ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新監督ファヴレ!マルコ・ロイスを大絶賛!《ドイツの反応》

【レヴィーア・スポーツ】

reus.jpg


ファヴレ!ロイスを大絶賛!!



ルシアン・ファヴレとマルコ・ロイスの関係は決して普通ではない。当時グラートバッハでプレーしていた若きロイスはファヴレの下でブレイクしたのだ。2012年にはロイスがBVBに移籍したために、二人の進む道は別なものとなっていた。そしてそれから6年の年月が経ち、ファヴレもBVBにやってきたのだ。


“私はマルコを良く知っている。”とファヴレは熱く語る。“彼は非常に賢く、違いを出せる選手だ。彼はサッカーを非常に良く理解しており、動きを予測する事もできる。これが彼のクオリティーだ。”と絶賛した。

続きを読む
[ 2018/08/19 09:30 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(6)

マルコ・ロイス!チームメートゲッツェのドイツ代表復帰に賛成!《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】

reus 2

マルコ・ロイス!マリオ・ゲッツェの代表復帰に賛成!


マルコ・ロイスはマリオ・ゲッツェが代表に戻って来ると思っている。次のドイツ代表選では理想的な構成を望んでいる。


“マリオは準備トレーニングで説得力のある印象を残している。彼はすでに準備トレーニングが始まる前からトレーニングに励んでいた。長い休暇は彼に良い影響を与えたみたいだ。”とロイスは語った。ゲッツェはロシア・ワールドカップのメンバーに選ばれることはなかった。ロイスは長い負傷を経てドイツ代表に選ばれたが、ワールドカップではグループリーグで敗退している。

続きを読む
[ 2018/08/14 21:10 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(39)

ドルトムントキャプテン・ロイス!ヴィッツェル、ディレイニー、サンチョについて発言!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

reus.jpg


ドルトムントキャプテン・ロイス!ヴィッツェル、ディレイニー、サンチョについて発言!


ボルシア・ドルトムントは新シーズンマルコ・ロイスというリーダーとともに改革を起し、昔の強さを取り戻したいと考えている。8月20日のグロイター・フュルトとのポカールを前にこのキャプテンはチームメートについて語った。


まずブレーメンから2000万ユーロで獲得したトーマス・ディレイニーに関しては、“トーマスは素晴らしいタイプの選手だね。ここ数シーズン僕たちがフィールド上で欲しいと思っていた選手だ。”とロイスはキッカーのインタビューで語っている。“僕たちは彼がいなくても泥臭い試合をしていたけど、もっといやらしい試合では彼のようなタイプが必要だね。必要とあれば、彼は間に入って言って試合流れを別な方向に帰る事が出来る。トーマスはチームにとって非常に重要な存在となるだろう。”と続けた。


続きを読む
[ 2018/08/14 06:00 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(1)

BVBスター、マルコ・ロイス!「ファヴレはこれまでで最高の監督!」《ドイツの反応》


【ゴール】



BVBスター、マルコ・ロイス!

“これまでの監督の中で最高の監督!”


マルコ・ロイスはこれまでにも何人もの偉大な監督と仕事をしてきた。その中で最も良い印象を抱いた相手がルシアン・ファヴレのようだ。

マルコ・ロイスはBVBの新監督、ルシアン・ファヴレを称えている。そしてこのスイス人監督が彼のキャリアの中で最高の監督と絶賛している。

続きを読む
[ 2018/08/02 09:55 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(5)

マルコ・ロイス!ドルトムントの放出について「クラブの雰囲気を不穏なものにしてしまう。」《ドイツの反応》



スポーツビルト】




ロイス!BVB放出について!


クラブの雰囲気を不穏なものにしてしまう!



entry_img_2444.jpeg


ここ数年、ドルトムントの変動は大きなものだった。選手にとっても監督にとっても。マルコ・ロイスはそれに対しては批判的な見方をしている。それでも彼はドルトムントに残留することを決めた。彼はESPNに対してどうしてそうしたのか語っている。

続きを読む
[ 2018/07/24 21:00 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(22)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。