ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》デ・ブルイネ シティーから週給38万ユーロか!!【移籍情報】


本日のビルトよりヴォルフスブルクの移籍情報になります。





ケヴィン•デ•ブルイネが巨額の給料を受給!


デ•ブルイネをめぐるクレイジー

entry_img_559.jpg

イングランドが伝えた所によるとこの選手は週給38万ユーロもらうようだ。


このケヴィン•デ•ブルイネの移籍をめぐるポーカーはもうただ事ではない。


このベルギー人は最低でも8000万ユーロでイングランドのプレミアリーグ、マンチェスターシティーへとに移籍すると見られている。


マネージャーのクラウス•アロフスはそれどころか幾つかの成功オプションをくっつけようとして交渉しているようだ。国際大会に出場すればさらに1500万ユーロ、優勝すればさらに2000万ユーロなど…


信じられない数字だ。


しかしまだこれだけではない!

イングランドの新聞が伝えた所によると、このヴォルフスブルクのフォワードは一週間で27万ユーロ稼ぐことになるようだ。(デイリーメール)

他の新聞によると、さらにこのベルギー人の給料は高くなり、なんと週給38万ユーロになるようだ。こうなると年俸がなんと2000万ユーロ近くになる。成功オプション抜きでこの値段だ!
続きを読む
[ 2015/08/28 21:00 ] ヴォルフスブルク | TB(-) | CM(5)

《ドイツの反応》デ・ブルイネ、推定8000万ユーロでM・シティ移籍が決定!ドイツ人の反応

先ほどヴォルフスブルクのケヴィン・デ・ブルイネのマンチェスター・シティへの移籍が決まったと報道がありました。ビルト記事とドイツ人の反応を紹介します。





ヴォルフスブルク、移籍をめぐるポーカーも終了!


デ・ブルイネ、マンチェスター・シティへ!!


entry_img_553.jpg


ケヴィン・デ・ブルイネをめぐる移籍劇もようやくこれで決まった。


ヴォルフスブルクのスーパースターはビルトの情報によるとマンチェスター・シティに行くようだ。

両クラブは基本的に合意しており、後は移籍金を詰めるだけのようである。ヴォルフスブルクはおそらく8,000万ユーロを受け取ると見られている。この他にオプションがつけばこの金額はさらに高くなる事もありえる。


木曜日にもデ・ブルイネがヴォルフスブルクを去ることになっているようだ。これによってこのベルギー人は次のシャルケ戦のベンチに入ることはなくなった。

続きを読む
[ 2015/08/27 06:00 ] ヴォルフスブルク | TB(-) | CM(13)

《ドイツの反応》ドイツ代表シュルレがヴォルフスブルクに移籍!!【ビルト】

昨日はドイツ代表のシュルレがドルトムントの候補にも上がっているというビルトの記事を紹介しましたが、どうやらあっさりとヴァルフスブルクに決まったようですね。ドイツ時間の19時23分にアップされたビルトの記事なので、今から2時間ぐらい前です。昨日紹介した記事に関係していますので、取り上げたいと思います。






アンドレ・シュルレがヴォルフスブルクから2019年までのオファーを受ける。


シュルレ:ヴォルフスブルクへの移籍は完璧

20150130060952465.jpg


オリッチはハンブルク移籍目前



これはなんともすごい移籍だ。アンドレ・シュルレがFCチェルシ-からヴォルフスブルクへ移籍する。我らのワールドカップでの英雄がヴォルフスブルクで2019年までの契約書にサインしたのだ。移籍金:3000万ユーロ以上!


ヴォルフスブルクがシュルレを獲得!


代理人のインゴ・ハスペルと父のヨアヒムはヴォルフスブルクの地でVfLヴォルフスブルクと一日中交渉していた。ワールド・チャンピオンのシュルレは絶対にチェルシーから出たがっていた。なぜなら彼はモウリーニョの下では控えでしかなかったからだ。


結局決まった!1月の頭からヴォルフスブルクではシュルレの名前がちらほらしていたが、チームは交渉を否定していた。ヴォルフスブルクのマネージャーのクラウス・アロフスが水曜日に行われたビルトのインタビューで語ったように。


ビルト:アロフスさん、あなたはまず何を否認するつもりですか?シュルレがヴォルフスブルクに来ることですか?それともオリッチがハンブルクに行くことですか?


アロフス:それについてはまとめて否認することが出来るよ。これでこの話は終わりだね。
続きを読む
[ 2015/01/30 07:30 ] ヴォルフスブルク | TB(-) | CM(5)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。