ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元BVB監督トーマス・トゥヘル!PSGでもドルトムント同様争いに!!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

tuchel8.jpg


ドルトムント同様に:トーマス・トゥヘル!PSGでも争いに!


ボルシア・ドルトムントは2017年にトーマス・トゥヘルと別れた。監督とクラブ幹部の意見の食い違いがその理由として挙げられている。このパリSGの監督は、そこでも同じような運命が待っているだろうか?
続きを読む
[ 2018/09/22 09:30 ] トゥヘル | TB(-) | CM(10)

PSG監督トーマス・トゥヘル!「お手本はレアル・マドリッド!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

tuchel6.jpg



トゥヘル!お手本はレアル・マドリッド!

控室ではフランス語で!

トーマス・トゥヘル監督はチャンピオンズリーグ開幕を前に、PSGのお手本はレアル・マドリッドだと語った。
続きを読む
[ 2018/09/18 13:30 ] トゥヘル | TB(-) | CM(5)

パリSGトーマス・トゥヘル!ドラクスラーのゴールで5連勝!!《ドイツの反応》

【NTV】

Draxler2.jpg

ドラクスラー、トゥヘルの下で初ゴール


ドラクスラーがパリを勝利に導く!


パリSGはフランスリーグで優勝へ突き進んでいる。パリ・SGはエティエンヌと対戦したが、5連勝を達成した。それに大きく貢献したのがユリアン・ドラクスラーだ。


ドイツ代表のドラクスラーはパリSGで活躍し、チームを5連勝に導いた。ドラクスラーは4:0で勝利した対サンテティエンヌ戦で22分位先制ゴールをあげている。さらに49分にはカヴァーニがPKを決め、76分にディ・マリア、そして84分にムサ・ダヒアビーがゴールを決めている。
続きを読む
[ 2018/09/15 21:00 ] トゥヘル | TB(-) | CM(10)

ブッフォンかアレオラか?PSG監督トゥヘル!ナンバー1への明言を避ける。《ドイツの反応》

【Tオンライン】

thomas-tuchel-der-ehemalige-bvb-coach-trainiert-seit-diesem-sommer-paris-st-germain-.jpg


トゥヘル監督!ナンバー1キーパーの明言を避ける。


トーマス・トゥヘル監督はまだどちらのキーパーをレギュラーにするか決めていないようだ。


現在25歳になるアルフォンス・アレオラとイタリアのレジェンド、ジャン・ルイ―ジ・ブッフォンは両者とも“トップフォーム”にある、と彼は記者会見でフランス語で答えて居る。そして“もしかしたら、ナンバー1がいないという事に慣れなければならないかもしれない。”と続けた。
続きを読む
[ 2018/09/14 13:39 ] トゥヘル | TB(-) | CM(2)

トゥヘル!ブッフォンを控えに!補強には「100%満足はしていない。」《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト】

tuchel-thomas-600.jpg


ブッフォンが控えに!

トゥヘル、移籍には“100%は満足していない。”



PSGの監督トーマス・トゥヘルは“RMCスポーツ”のインタビューでこの夏の補強について語っている。満足しているかとの質問に対して、“正直に言って、100%満足とはいかないね。”と語っていた。


その主な原因は、守備的ミッドフィルダーを獲得できなかったことだ。“我々がティアゴ・モッタの代わりとなる6番を探していたことは公然の秘密だった。”とトゥヘルは説明する。モッタは36歳でキャリアを引退し、現在はU19で監督をしている。“PSGでは非常に大きなパーソナリティーを備えた才能のある6番が必要となる。しかし我々にはそれを連れてくることができなかった。結局時間切れとなってしまった。でも今のチームを完全に信頼しているし、今いる選手達との仕事を楽しみにしている。”とトゥヘルは続けた。
続きを読む
[ 2018/09/11 19:13 ] トゥヘル | TB(-) | CM(6)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。