ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「長谷部が監督になれば引く手あまたになるかもしれない!」長谷部特集第2弾!《ドイツの反応》




90Min】1月10日


長谷部、引退後の計画を明かす!


entry_img_1444.jpg
引用元:90Min


32歳という年齢、そして残り一年半という契約を考えれば、引退後のキャリアについて考えることは当然だろう。アイントラハト・フランクフルトの長谷部は彼が描いていることを明かしてくれた。


“引退後は監督になりたいと、ともうはっきり言う事が出来ますね。”


この日本人は、そのキャリアにおいていくつかの物事を達成している。そのハイライトの一つはヴォルフスブルクでのリーガ優勝だろう。しかしこの32歳はまだサッカーを楽しんでいる。彼はリベロという新たな役割でアイントラハトで素晴らしいシーズンを過ごしている。“サッカーが僕の人生でナンバー1です。”とこの守備のスペシャリストはキッカーで語った。
続きを読む
[ 2017/01/16 20:15 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(9)

ドイツ紙「長谷部ドイツで監督へ!、次なるコヴァチになるだろうか?」長谷部特集記事!!《ドイツの反応》




SGE4EVER



長谷部は次なるニコ・コヴァチになるだろうか?

entry_img_1443.jpg
引用元:SGE4EVER


まったく皺のない顔、そしていたずらっぽい笑顔。目は冴えている。もし彼の事を知らず、その年齢を当てなければならなかったら、きっと長谷部誠が1月18日に33歳の誕生日を迎えるとは思いもしないだろう。サッカー以外に“神は死んだ。”で知られる二―チェの哲学書を読む、読書好きな日本人は、自分でも本を書き、さらに10年にもわたってユニセフ大使として働いている。そして彼はまさにプロのお手本のような選手だ。ワイルドなパーティーや女性をめぐる話題、また不摂生という言葉は、フィールド上では審判に向かって激しいジェスチャーを見せることもある彼には無縁だ。 続きを読む
[ 2017/01/16 06:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(10)

フランクフルト長谷部!2018年まで契約延長!!地元紙《ドイツの反応》



フランクフルター・アルゲマイネ



アイントラハト、チャンドラーと長谷部と契約を延長!



entry_img_1404.jpg
引用元:フランクフルター アルゲマイネ新聞


アイントラハト フランクフルトが今シーズン末で終了となるレギュラー、ティモシー・チャンドラーと長谷部誠と契約を延長した。
続きを読む
[ 2016/12/21 19:30 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(4)

独紙「フランクフルト長谷部:お風呂大好きなベストセラー作家!」特集記事!《ドイツの反応》




クライス新聞】



数字で見るスター選手!



フランクフルト:長谷部誠

お風呂が大好きなベストセラー作家


entry_img_1346.jpg
引用元:クライス新聞

フランクフルト:アイントラハトの長谷部誠は本当に熱心で小さな美食家だ。この日本人はドイツ食も好んで食べている。それも不思議ではない。この32歳のドイツ生活はもう9年にもなる。
続きを読む
[ 2016/11/21 18:37 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(17)

独紙「フランクフルト長谷部の日本での人気はベッカム並み?」日本を取材し長谷部を特集!《ドイツの反応》



フランクフルト・ルントシャウ】11月16日


長谷部誠

ハーズィ(長谷部)の軌跡


entry_img_1339.jpg
引用元:フランクフルト・ルントシャウ




アイントラハト・フランクフルトでプレーする長谷部誠は、故郷日本ではどのぐらい有名なのだろうか?ワールドカップ予選日本対サウジアラビア戦を見学してみた。
続きを読む
[ 2016/11/17 18:58 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(7)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。