ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ヴァイデンフェラー、スピード違反で法廷へ!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ズィーゲナー新聞】

BVBのキーパー、オービスにつかまる


entry_img_1378.jpg
写真引用元:BILD



BVBのキーパーは12月15日にズィーゲンの地方裁判所に出向かなければならなくなった。


彼は芝生の上では、素早い反応を見せるが、どうやら公道においてスピード違反で問題を抱えるようになったようだ。このゴール・キーパーはスピードを出し過ぎたようである。それによって12月15日の11時40分にズィーゲンの地方裁判所に出向くことになったようだ。

続きを読む
[ 2016/12/07 18:53 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(8)

ドルトムントのキーパー、ビュルキ!手を骨折し最低8週間の離脱!!ドイツ紙《ドイツの反応》



キッカー



ドルトムントの選手、要手術!ヴァイデンフェラーが戻って来る!


BVBキーパーのビュルキ、手を骨折


entry_img_1347.jpg
引用元:キッカー


土曜日の夜に行われた対バイエルン戦での勝利は甘いものであったが、ロマン・ビュルキの負傷は苦いものとなった。このキーパーは手を骨折し、手術しなければならなくなった。これによって再び大黒柱のロマン・ヴァイデンフェラーの出番となった。 続きを読む
[ 2016/11/21 21:19 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(10)

BVBヴァイデンフェラー、PK阻止のおかげで契約延長か?ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト


ヴァイデンフェラー


PKリストのおかげで新契約か?


最初にカンニング。そして対戦相手を大会から締め出す!



entry_img_1301.jpg
引用元:BILD


ドルトムントのゴール・キーパーであるロマン・ヴァイデンフェラーは4:1で勝利したウニオン・ベルリン戦で2つのPKを阻止した。折りたたまれたA4紙のおかげで。
続きを読む
[ 2016/10/28 17:58 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(4)

ヴァイデンフェラー契約延長へ!!ドイツ地元紙《ドイツの反応》

ドルトムント地元紙の西ドイツアルゲマイネ新聞からの情報になります。





【西ドイツアルゲマイネ新聞】


ヴァイデンフェラー

BVBキーパー、ロマン・ヴァイデンフェラーが契約延長へ!


entry_img_827.jpeg



ドルトムント:ボルシア・ドルトムントはキーパーであるロマン・ヴァイデンフェラーと契約を延長する方向のようである。ルーア・ナッハリヒテンによると、話し合いも合意間近のようである。
続きを読む
[ 2016/01/21 06:00 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(7)

《ドイツの反応》ドルトムント ヴァイデンフェラーに契約延長を提示か!!


本日のビルトよりドルトムント関連の記事になります。






BVBのマネージャー、ミヒャエル・ツォルクが希望を抱く!



ヴァイデンフェラーに契約延長を提示か!!


entry_img_554.jpg

13年間にも及んだドルトムントとロマン・ヴァイデンフェラーの関係は、この夏休みには分かれる寸前まで行った。そして今驚くべき転換期を迎える・・



BVBのマネージャー、ツォルクが希望をいだく!ヴァイデンフェラーに新たな契約を提示か?


ツォルクはヴァイデンフェラーが第2キーパーに格下げされたにも関わらず、ロマン・ビュルキの後ろでこれまでいかにプロフェッショナルであったかを褒め称えた。


“僕はロマンが完全にボルッセ(注:ボルシア人)だと言ってきた。彼の振る舞いは完全にお手本のようだよ。”


ビルトが得た情報によると、このクラブはヴァイデンフェラーに一年の契約延長を提示することを本気で考えているようだ。

続きを読む
[ 2015/08/27 13:56 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(5)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。