ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルン大迫2ゴール1アシストの活躍でドイツ紙の採点も1!寸評、記事まとめ《ドイツの反応》

大迫選手の寸評をまとめました


entry_img_1468.jpg
写真引用元:Bundesliga公式


ケルン・シュタットアンツァイガー



大迫勇也 1

この日本人は、決定力が足りない事がしばしば批判されていたが。今日のセンターフォワードのポジションでのヘディングシュートと、試合を一人で決定づけたシュートは彼にとっても良いものとなるだろう。サッカー面においてはいつものように力強かった。



その他選手 
ケスラー 2、オルコフスキー 3、ゼ―レンセン 2.5、マロー 3、ハインツ 3、ラウシュ 2.5、へ―ガー 1.5、ヘクトーア 1.5、クレメンス 3、ビッテンコート 2.5、モデスト 3、ルドネフス 1
続きを読む
[ 2017/01/29 06:10 ] 大迫 | TB(-) | CM(3)

ケルン大迫「まだ現状には満足していない!ドイツと日本の違いにも言及」ドイツ紙特集記事《ドイツの反応》




フスバール・ニュース】1月16日


大迫:ケルンのためにもっとゴールを!


entry_img_1445.jpg
引用元:フスバール・ニュース



ミュンヘン:大迫勇也は、膝に炎症を起こしたために、ここ最近ではブレーキがかかった状態だ。しかし今週にもチームトレーニングに合流するとみられている。キッカーのインタビューでこのケルンのストライカーは、再び前線に戻ってきたことや、後半戦での目標、そして日本やドイツのサッカーの違いについて語った。
続きを読む
[ 2017/01/17 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(6)

独紙「大迫!センセーショナルな70分間!」ドルトムントを抑えた大迫を称賛!寸評まとめ《ドイツの反応》




【エクスプレス】



元ケルンの選手であった長澤和樹が笑顔で控室から出てきた。彼も親友大迫勇也の活躍を誇らしげに見ている。


この日本人(大迫)は、何度も素晴らしい縦パスをスペースに通して何度も相手の脅威となっただけでなく、ドルトムントのシューティング・スター、ユリアン・ヴァイグルをほぼ完ぺきに封じ込めた。


entry_img_1389.jpg
引用元:エクスプレス 続きを読む
[ 2016/12/13 18:59 ] 大迫 | TB(-) | CM(13)

好調ケルン大迫をドイツ地元紙がまたしても特集!!《ドイツの反応》




【エクスプレス】


20161202055833ac8.png
引用元:エクスプレス


エクスプレス紙が大迫勇也に自分の長所を尋ねると、彼は考え込まなければならなかった。まるでその答えが恥ずかしいものであるかのように。彼のように控えめな日本人にとっては難しい質問だったのだろう。


しかしこの攻撃選手は何か答えを見つけたようだ。“僕のテクニックですね。”と、今シーズン開花したこの攻撃選手は答えた。彼はアントニー、モデストとともに2トップでプレーしており、そのデュオは文句なく機能している。
続きを読む
[ 2016/12/02 06:10 ] 大迫 | TB(-) | CM(10)

独紙「大迫、チームメートに復讐!みんなを食事に招待!」《ドイツの反応》




ケルナーシュタット アンツァイガー



FCケルン
大迫はチームメートに対してこのように復讐する!!



entry_img_1349.jpg




週末のダービーにおける勝利の記憶はまだ新鮮なものだが、FCケルンの選手たちは月曜日に次のアウグスブルク戦に向けて準備を始めた。午前中は土曜日に出場しなかった選手を中心とした小さなグループが、トレーニング場でパスなどの練習をこなした。

続きを読む
[ 2016/11/22 18:40 ] 大迫 | TB(-) | CM(16)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。