ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハンブルガーキャプテン酒井が語る!!「もうすぐリーガ初勝利を確信している!」《ドイツの反応》




Sport.de】

酒井は“もうすぐ結び目がほどける”と確信!



entry_img_1365.jpg



ハンブルガーSVはブンデスリーガで唯一勝ち星がないチームだ。新キャプテン酒井高徳がこれまでのHSVの哀れなシーズンについて語っている。
続きを読む
[ 2016/11/30 18:58 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(3)

独紙「酒井がボスだ!!」酒井がハンブルガーのキャプテンに!!《ドイツの反応》



【ハンブルク・モルゲンポスト】




ハンブルガー・SV 酒井がボスに!



entry_img_1341.jpg


このような決断は誰も予想していなかった。
酒井高徳がHSVの新キャプテンになるのだ。彼がシーズン真っ最中にキャプテンマークをヨハン・ジュルーから引き継ぐことになった。このスイス人は新監督のマルクス・ギスドールによって力を奪われてしまった。このメッセージは明らかだ。:ハンブルクではすべての石ころをひっくり返さなければならない。降格を避けるために。

続きを読む
[ 2016/11/18 18:55 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(7)

ハンブルク酒井高徳!チームメートへの謝罪がドイツでも話題に!《ドイツの反応》

ハンブルクの酒井選手がチームメートに謝罪する発言をしましたが、キッカーやビルトなどのメディアに取り上げられていましたのでビルトの記事を紹介します。






【ビルト】3月14日


酒井、ディークマイアーに謝罪。

僕がプレーしたことは敬意が足りなかった。


entry_img_920.jpeg



このような言葉をブンデスリーガのプロ選手から聞くことは、そうはない・・・。
続きを読む
[ 2016/03/17 06:00 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(17)

酒井高徳、香川との対戦に燃える!!!ハンブルク地元紙報道《ドイツの反応》

久しぶりに酒井選手の記事を見つけましたので紹介します。スポーツ新聞、モルゲン・ポストのハンブルク版11月10日の記事になります。




HSVの日本人


酒井高徳が、ドルトムント香川との対戦に熱く燃えている!!

entry_img_713.jpeg


彼にとってもこれが呪いであるか、それとも祝福であるかはわからない所だ。彼は日本代表からの招待状を待っていたが、それも無駄に終わってしまった。


“僕らの監督がこう言いましたよ。HSVで試合に出ていないので難しい決断だった、って。”と彼は明かした。


しかしこうした状況も将来変わるかもしれない。 続きを読む
[ 2015/11/13 06:00 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(7)

《ドイツの反応》酒井高徳 ハンブルクに移籍か?ビルト記事

本日発売のビルトに、酒井高徳選手に関する記事がありましたので、紹介します。






ハンブルクがシュトゥットガルトのサイドバックを希望


ラッバディアがシュトゥットガルトの酒井を誘惑!


201506301710323ec.jpg


彼が最初の新加入になるだろうか?



ハンブルクがシュトゥットガルトのサイドバック酒井高徳の獲得に動いている。ブルーノ・ラッバディアはシュトゥットガルトの監督時代、酒井をドイツへと呼び寄せた。この日本代表選手はブルーノの下ではシュトゥットガルトで文句なしのレギュラーだった。


酒井は素早く、競り合いにも強く、両足が使えるプレーヤーと見られている。それに加えて、彼はデニス・ディークマイアー、そしてマティアス・オストロゾレクの代わりになることも出来るだろう。


この2014年のワールド・カップ出場者は、最近ではあまり頻繁に試合に出場してなかった。そして移籍を認められている。


酒井は、ドイツ人の母親と日本人の父親との間にニューヨークで生まれた。彼のシュトゥットガルトでの契約は2016年までとなっている。ハンブルクはもう数週間も前から彼の名前をリストに加えている。


続きを読む
[ 2015/06/30 17:31 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(7)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。