントでドイツ代表のマリオ・ゲッツェにプレミアリーグの3つのクラブが注目している。それどこらかフランスのクラブも交渉の用意をしている。



本来ならば今マリオ・ゲッツェのシーズンハイライトが待っているはずであった。ワールドカップに出場しタイトルを防衛する事だ。しかし代表監督がブラジル大会の決勝点を放った男を呼ばなかったため、ゲッツェは今テレビドキュメンタリーシリーズで話題になっている。
続きを読む
[ 2018/06/15 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(42)

マリオ・ゲッツェの主治医が病気について明かす!《ドイツの反応》




【西ドイツアルゲマイネ】



マリオ・ゲッツェの主治医が、いったい何の病気だったのかあかす!

entry_img_2352.jpeg


今から一年前のマリオ・ゲッツェの病気はファンの間ではいまだに謎だ。


BVBスターは代謝障害によって昨シーズンの後半戦を欠場した。そうなるとすぐに、実は彼はうつ病にかかっており、キャリアももう終わりではないかという噂が広まった。


しかし彼の主治医がそれについて口を開いた。“私も多くの物(記事)を読んだよ。みんな違った意見を主張していたが、一つとして真実に近い物はなかった。”と主治医のティエリー・ムリッシュDAZNのドキュメンタリーで語った。

続きを読む
[ 2018/06/12 19:30 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(13)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。