ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対バイエルン!ドルトムント・キーパー、ビュルキの出場は微妙か?《ドイツの反応》

【ビルト】

burki4.jpg


当日に判断

BVB、ビュルキの出場は微妙か?


チャンピオンズリーグのアトレティコ戦での敗戦の影響は思っていたよりも大きいようだ・・・。


ロマン・ビュルキのバイエルン戦での出場が疑問視されているのだ。


その原因:火曜日のアトレティコ戦で、BVBのキーパーはアトレティコの二コラ・カリニチとぶつかった。それによって太ももに打撃を受けて、大きな痣が出来ているようだ。彼は木曜日にはトレーニングすることができない状態だった。

続きを読む
[ 2018/11/10 18:48 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(2)

ドルトムントのキャプテン、マルコ・ロイス!ドルトムントの将来について語る!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

reus20.jpg


ドルトムントのキャプテン、マルコ・ロイス!BVBの将来をこのように考えている!

ボルシア・ドルトムントのキャプテンが、彼の今の状態、ルシアン・ファヴレ監督、BVBの将来について語っている。

彼はキャプテンであり、チームメートを奮い立たせることができるチームの希望でもある。それは火曜日にアトレティコ・マドリッドに0:2で敗れた後でも変わらない。
続きを読む
[ 2018/11/08 13:36 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(4)

ドルトムントのイサーク!冬にもスペイン移籍か?ロナルドの下へ?!《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】

alexander-isak-bvb-600.jpg

BVB:イサーク!冬に移籍か?



アレクサンダー・イサークは現在地方リーグでプレーすることを余儀なくされている。プロチームでの出場時間は見込めない。ロナルドのクラブが冬の移籍市場での彼の獲得に興味を持っている。


“Gol Digital”が報じたところによると、レアル・ヴァジャドリードがアレクサンダー・イサークの獲得に興味を示しているとのことである。9月からブラジル人のロナルドがこのクラブのプレジデントに就任したが、イサークの状況をしっかりと観察しているようだ。彼らは冬に彼の獲得を目指しているようである。
続きを読む
[ 2018/11/06 21:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(7)

ドルトムント!サンチョ!「マルコ・ロイスは僕のアイドル!」《ドイツの反応》

【ドルトムント24】

reus4.jpg

サンチョ!“マルコ・ロイスは僕のアイドル”

かつてはマルコ・ロイスもドルトムントの若きスターだった。しかし今ではこの攻撃的な選手もリーダーに成長している。そしてBVBの至宝ジェイドン・サンチョにとってはロイスはアイドルだ。


“僕はマルコ・ロイスをよく見ているよ。彼は素晴らしい選手だからね。”とサンチョはヴォルフスブルク戦後に“ドイチェ・ヴェッレ”紙において語っている。

続きを読む
[ 2018/11/06 19:30 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(6)

ドルトムント対ウニオン・ベルリン!香川ドイツ紙寸評と採点②キッカーその他《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

bvb22.jpg


ヒッツ 2
ハキミ 3
ザガドゥ― 3
トプラク 4
ダフード 2
ヴァイグル 3
プリシチ 2
香川 3

香川真司も、ここ最近BVBの中で静かになってしまった選手の一人だ。この素早い日本人は、その力を証明するチャンスを得たが、ここ最近実戦経験が欠けていることがはっきりと見られた。相手を混乱させるターンなど、彼の長所があまり発揮されなかった。しかしその代わりに1:0の場面ではヘディングシュートでゴールに関与し、この成功のおかげでその後のプレーもよくなっている。

ヴォルフ 5
フィリップ 3
ゲレイロ 3
ロイス 3
ヴィッツェル 3
サンチョ 2
続きを読む
[ 2018/11/01 19:30 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(9)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。