ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ミキタリアン!ドルトムント復帰間近か!?地元紙が報道!《ドイツの反応》




Sportbuzzer】

ミキタリアンの復帰間近とメディア報道!




entry_img_2040.jpeg

ボルシア・ドルトムントはシャヒン、香川真司に続いて次の選手を連れ戻すだろうか?メディアの報道によるとヘンリク・ミキタリアンとの接触がより密なものになってきているようだ。
続きを読む
[ 2018/01/05 06:55 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(13)

ミキタリアン!本人はドルトムント復帰を希望!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト】


モウリーニョよりもシュテーガー

ミキはBVBに戻りたがっている!


entry_img_2025.jpeg


次なるBVB買い戻しとなるだろうか?

ビルトの情報によるとマンチェスター・ユナイテッドのヘンリク・ミキタリアンは、できれば冬にもドルトムントに帰って来たいようだ。
続きを読む
[ 2017/12/27 18:33 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(49)

ミキタリアンのドルトムント復帰の噂を聞いたBVBファンの反応《ドイツの反応》



【BVBフォーラム】

entry_img_2012.jpeg


・ミキタリアンの復帰の噂があるが、どうかデマであってほしい。


・彼がユナイテッドを出るのは構わない。だけれど僕たち以外の所に行くべきだ。可能性は0%もないと思う。彼の出ていき方は良くなかった。他とは違うよ。


・現在のサッカー界ではこういう事が起こっても特に驚かない。スポーツ面では助けとなるだろう。彼の調子が良ければね。だけどそこのポジションは人が多いし難しいと思う。


・もう出て行った選手を獲得するのはやめるべきだ。シャヒンも香川もゲッツェもかつてのようには良くない。居心地が良い、というキャッチフレーズはもう終わりにするべきだ。

続きを読む
[ 2017/12/20 18:47 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(25)

ミキタリアン!ドルトムント復帰の可能性が高まる!ドイツ紙《ドイツの反応》





Tオンライン】

アルメニア人、マンチェスター・ユナイテッド放出目前

ミキタリアンのBVB復帰の可能性高まる!



entry_img_2011.jpeg



ヌリ・シャヒン、マリオ・ゲッツェ、香川真司。BVBは選手の復帰に関しては経験がある。そして、またそうなる可能性が高まってきた。ヘンリク・ミキタリアンだ。

ヘンリク・ミキタリアンのボルシア・ドルトムント復帰に関してはここ数週間噂されていた。“インディペンデント”が報じたように、ミキタリアンはマンチェスター・ユナイテッドで放出目前だ。ミキタリアンとモウリーニョ監督の間にはもう化学反応は起こらないようである。その原因は考え方の違いにあるようだ。
続きを読む
[ 2017/12/20 06:00 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(28)

不調ミキタリアン!ドルトムント復帰を夢見ている?!ドイツ紙《ドイツの反応》



キッカー】



ミキタリアンのBVB復帰は単なる夢



entry_img_1974.jpeg

ミキタリアンの移籍は、ボルシア・ドルトムントにとってはちょっとした収入になった。ミキタリアンにとっても収入面では決してマイナス面があったわけではない。しかしスポーツ面では、このアルメニア人はあまり上手く行っていない。“BBC”はミキタリアンがドルトムント復帰を夢見ているか知りたがっている。



彼が、ドルトムントにいた3年間の成績は波の多いものだった。3年目はダントツで最高の成績を出したが、それによって彼はイングランドへと移籍することになった。彼のドルトムントでの契約が1年あるにも関わらず、ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケは、当時クラブ史上最高額とみられる42.5Mユーロで移籍に合意したのだ。
続きを読む
[ 2017/12/01 06:13 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(13)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。