ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、ギュンドガン!香川がいなくて寂しい!ファンの質問に答える《ドイツの反応》


【WAZ】

borussia-dortmund-ilkay-guendogan.jpg


元ドルトムント、ギュンドガン!人生で最悪の瞬間について語る!



マンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドガンはドルトムントでスターになった。BVBでの5年間を経て、彼は2016年にマンチェスター・シティに移籍している。この27歳は度々負傷してはいるが、それでもペップ・グアルディオラのチームで重要な役割を果たしている。


イルカイ・ギュンドガンはインスタグラムで、ファンからの質問に答えているが、そこでギュンドガンにとって、いかにドルトムント時代が重要であったか明らかになっている。


一人のファンは、ギュンドガンがBVBでの最大の思い出について質問したが、彼はそれに対して、“2012年のダブルの後のお祭りだね。”と答えている。
続きを読む
[ 2018/08/18 12:30 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(7)

ドイツ代表ギュンドガン!引退ではなく代表でのタイトル獲得を希望!!《ドイツの反応》

【ビルト】

gundogan2.jpg

エジルの引退を受けて

ギュンドガン!引退ではなくタイトル獲得を目指す!


彼にはまだ大きな目標がある・・・


イルカイ・ギュンドガンは、エルドガン大統領との会談、そしてワールドカップでの恥ずべき敗退を経て、インスタグラムで自身の意見を表明している。このミッドフィルダーはこれからもドイツ代表でプレーしたいとのことだ。

続きを読む
[ 2018/08/17 21:00 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(5)

元ドルトムントのギュンドガン!インテル・ミラノに4000万ユーロで移籍か!!《ドイツの反応》

【ビルト】


4000万ユーロ!

インテル・ミラノ!ギュンドガンの獲得に乗り出す!


ギュンドガンの名が、獲得候補リストの最上位に!!



クロアチアのルーカ・モドリッチの断りの後で、インテルはマンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドガンの獲得に動く。


“トゥット・スポルト”が伝えたところによると、このイタリアの伝統的なクラブは新シーズン、特にチャンピオンズリーグに向けて、攻撃的な中盤での創造的な選手を必要としている。


続きを読む
[ 2018/08/05 09:30 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(13)

ドイツ代表エジル、ギュンドガン!トルコ大統領を訪問し大スキャンダルに!《ドイツの反応》



ビルト】


トルコ大統領のエルドガンのプロパガンダ。


エジルとギュンドガンに批判




entry_img_2302.jpeg



二人のサッカー界のスター。二種類のユニフォーム。そしてトルコ大統領。



ワールドカップのメンバーに選ばれたドイツ代表のメスート・エジルとイルカイ・ギュンドガンが、トルコ大統領エルドガンを訪問した写真が大きな話題となっている。


現在選挙を戦うトルコ大統領の隣で、有名スポーツ選手が笑顔でポーズをとり、そしてサイン入りのユニフォームを渡す効果はいかほどのものか。
続きを読む
[ 2018/05/16 12:00 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(58)

ギュンドガン!若い選手の給料に上限を設けることを提案!ドイツ紙《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



元BVBイルカイ・ギュンドガン。若い選手の給料に上限を設けることを提案!




entry_img_1941.jpeg

ドイツ代表のイルカイ・ギュンドガンは若い選手の巨額の契約金と移籍金に対して、上限をもうける提案をした。

“どうして黙っていなければならないのだろうか?20歳になるまでは決まった金額までしか稼いではいけないと。”ギュンドガンは「Sportbuzzer」のインタビューに答えている。
続きを読む
[ 2017/11/11 07:20 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(9)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。