ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

後半戦いよいよ開幕!ホーフマン「ドルトムント相手にゴールを決めたい!」ドイツ紙《ドイツの反応》

本日のビルトよりグラートバッハ関連の記事になります!





【ビルト】

グラートバッハにとっては良いことだが、ドルトムントにとっては悪い事だ。

ホーフマン、元クラブを相手にゴールを決めたい。

entry_img_832.jpeg
続きを読む
[ 2016/01/23 19:55 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(24)

《ドイツの反応》ドルトムント会長が「クロップはバイエルンと100%うまくいくだろう!」と発言し話題に!!

ドルトムントの会長、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケのライニッシェ・ポスト紙のインタビューでの発言がドイツでも話題となっています。インタビュー全文は明日、ドイツ時間の水曜日朝の新聞に掲載される予定ですが、すでに一部が公開されて話題となっていました。本日のビルトでもその発言を取り上げていますので、紹介します。なお元のインタビューは明日以降、時間があれば取り上げたいと思います。





【ビルト】

BVBのボスはいったい何を思っていたのだろうか?


ヴァツケ

“クロップはバイエルンと100%うまく行くだろう。”


entry_img_507.jpg


もしそうなったらそれはトレーナーをめぐる一大事になるだろう。


ユルゲン・クロップほどBVBを象徴するようなトレーナーは誰もいない。クロッポはボルシアにおけるストレスの多い七年間の後で、休暇中だ。あとどのぐらいかかるだろうか?明らかなのは、クロップが再び監督としての仕事を見つけることに何の問題もないだろうという事だ。


それはバイエルンでもそうだろうか?BVBのボスハンス・ヨアヒム・ヴァツケにとっては想像の範囲内のようだ。ヴァツケはライニッシェ・ポストにおいて“ユルゲン・クロップは全てのトップクラブで候補となるだろう。クロップとバイエル。これは100%うまくいくだろうね。”


いったこのBVBのボスは何を思っているのだろうか?確かなのは、ペップ・グアルディオラの契約が2016年までとなっていることだ。彼が契約を延長するかどうかはまだ未定である。契約延長に関する質問に対して、このスペイン人はいらいらして、“何もわからないよ。それについては話したくないんだ。”と語っている。


バイエルンのボス、カールハインツ・ルンメニゲはグアルディオラについて“彼が契約を延長すれば、それは素晴らしいね。もしそうでなかったら、新たな監督候補を考えなければならないね。そうなったとしても世界が終わってしまう事はないだろうし。”と語っている。


すでに何週間もグアルディオラのマンチェスター・シティ行きの噂が絶えない。それによるとこのスペイン人はシティと今シーズン後の移籍で合意しているようだ。ペップはヴォルフスブルクとのスーパーカップの前にその噂を否定している。“僕は他のチームからまだオファーをもらっていないよ。”

20150805050252ab2.jpg



クロップのバイエルン行きはあるだろうか?ヴァツケにとっては全然問題ないようだ。“バイエルンに行けばそんなに大きな間違いは犯さないだろうね。いずれにせよ優勝するわけだから。それによって我々の友情が悪くなることはないよ。”


クロップがバイエルンに行く可能性は残っている。そのためにはグアルディオラがミュンヘンでの契約を延長しないことが前提となる。なぜならバイエルンは契約を延長し、このスペイン人を何が何でも留めたいと思っているからだ。

続きを読む
[ 2015/08/05 06:04 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(15)

《ドイツの反応》ドルトムント、シャキリ獲得でクバ放出か!?【ビルト】とドイツ人の反応

本日、月曜日発売のビルトよりドルトムント関係の記事とその記事に寄せられたドイツ人の反応を紹介します。





BVB、このスイス人にお熱!


ドルトムントのシャキリ・プラン!

entry_img_504.jpg


誰か一人が去らなければならない。それによって新たな選手がやって来れるように。


ビルトの情報によると、ドルトムントの監督トーマス・トゥヘルはシェルダン・シャキリ(23/インテルミラノ)を熱望しているようだ。この元バイエルンのスイス代表は、BVBの移籍は十分考えられるようである。

獲得の条件はおおかた解決している。この中盤の選手は1500万ユーロの移籍金と、約350万ユーロの年俸だと見られている。


この取引がうまくいくために、BVBは特別な計画を用意しているようだ。ヤコブ・クバ・ブラシコフスキーがシャキリの為に場所を用意する事になるようだ。

20150803165535b12.jpg

トゥヘルはチームの戦力が過剰となることはしたくない。現在中盤では13人の選手がポジションを賭けて戦っている。そしてドルトムントはこのポーランド人(2007年より在籍、2018年まで契約)がもう一度トップフォームになるか疑いの目を持っている。最近の彼は怪我によって足を引っ張られ、昨シーズンはリーガで13試合に出場するに留まった。


シャキリが来るためにクバが去ることになるだろうか?


昨年冬にインテル・ミラノに移籍した元バイエルンスターは再びドイツに来たいと考えており、“目標は再びブンデスリーガでプレーすることだ。”と語っている。


最近ではシャルケが彼をユベントス移籍が噂されているユリアン・ドラクスラーの後釜として候補にあげていた。イタリア(ユベントス)はドラクスラーの為に2000万ユーロのオファーを出したが、それはシャルケには少なすぎたようだ。


それによってこのドラクスラーの移籍話は現在の所、鳴りを潜めている。だからシャキリを獲得する金もない。よりによってライバルであるドルトムントがこのスイス人を獲得するためにこの機会を得ることになってしまった。そしてそのためにクバが去らなくてはならない・・・・。


続きを読む
[ 2015/08/03 17:40 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(29)

《ドイツの反応》EL予選、香川は“3”の評価!ドイツ紙の採点と寸評まとめ

昨日行われましたヨーロッパリーグ予選、各紙の採点と寸評をいくつかまとめました。





【西ドイツアルゲマイネ新聞】



ビュルキ 2.5


前半は38分のフリーキックの場面で少し不確かさを見せたが、他はほとんどやることがなかった。後半はやることが増え、65分のザイドルのフリーキックをしっかり止め、84分にはトリディナスのヘディングをしっかり弾いた。それ以外では彼が足でもボールをうまく扱えることを証明した。

201507311857018f2.jpg

ピスチェク 3


右サイドではとても積極的にプレーに参加し、多くのクロスをあげた。しかしその多くは危険なものではなかった。それは彼がサイドと中央の中間あたりの位置からクロスをあげていたせいでもある。一番良いクロスはオバメヤンが外してしまった。守備では何もさせなかったが、後半はその確かさが失われてしまった。


ソクラティス 5


このギリシア人の前半はだいだいにおいて手堅い出来で一対一でも負けることはなかった。しかしその後そうした印象は変わってしまった。彼のつまづきから、ツィンデルは大きなチャンスを獲得し(70)、その後2度もコーナーキックからのトリディナのヘディングを防ぐことができなかった(71.84)。そしてピスチェクとビュルキがライン上でボールをクリアしたことは彼にとっては幸運だった。それに彼のパスミスが、ヴァイグルの戦術的ファールにおけるイエローカードの原因となった。


フンメルス 3

前半はミスのないでき。このキャプテンは守備において力強く、組み立ても良かった。しかしヴォルフスベルガーが力を出してからそれは揺らいだ。61分には相手に押しやられ、70分にはペナルティーエリアの中で簡単にやられてしまった。そしてその2回ともツィンドルの大きなチャンスにつながってしまった。そして90分にはボールを失い、それは戦術的なファールで止めるしかなかく、イエローカードをもらうことになってしまった。


シュメルツァー 3.5

右サイドのピスチェクのように積極的ではなかった。しかし攻撃において賢いポジショニングを見せ、守備では問題がなかった。


ヴァイグル 2.5

この19歳の本当に手堅く自信に満ちた公式戦デビュー。彼がソクラティスのパスミスから戦術的なファールでイエローをもらった時は、このギリシア人に自分がどう思っているかをはっきりと示していた。この確かな自信がいたるところで感じられた。守備においても、試合の組み立てにおいても賢いポジショニングをし、ボールを確かに捌いた。そして喜ぶべきことに、ボールを確かに扱うという選択をせず、縦にボールを運んだ。


ギュンドガン 3


この代表選手の序盤は圧倒的だった。ほとんどの攻撃にかかわり、相手の多くのボールをカットした。昔の力だ少し戻ったようだ。しかし後半は明らかに目立たなくなってしまった。


ホーフマン 3.5

このカムバックを果たした選手のスタメンには驚いた。そしてミキタリアンの横パスに対して、無人のゴールへシュートを決めた。よく走り頑張っていたが、いつも試合に関わっていたわけではない。そしてちょっとミスが多すぎた。


ロイス 4

多くの状況で彼の力の片鱗を見せ、力強いパスをだした。先制点の場面で彼がボールに行かなかったのは良かった。でなかったらオフサイドになっていただろう。しかしチームメートと同様に彼も後半は目に見えてパフォーマンスが低下した。


ミキタリアン 2.5


前半では彼がドルトムントのベストの選手。攻撃の要となっていた。そして彼が先制点のアシストをしたのは、当然の結果であった。それに加えて多くのチャンスを力強く演出し、71分には相手の同点ゴールをライン上でクリアした。


オバメヤン 

16分には正確なパスをミキタリアンに送った。これが彼のベストのシーンとなった。何度かヘディングのチャンスもあったが(2.15.56.)、それをものにすることはできなかった。彼の最大のチャンスは一人でゴールキーパーの方へと走った77分に訪れたが、できなかった。


香川真司 採点なし

ホーフマンと交代で出場したが、もはや決定的な働きをすることはできなかった。


カストロ 採点なし

ヴァイグルに代わって出場。しかし目立つことはなかった。


カンプル 採点なし

ロイスと交代

2015073118565562d.jpg
続きを読む
[ 2015/07/31 19:04 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(22)

《ドイツの反応》ドルトムント初戦を白星で飾る!!香川は途中出場!ファンの反応

ヨーロッパリーグの予選でドルトムントのシーズンがいよいよ開幕しましたが、ヴォルフスベルクを相手に1:0で勝利しました!ドルトムントファンの反応をファン掲示板より紹介します。

20150731062610417.jpg





スタメン

ビュルキ、ピスチェク、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー、ヴァイグル、ギュンドガン、ホーフマン、ロイス、ミキタリアン、オバメヤン


ベンチ

ヴァイデンフェラー、ベンダー、香川、カストロ、ギンター、シュテンツェル、カンプル


【試合前】

・素晴らしい先発メンバーだ。何よりもホーフマンとヴァイグルという若きスターがいることが嬉しいね。この二人の事は信用している。


・この先発は本当に良いね!


・ドゥツィアークがベンチにもいない事は少し驚きだ。


・ヴァイデンフェラーがどういう説明をうけたのか興味深い。


・ベンチのメンバーも素晴らしいね。


・クーバはいったいどうしたんだ?トレーニングはすでに開始しているよね。彼が再び定期的にトレーニングできると良いんだけど。


・カンプルは内心嫌気がさしているだろう。


・これは驚きだね。香川の方が明らかに良いのに。でもまあいいさ。


・ビュルキ以外は特に驚きではないよ。ホーフマンがスタメンなのは良いね。


・ヴァイグルには驚いていないよ。特に予想もしていなかったけどね。ホーフマンも準備は良かったしな。


・ホーフマンは準備トレーニングはいつも良かったよ。


・ヴァイグルはこれまでにとてもよい印象を与えてくれている。だから驚きではないね。それに対してホーフマンは驚きだね。香川を予想していたよ。彼もとても良い準備をしていたからね。


・↑シンジはボーフム戦ではまったく目立っていなかった。今日の試合はボーフム戦を見ての決断じゃないかと思うね。


・僕もホーフマンではなくて香川を予想していたよ。


・↑サイドの枠は一人だけだ。右サイドならシンジよりもホーフマンの方が良いだろう。


・↑僕は彼は香川と比べて遅すぎると思うね。まあ見てみよう。


・おそらくユーベ戦の前半のような感じになるだろうな。ヴァイグルが一人で6番をやって、ロイスはおそらくシャドーストライカーよりだろう。香川もどうプレーするか見てみたいね。


【前半~ハーフタイム中】


・ヴォルフスベルガーは体を張っているね。ロイスがボールを持つ度に不安になるよ!


・1:0でリードだ。アウェーゴールはもらったね。


・ヴォルフスベルクからは何もおこらないな。


・追加点を取らなければならない。


・ヴァイグルは今の所良いね。パスも良いし一対一にも強いよ。


・ソクラティスのパスミスが目立つな。


・お願いだから追加点を取るんだ!!何度か良いチャンスがあったが、まだ点が取れない。今の所気に入っているのはヴァイグルと、ミキだ。ホフマンは時々時間をかけすぎるね。


・今の所いい感じだね。


・今日はギュンドガンも良いね。昨シーズンよりも明らかに動きにキレがある。


・今日はミキにやる気があるように見えるが気のせいだろうか?


・↑彼は緊張しすぎてパスしたいのかシュートしたいのか分からないみたいだった。だけど今の所良いよ。


・僕らの得点は本当にオフサイドじゃなかったの?でも1:0だからどうでも良いけど。


・↑正直に言って規則がクソなんだ。ボールはオフサイドポジションにいたロイスに出されたものだったし、ホーフマンもオフサイドポジションにいたのでディフェンダーに対してすでに有利だった。


・↑もし相手がそうやって得点したら、絶対にオフサイドといっただろうね。


・↑ロイスがキーパーの視界を妨げていたらオフサイドだった。

続きを読む
[ 2015/07/31 06:35 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(16)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。