ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!アーセナルからサンチェスを獲得か?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト


バイエルン!サンチェスの獲得を熱望!


キッカーの報道によるとイングランド代表のカイル・ウォーカーにも興味を抱いているようだ。



entry_img_1627.jpg
引用元:Bild


ブンデスリーガにおいて二つのセンセーショナルな移籍が実現するだろうか?


すでにキッカーが伝えているように、FCバイエルンはアーセナルのフォワード、アレクシス・サンチェスとトッテナムの右サイドバック、カイル・ウォーカーの獲得を狙っている。
続きを読む
[ 2017/04/24 18:25 ] バイエルン | TB(-) | CM(2)

バイエルン選手!レアル戦後に審判控室を直撃し警察に連れ出される?《ドイツの反応》




ビルト



スペイン紙が伝えた


バイエルンの選手が審判控室から警察に連れ出される?




entry_img_1618.jpg
引用元:Bild


バイエルンはまるで詐欺にあったかのように感じている。

準々決勝でレアル・マドリッドに敗れたバイエルンだが、その話題となったのは審判だった。ヴィクトル・カッサイは3つの誤審を犯し(オフサイド2回、ヴィダルの退場)、バイエルンの敗退に加担したのだ。2011年の決勝でも笛を吹いたこの審判に対するビルトの採点は5だ。
続きを読む
[ 2017/04/19 18:10 ] バイエルン | TB(-) | CM(22)

ドイツご意見番マテウス!2017年を予想!「BVBはCLで輝く!」「アンチェロッティの下でミュラーにはポジションがない!」コラム①《ドイツの反応》




スポーツ・ビルト



アンチェロッティのシステムにはミュラーのポジションはない!



entry_img_1422.jpg
引用元:スポーツビルト



▶FCバイエルンが優勝、RBライプツィヒはCLへ!

FCバイエルンは、前半戦の終盤でチームにどのような力が隠されているかを示した。彼らを遮るものは彼らだけだ。彼らはリーガで優勝するだろう。だけどライプツィヒも順位を大きく落とすことはないだろう。なぜならドルトムント、シャルケ、レヴァークーゼンなど、本来この昇格チームよりも強い選手を擁するチームはすでに大きくポイント差をあけられているからだ。だからRBはチャンピオンズリーグ入りを果たすだろうね。
続きを読む
[ 2017/01/05 18:06 ] バイエルン | TB(-) | CM(15)

【いよいよBVB対バイエルン!】ボアテン「オバよりレヴァンドフスキーの方が優れている!」《ドイツの反応》



ビルト



ボルシア・ドルトムント対バイエルン・ミュンヘン直前!



ボアテン“レヴァンドフスキーの方がオバよりも優れている!”


entry_img_1340.jpg
引用元:Bild

“もちろんこの試合は一年の中でもハイライトの一つだね!”


バイエルンのワールドカップ優勝者である、ジェロム・ボアテンは土曜日の頂上決戦を楽しみにしている。ボルシア・ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンを迎えるのだ。試合開始は18時30分。
続きを読む
[ 2016/11/18 06:00 ] バイエルン | TB(-) | CM(12)

バイエルンはここ数年なかったくらい弱くなっている!ドイツ紙がその弱点を分析!《ドイツの反応》


【ビルト】



ビルトが弱点を分析!


バイエルンはここ数年なかったぐらい弱くなっている!
(直訳:倒すことが可能になっている。)



2016110806345285d.jpg
引用元:Bild



ホッフェンハイムと1:1、自分たちでは1点も入れることができず、相手よりも7キロも少ないそう今日距離。バイエルンは2:2に終わった3週間前のフランクフルト戦に続いて、またしてもふがいないパフォーマンスを見せた。



ビルトがその理由を分析する!
続きを読む
[ 2016/11/08 17:52 ] バイエルン | TB(-) | CM(7)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。