ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!得点後にボシュ監督を挑発するジェスチャー!BVBの問題が浮き彫りに!《ドイツの反応》



フォーカス】


オバメヤンのボシュ監督に対するジェスチャーはまるで子供。しかしBVBの大きな問題を表している。


entry_img_1958.jpeg



ピエール・エメリック・オバメヤンは非常に計算高い。彼の頭の中には、全ての観客が注目する中で、監督を挑発するという行動以外思い浮かばなかった。オバメヤンの行動は非常に子供っぽい。しかしサッカーファンたちは、すでにそれを十分に知ってもいる。しかしこのオバメヤンのジェスチャーは、それよりもbvbの問題を浮き彫りにしている。


ボルシア・ドルトムントとオバメヤン。これらは一度たりとも本物の愛である事はなかった。これはお互いに目的が一致しただけの毛婚だったのだ。ドルトムントは、この変わった詩とライカーにある程度の権利を与え、時にはバカ騒ぎをする自由も与えた。そしてオバメヤンはそれにゴールで答えていた。すべてOKだ。


オバメヤンがゴールできなくなるまでは。
続きを読む
[ 2017/11/23 15:13 ] オバメヤン | TB(-) | CM(1)

オバメヤン懲罰!クラブ敷地内で宣伝用の動画を撮影したのが原因!《ドイツの反応》




ビルト】

オバメヤン懲罰!宣伝用動画撮影が原因か!



オバメヤン騒動!



entry_img_1951.jpeg


ビルトはオバメヤンがベンチ外となった理由を知っている。


オバメヤンは、すでにここ7日間で3度ほど遅刻をしていたようだ。そのハイライトは木曜日で、彼は35分間もトレーニングに遅刻してきたのだ。


しかしこのベンチ外の理由はなんと遅刻だけではなかったのだ。
続きを読む
[ 2017/11/18 21:10 ] オバメヤン | TB(-) | CM(10)

BVBオバメヤン!規律を守らず、次節メンバーから外される!《ドイツの反応》



ビルト】


オバメヤン!

トレーニングに遅刻しすぎたか?



entry_img_1949.jpeg



オバメヤン騒動!

BVBスターのピエール・エメリック・オバメヤンが、明日金曜20:30から行われるシュトゥットガルト戦のメンバーから外される事となった。すでにクラブが木曜の夜に発表している。ボルシアはその原因として規律を守らなかった事をあげている。

続きを読む
[ 2017/11/17 07:00 ] オバメヤン | TB(-) | CM(10)

ドイツ紙「オバメヤンのプレーはすべての地方リーグのストライカーに対する侮辱!」《ドイツの反応》




ビルト】


オバメヤンのプレーはすべての地方リーグのストライカーに対する侮辱!


entry_img_1932.jpeg


少なくとも、バイエルン戦に負けたことによって、ここ最近のドルトムントの不調はボスのシステムだけが原因ではないと分かっただろう。BVBのほぼすべての選手が不調だ。

例えばトプラクやトルヤンはアップアップで、さらにヴァイグルやカストロは不安定。そして香川やヤルモレンコは変化がない。

さらにこれに加えてピエール・エメリック・オバメヤンの職場放棄だ!そしてこれがドルトムントの危機の最大の原因だ。
続きを読む
[ 2017/11/05 19:27 ] オバメヤン | TB(-) | CM(25)

BVBオバメヤン負傷!ポカールは欠場!!《ドイツの反応》




【ビルト】

筋肉に問題!
オバメヤン、ポカールは欠場



entry_img_1908.jpeg


ドルトムントの勝利は、オバメヤンにかかっている!

その証拠に、オバメヤンがゴールをしなかった試合で勝ったのは、ここ1年半でたった4試合しかないのだ。それだけに明日のポカール対マグデブルク戦で彼が出場しないのは痛手となる。
続きを読む
[ 2017/10/24 07:10 ] オバメヤン | TB(-) | CM(19)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。