ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツのサッカー採点基準について

キッカーの採点について質問がありましたのでお答えします。

まずドイツの成績は学校や大学などで1~6で評価されるように統一されています。
以下、簡単にまとめますと。



1  とても良い     特別

2  良い  (優良)  全ての要求を満たす

3  満足のいくでき (良)  全ての条件をクリア

4  十分である (可) 足りない所もあるが全体的にみれば条件を満たしている。

5  欠けている    基礎知識はあり改善の余地はある。

6  全然足りない   基礎知識がなく改善するのも難しい。  




となっています。あくまで簡単にまとめたものです。

ドイツサッカー採点の6段階はこの採点方法からきています。


まず、最高点の1は本当に特別です。管理人もドイツに住んで10年近くになりますが、1.0というのは、ドイツ人の間で、“この子凄くできる子”という認識で共通しています。また学校では1から4が合格で、5,6は共に落第点となります。

ちなみにドイツには大学入試というのはありませんが、その代わりにアピトゥアとよばれる高校卒業試験があります。そのアピトゥアの全科目平均1.5で医学部や法学部に入れるといわれており、これはとても高いハードルです。


ですので、キッカーでも1.0は特別で、3得点くらいに絡むか、チームが大量得点で勝った時につきます。

逆に6.0もそんなにつきません。よっぽど試合で何もできなかったか、大量得点で敗れたかの試合につきます。

ブンデスリーガの選手の平均点はだいたい3.3~3.4ぐらいではないかと思います。

ちなみにシーズンを通した平均点が2点台の選手は10ぐらいだと思います(キーパーを除く)。

続きを読む
[ 2014/10/06 18:21 ] 採点基準 | TB(-) | CM(7)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。