ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンがドルトムントを恐れなければならない9つの理由!《ドイツの反応》



【ビルト】


ドルトムント19得点1失点

バイエルンがBVBを恐れなければならない9つの理由



entry_img_1856.jpg



BVBファンは、まるで雲にのってゆられているかのようだ!バイエルンに対して3ポイント差。さらに19ゴール1失点。優勝コースだ。


ボルシア・ドルトムントが、6試合を終えてこんなに良かった事はかつてない。



ペーター・ボシュ監督も6:1でグラートバッハに勝利した後、誇らしげに、“観客にとってもセンセーショナルだったろうけど、僕にとってもそうだったよ。”と語った。

そしてBVBセンセーショナルがバイエルンを不安にする。バイエルンは金曜日にヴォルフスブルクと対戦して2:2とポイントを落としたのだ。そして3位まで順位を下げている。



バイエルンが、ノイアー離脱という問題を抱える中、ドルトムントは順調だ。

ビルトがバイエルンがBVBを恐れなければならない理由を9つあげる。
続きを読む
[ 2017/09/25 06:05 ] バイエルン | TB(-) | CM(0)

レヴァンドフスキー!バイエルン批判で、自身も批判される結果に!《ドイツの反応》




ビルト】

エッフェンベルク!“バイエルンは、レヴァンドフスキーのようなスターとは別れるべき!!”

批判をしたら、やり返された!



entry_img_1830.jpg


バイエルンのスター、ロベルト・レヴァンドフスキーはシュピーゲル紙において、自分の意見を語り、それが大きな騒動となっている。


その中でこのストライカーは 、バイエルン・ミュンヘンとその移籍政策を批判している。レヴァンドフスキーによると、バイエルンは、4000万ユーロのお買い得な選手ばかりを補強するのではなく、もっとトップスターに投資すべきだというのだ。
続きを読む
[ 2017/09/10 18:40 ] バイエルン | TB(-) | CM(16)

「悪いのはデンベレーだ!」バイエルン会長もデンベレー批判し、BVBには賛辞!《ドイツの反応》




ビルト

悪いのはBVBスターの方だ!

へネス、デンベレーを批判



entry_img_1781.jpg


ウスマン・デンベレーはトレーニングをボイコットしていらい制裁措置を受けている。そして今度は最も高い所から批判を聞くことになった。


バイエルン会長ウリ・ヘーネスはスカイの番組に出演し、BVBのスターを批判している。“悪いのは選手の方だね。トレーニングに来なかった責任は、選手個人のものだよ。代理人に責任を押し付けることはできないね。彼は自立した一人の人間なんだから。”
続きを読む
[ 2017/08/14 06:04 ] バイエルン | TB(-) | CM(13)

バイエルン!再びドルトムント弱体化を狙う?香川発見スカウト部長獲得に動く!《ドイツの反応》




南ドイツ新聞】

バイエルン、再びドルトムントを弱らせるつもり


entry_img_1770.jpg


スヴェン・ミスリンタートをサッカー界でもっとも興味深い男として機関は、ブロンドと茶色がかった眉毛の下についている。ミスリンタートはその目で最初にレヴァンドフスキー、オバメヤン、そして香川真司の才能を見極めたのだ。そしてその選手をすべてボルシア・ドルトムントで獲得した。それ以来、ミスリンタートの目はダイヤモンドの目と呼ばれている。
続きを読む
[ 2017/08/08 07:33 ] バイエルン | TB(-) | CM(15)

マテウス「バイエルンはまたBVBで密猟するだろう!」ドイツ紙《ドイツの反応》





スポーツ・ビルト



バイエルンはまたBVBで密猟するだろう!


entry_img_1647.jpg
引用元:Sport Bild


スポーツビルトのコラムニスト、ローター・マテウスは、バイエルンが再びドルトムントの若手を狙ってくる可能性を否定しない。
続きを読む
[ 2017/05/05 06:00 ] バイエルン | TB(-) | CM(20)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。