ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!ドイツでロシア・ワールドカップについて語る!《ドイツの反応》

【ラッテンクロイツ】

hasebe.jpg


長谷部とサルセドがワールドカップの印象について語る。


アイントラハトのプロ選手、長谷部誠(日本)とカルロス・サルセド(メキシコ)はそれぞれの国の代表としてロシア・ワールドカップに出場し、それぞれ決勝トーナメント1回戦進出を果たした。両者にとってこれは非常に重要な経験となったようだ。彼らはフランクフルトに戻ってきたからそれぞれのワールドカップについて語った。


続きを読む
[ 2018/08/03 19:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(2)

フランクフルト長谷部!新監督の下でもリベロでプレー!!《ドイツの反応》



【ビルト】


hasebe.jpg

中盤ではなく、引き続きリベロ!



長谷部誠は両手にテーピングを巻いていた。その理由は、ウェイトトレーニングでマメが出来てしまったからだ。この日本人はシーズンがうまく行くようにトレーニングに励んでいる。


長谷部はエンポリに対して守備でも揺らいでいた。“20分後にはチームの統制が取れなくなってしまいました。組み立てでのミスも多かったです。でもまだ合流してから1週間ですし。多くの事が新しいですね。”


続きを読む
[ 2018/08/03 06:14 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(2)

ブンデス公式特集!「長谷部はまだまだ衰えていない!!!」《ドイツの反応》

【ブンデスリーガ公式ドイツ語版】


1168394_imgw968.jpg

フェアヘーヘ、ラフィニア、長谷部、ラファエル!!この大黒柱はまだまだ衰えていない!!


長谷部誠 フランクフルト 34歳



ニコ・コヴァチ監督にとって、長谷部誠は3バックにおいて欠かせない存在だった。元フランクフルトの監督はこのディフェンダーの素晴らしいプレーを何度も大絶賛している。長谷部は昨シーズン、フランクフルトがリーガ2位の守備を見せた事に大きく貢献している。フランクフルトは29試合の時点で33失点しかしていなかったが、これより少なかったのはバイエルンだけだ。しかし最後の5試合で12失点をしてしまったことで、この結果をダメにしてしまったが、その代わりフランクフルトはポカールを獲得している。また長谷部はその力を日本代表のキャプテンとして、ワールドカップでも証明してみせた。

続きを読む
[ 2018/07/29 21:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(6)

長谷部!フランクフルトで契約延長へ!《ドイツの反応》




ビルト】


長谷部、5月に新契約!!


entry_img_2153.jpeg

フランクフルトはボスなしでも勝てるだろうか?これまでケヴィン・プリンス・ボアテンは23試合すべてでプレーしてきたが、今度の土曜日のシュトゥットガルト戦はイエローカード累積5枚で欠場となる。それに加えて、プリンスは太ももの負傷から回復するために休養も必要だった。


それに代わってオマール・マスカレルが戻って来る。このスペイン人は水曜日にマシーンを使ったトレーニングを行っている。彼と長谷部誠の二人がフランクフルトのプレーを後方から作り上げるのだ。

続きを読む
[ 2018/02/25 19:57 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(2)

フランクフルト長谷部!シーズン終了後に引退か?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】
シーズン終了後に引退か?

長谷部が心配!再び膝を!



entry_img_1925.jpeg



彼は、状態が良ければ常にプレーしている。彼は、多くの人々にとってアイントラハトで最も優れたディフェンダーだ。しかし、マインツとのダービーでこの日本人のスターは、今シーズン3度目となる欠場を余儀なくされた。
続きを読む
[ 2017/10/31 19:05 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(29)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。