ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブレーメン大迫がフランクフルト戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる!《ドイツの反応》

【Ichliebefussballnews】

osako 2


ブレーメン大迫がフランクフルト戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる!


先週末に行われたブンデスリーガ第二節で、大迫勇也の所属するヴェルダー・ブレーメンが長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦し2:1で勝利したが、その試合で左サイドで先発し先制点を挙げた大迫勇也が、月曜発売のドイツ専門誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。
続きを読む
[ 2018/09/03 17:32 ] 大迫 | TB(-) | CM(1)

ブレーメン大迫!フランクフルト戦でゴール!ドイツ紙高評価‼《ドイツの反応》



ブレーメン大迫!フランクフルト戦でゴール!ドイツ紙高評価‼

【ichliebefussballnews】

osako6.jpg


今シーズンからヴェルダー・ブレーメンに移籍した大迫勇也はブンデスリーガ第2節で長谷部誠の所属するアイントラハト・フランクフルトと対戦した。試合は左サイドで先発出場した大迫が23分にゴールをあげ、ブレーメンが先制している。後半54分にはフランクフルトのハッラーがPKから同点ゴールを奪い、試合はそのまま引き分けで終わるかと思われたが、アディショナルタイム6分にラシカが勝ち越しゴールを決め、ブレーメンが勝利している。
続きを読む
[ 2018/09/02 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(7)

ドイツ紙!「ブレーメン大迫!ファンからカップ麺?をもらい大喜び!」《ドイツの反応》

【ビルト】

osako4.jpg


リーガ開幕を前にファンからの贈り物!


カップ麺が大迫を喜ばせる!


ハノーファーとのリーガ開幕を前に、日本人の大迫にヌードルの助けが!!


大迫は、火曜日にヴェルダーの日本人ファンから、カップ麺(Nudelsuppe)の贈り物をもらった。


“すごく嬉しかったですね。今はホテルに住んでいるから料理できないんですよ。”


続きを読む
[ 2018/08/23 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(15)

ブレーメン大迫!公式戦スタメンデビューで先制ゴール!!《ドイツの反応》

【ビルト】

osako3.jpg


ヴェルダー!ヴォルムスでゴールパーティー!


ヴェルダーのものすごく力強いシーズン開幕となった。


ブレーメンはポカール第1回戦、4部のヴォルマティア・ヴォルムスと対戦し6:1で勝利したのだ。


フロリアン・コーフェルトはミロート・ラシカの代わりに出場した大迫勇也以外は、最後のテストマッチとなったヴィジャレアルと同じメンバーをフィールドに送り出した。
続きを読む
[ 2018/08/19 17:07 ] 大迫 | TB(-) | CM(2)

ブレーメン大迫「人生の夢がかないました!」ドイツ紙インタビュー《ドイツの反応》

【ヴェザー・クリエール】


大迫インタビュー!夢がかなった!


osako 2


ヴェルダー新加入の大迫勇也がワールドカップ日本代表、そしてブレーメン移籍についてインタビューで語っている。またどのようにして人生の夢を叶えたかも語っている。


大迫さん。ワールドカップではコロンビア戦でゴールをあげましたが、その時の喜びよう関しては、アメリカの“Time”も報じたそうですね。その時の様子を聞かせてください。


これまでのキャリアでそれと比較できるような事は一度もありませんでした。ワールドカップでゴールをするという人生の夢がかなったんです。その瞬間に夢がかなったので、あんなに喜んだんです。


あなたの喜びが世界中の注目を集めた事には気が付いていましたか?


日本での反応は見ました。だれもコロンビアに勝利するとは思ってもいなかったので、日本でも大感動でしたね。でもそれを受けて世界で話題になったことは知りませんでした。

続きを読む
[ 2018/08/06 15:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(3)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。