ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

クロップ監督、首位に立ったライプツィヒを絶賛!!ドイツ紙《ドイツの反応》


フォーカス



ユルゲン・クロップが絶賛する


リヴァプールの監督、ライプツィヒとホッフェンハイムをヨーロッパの舞台で待ち受ける。



entry_img_1343.jpg
引用元:Focus


ユルゲン・クロップは、ここ1年間イングランドのプレミアリーグで旋風を巻き起こしている。しかし今でもドルトムントの象徴だ。しかし伝統的に人気のないライプツィヒやホッフェンハイムへの賛辞は、BVBでは誰も聞きたくなかっただろう。
続きを読む
[ 2016/11/19 18:35 ] クロップ | TB(-) | CM(8)

クロップ・リヴァプール!6:1で勝利し遂にプレミア首位に!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト




リヴァプール首位に!



クロップが一番に!!!


entry_img_1320.jpg
引用元:Bild





ヘヴィ・メタル・サッカーで首位に!ポップスターであるサー・エルトン・ジョンがファンでもある、ワトフォードFCに対して・・・




リヴァプールとユルゲン・クロップは6:1で勝利し、ついにイングランドで首位に立った。2014年以来となる首位だ。


続きを読む
[ 2016/11/07 06:00 ] クロップ | TB(-) | CM(7)

リヴァプール監督クロップ!ドルトムントのプリシチを熱望!!ドイツ紙《ドイツの反応》





ビルト



リヴァプールが再びBVBスターを熱望!

クロップ、プリシチを欲しがる!



entry_img_1318.jpg
引用元:Bild



プリシッチはもうすぐ(リヴァ)プーリシッチになるだろうか?

リヴァプールはマンチェスター・シティ、そしてアーセナルと同ポイントで並んでいる。得失点差で3位だ(11節を前にして)。それでもリヴァプールは冬に補強するつもりであることを、イングランドのメディアが伝えている。その中にはリヴァプールの監督が以前から知っている選手も一人含まれている。
続きを読む
[ 2016/11/06 18:00 ] クロップ | TB(-) | CM(5)

【お勧め!】クロップ監督!ドイツとイングランドの違いなどについて語る!インタビュー!!《ドイツの反応》



キッカー(デイリーメール)】



entry_img_1201.jpeg
引用元:キッカー



イングランドとのスタジアム文化の違いについて・・・


イングランドは街のど真ん中にスタジアムがあるんだ。ロンドンでは市内を散歩していると、オー、ここがスタジアムか、という事になるね。これはドイツではありえないね。もしスタジアムが街中にあったら、みんなこういうだろうね。“おい、今は月曜の夕方だよ。もっと静かにしてくれよ。”
 イングランドにはこれとは違った伝統があるんだね。でもその代わりあんまり場所がないんだ。そしてスタジアム内で最も小さい場所が控室なんだよ。みんなもうそれに慣れているけど、他の場所から来たら、“これがチーム全員の控室?”って思うだろうね。クリスタル・パレスの控室が最も小さいね。それどころか真ん中に柱までたっているよ。柱の向こうからはチームメートの姿を見る事すらできないんだ。

続きを読む
[ 2016/09/05 06:00 ] クロップ | TB(-) | CM(11)

【EL】ドルトムント、リヴァプールに引き分け!ドイツ紙「クロップがドルトムントを苦しめる!」マッチレビュー《ドイツの反応》

【ビルト】4月7日

クロップがドルトムントを苦しめる!


entry_img_963.jpeg


“この大会ではドルトムントがベストのチームだね。” とユルゲン・クロップは試合前にそう思っていたようだが、予想に反してFCリヴァプールがドルトムントに対して1:1と引き分け、それにふさわしいパフォーマンスを見せた。
続きを読む
[ 2016/04/08 06:49 ] クロップ | TB(-) | CM(59)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。