ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ミキタリアンを冬に買い戻しへ!!ドイツ紙最新《ドイツの反応》




Sport1

ボルシア・ドルトムントはどうやらヘンリク・ミキタリアンの買い戻しに動いているらしい。

BVB、ミキタリアンをめぐる噂



entry_img_1332.jpg
引用元:Sport1



BVBはヘンリク・ミキタリアンを冬に買い戻すようだ。なによりもトーマス・トゥヘルがこのアルメニア人の復帰にむけて力強く動いているらしい。
続きを読む
[ 2016/11/14 06:03 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(20)

冬に移籍が噂されるミキタリアン、ドルトムント復帰はなし!ドイツ紙《ドイツの反応》



Fussballtransfer


BVB:ミキタリアンへの扉は閉ざされた。



entry_img_1300.jpg
引用元:フスバルトランスファー



ボルシア・ドルトムントのボスたちは、昨日の夜、ポカールベスト16への進出をかけて震えなければならなかった。昨日のスタメンには、マリオ・ゲッツェとヌリ・シャヒンの二人のカムバックを果たした選手がスタメンで出場した。しかし、ミキタリアンが同じようになる事はないだろう。
続きを読む
[ 2016/10/28 06:00 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(22)

ドイツ紙「ユナイテッドで役に立てないミキタリアン。モウリーニョからの批判でさらに後退。」《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ新聞



元BVBスターのミキタリアン、マン・ユナイテッドでさらなる後退!



201610240336380f7.png
引用元:西ドイツアルゲマイネ



以前のBVBスター、ヘンリク・ミキタリアンはマンチェスター・ユナイテッドでなんの役にも立っていない。“彼はもっと働かなければならない。”とマン・ユナイテッドのモウリーニョ監督は語った。
続きを読む
[ 2016/10/24 13:00 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(26)

代理人ライオラ!ミキタリアン、ポクバのユナイテッド移籍の舞台裏を明かす!ドイツ紙《ドイツの反応》





スポーツ・ビルト】9月19日




ミキタリアン、ズラタン、ポクバ

ライオラが移籍の舞台裏を明かす!



entry_img_1232.jpeg
引用元:Sport Bild


ミーノ・ライオラのように熱心な代理人は、この世界にはいないだろう。彼は容赦なく、彼のスター選手の代理としては垂らしている。そして自分もがっつりと稼いでいる。今夏の移籍だけでライオラは3500万ユーロは稼いだとみられている。ミキタリアン、ポール・ポクバ、ズラタン・イブラヒモビッチをマンチェスター・ユナイテッドに移籍させたのだ。今彼がデイリー・メールのインタビューでこの3人の移籍の舞台裏を明かした。
続きを読む
[ 2016/09/21 17:20 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(3)

ミキタリアン!マンUではベンチ要員の可能性も?ドイツ紙《ドイツの反応》




90Min



補欠のために4200万ユーロ?だからモウリーニョはミキタリアンをベンチで燻らせた。



entry_img_1172.jpeg
引用元:90Min



マンチェスター・ユナイテッドの背番号22番は4200万ユーロでボルシア・ドルトムントから移籍した。彼はホセ・モウリーニョ監督にとっては単なる選択肢以上の存在となるとされていた。しかし最初のリーガの試合では、このアルメニア人はスタメンに選ばれることがなかった。監督の説明は非常にきついものであったが、まあ理解できるものであった。しかしながらこれはミキタリアンにとっては、今シーズンはより頻繁にベンチからのスタートが多くなるという事を意味するかもしれない。彼がオールド・トラフォードでサインした時、そのことが頭にあったかはわからないが、今疑問に思っている可能性は十分あるだろう。

続きを読む
[ 2016/08/22 18:44 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(16)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。