ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ハノーファー酒井 独紙ビルトが「酒井にベイビー休暇」と報道

本日発売のビルトにハノーファーの酒井選手に関する記事が出ましたので、早速紹介したいと思います。





ハノーファー96は酒井宏樹なしでべレクへ出発


酒井にベイビー休暇

20150112200530085.jpg


トレーニングキャンプではなくベイビー・・・。


昨日の夜ハノーファーのチームが、チームで最初のトレーニングを終えた時、酒井宏樹は日本への飛行機の中にいた。この右サイドバックはもうすぐ子どもが生まれる奥さんの所へ急いだのだ。


酒井にベイビー休暇!


マネージャー、ディルク・ドゥフナー:彼はとても神経質になってるね。我々が彼に特別休暇を上げたのは当然の事だよ。


子どもが産まれたら酒井はすぐにトルコに向かわなければならない。


ドゥフナー:我々は彼が遅くとも16日には我々に合流するだろうと見ている。


そうなると金曜日になるだろう・・。


ハノーファーの選手たちは昨日たった23人で飛び立った。右サイドバックなしでトルコへ。タイフーン・コルクート監督は、ここ数日間何か別なアイデアを考えださなければならないだろう。水曜日に行われるイスタンブールとのテストに酒井が間に合わないことは確実だろう。


代わりの可能性:ミコ・アルボルノスが左サイドから右サイドに変わるかマリウス・スタンキェヴィッチが中盤からサイドに(ドルトムント戦のように)変わる可能性があるだろう。それにマウリス・ヒルシュ、ティム・ディールセン、そしてマニュエル・シュミーデバッハもすでに右サイドでプレーしている。


酒井のベイビー休暇はハノーファー96がいかに右サイドでバックアップを必要としているか再び明らかにする事となった。


ドゥフナー:“当然だ。我々はこのポジションを基本的に必要としている。”このマネージャーはパトリック・オックスとの噂を否定した。このヴォルフスブルクの選手はもう話題にはならない。


14時49分に43人の一行が(23人の選手と20人のスタッフが)到着した。それには新たにチームドクターのフェリックス・ヘッセルとファン対応係であるヨハネス・ザイデル、そして監督見習いのヤーナ・メンツェルも一緒だ。


そして夕方19時15分に最初のトレーニングとなった。ラース・シュティンドルなしで。このキャプテンは左足に問題を抱えている。

コルクート監督:“ラースは踵にちょっと痛みを感じていたんだ。危険は犯したくないからね。それよりは2,3日彼を外したほうがいいよ。”



選手たちの間では事故でなくなったヴォルフスブルクの同僚マランダの話題で持ちきりである。


ドゥフナー:“若者たちはみな驚いているよ。我々もだ。”

ハノーファーはこの素晴らしいタレントのローン移籍の可能性を考えていたのである。
続きを読む
[ 2015/01/12 20:25 ] 酒井 宏樹 | TB(-) | CM(4)

《ドイツの反応》酒井宏樹はどうなってしまうのか?

前回の試合で前半で交代させられる事になってしまった酒井宏樹選手ですが、地元紙で酒井選手に関する記事が出ましたので翻訳して紹介したいと思います。

短い記事ですが、日本の一部でものすごい誤訳が出回っていましたので、参考になればと思います。

記事はハノーファーの「ノイエ・プレス」という新聞のもので、ハノーファーを中心に毎日5万5千部を発行しているわりと小さな新聞のようです。




2014120419181882f.jpg


ハノーファー96:酒井はどうなるのか?

(訳注:酒井は何をもたらすのか、酒井から何が生まれるのかというニュアンス)


スタジアムにいた誰もがこのサインを理解することになった。96のトレーナー、タイフーン・コルクートが休憩後に酒井宏樹を交代させたのだ。この日本人は大怪我をしたわけではなかった。彼は単に悪いプレーをし、それにくわえてレッドカードになる危険性があったのだ。酒井の弱々しい右サイドに代わってミーコ・アルボルノツがプレーしたが、この左ききの選手は実際に右サイドで日本人よりも良いプレーをしてみせた。これは酒井にとっては痛い事である。


“確かに、彼が現時点で最強の時期にいないと言えるだろう。彼はもっとよくできるし、それは我々も知っている。”と96のボス、キントは語る。戦術面での失敗、危険なファウルで酒井は96に危険をもたらした。何よりも痛いのは、コルクートが本当に彼の控えとなる選手を持っていないことである。そしてそこはボスの事を少なからずいらいらさせている。


右サイドバックにおける移籍は上手く行っていない。“我々はこの一年のために一人の選手を獲得したんだ。”という事をキントは知っている。彼が言っているのは、33才になるマリウス・スタンキェヴィチウスの事で、彼がドルトムント戦で肉離れを起こしてしまった。この96のボスにとっては酒井のための“見通しのたつバック・アップ”が欠けているのだ。彼はウラジミール・ランコヴィッチの事を言っている。この元バイエルンの選手は現在アマチュアのチームでプレーしており、どちらかと言えば見通しが立っていない。

続きを読む
[ 2014/12/04 19:30 ] 酒井 宏樹 | TB(-) | CM(8)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。