ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「内田が予想に反してドイツ語で初インタビュー!どうやら負傷期間を有効活用したようだ!」内田特集記事《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ



負傷期間を有効活用。シャルケの内田がサプライズ!



entry_img_1439.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ


この小さな男について、どんな言葉よりも良く表している場面があった。それはいまから数週間前の12月、ヨーロッパリーグでのザルツブルク戦でのことだ。


内田篤人は控室の隅で、涙にぬれた目で立っていた。この日本人は感情の高ぶりから涙を見せたのだ。なぜなら彼は6分間プレーする事が出来たから。フィールド上での6分間。21か月の後で。

続きを読む
[ 2017/01/14 06:00 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(25)

内田復帰でドイツ紙「日本のベッカム!内田!!シャルケでフィーバー!」特集!《ドイツの反応》



【ゴール】12月8日

日本のデイヴィット・ベッカム、シャルケでフィーバー



entry_img_1381.jpg
引用元:ゴール

このシャルケの選手は日本ではティーン・エイジャーの熱狂の的となっており、非常に人気がある。ようやく彼の状態はフィットとなり、彼の20か月にわたる苦難の時期も終わろうとしている。
続きを読む
[ 2016/12/09 21:33 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(17)

シャルケ内田‼検査結果はとりあえず良好!しかし引退の危機を脱出したわけではない!ドイツ紙《ドイツの反応》




キッカー




シャルケ:引退の危機を脱出したわけではない!



検査の結果は良好!内田、負荷を増やす事が可能に!



entry_img_1258.jpeg


とりあえず、良いニュース:火曜日に行われた内田篤人の検査結果は喜ばしいものとなった。シャルケの右サイドバックは、今後負荷を増やすことが可能となった。あまり良くないニュース:この検査結果が自動的に引退の危機から脱出したことを意味するわけではない。
続きを読む
[ 2016/10/05 06:07 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(11)

シャルケ内田「カムバックをめぐる戦い」独紙最新ニュース!!《ドイツの反応》

昨日のキッカーのニュースに久々に内田選手の近況が取り上げられましたので紹介します。





膝の手術後、集中的なリハビリ


復帰は未定:ウッシー、カムバックをめぐる戦い!


entry_img_649.jpegキッカーより引用


彼の後継者は分担労働のような事をしているが、今のところその役割を順調にこなしている。そうこうする間、内田篤人はカムバックに向けて戦っている。しかし彼はカムバックの時期をまだ語りたがらない。
続きを読む
[ 2015/10/13 18:09 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(13)

《ドイツの反応》内田 シャルケでリハビリへ!!【ルーア・ナッハリヒテン】

短い記事ですが、久々の内田選手の記事になりますので紹介します。先ほど8月11日の午後1時頃、内田選手の新たなニュースが地元紙であるルーア・ナッハリヒテンのオンライン版で更新されました。




entry_img_522.jpg

午前中にトレーニング


内田がリハビリのためにシャルケに!!


ゲルゼンキルヒェン:シャルケでは火曜日の午前中に、リハビリのプログラムが組まれていた。(注:原文ではKrafteinheit:機械を使った筋トレの一種だと思いますが、詳しいトレーニング内容まではわかりませんでしたので、とりあえずリハビリと訳しました。)それには再びフェリペ・サンタナが参加した。この29才のブラジル人はふくらはぎの負傷から回復し、日曜日から再びトレーニングに参加している。そしてもう一人のシャルカーがまもなくゲルゼンキルヒェンで頻繁に姿をみせるようになるだろう。
続きを読む
[ 2015/08/11 21:11 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(3)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。