ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!「今がキャリアで最高の状態!!」体調万全の秘密を明かす!《ドイツの反応》

【ビルト】


hasebe16.jpg

アイントラハト

長谷部!体調管理の秘密を明かす!
温かいお風呂!日本食!日々のケア!


普通だったら35歳ではやめることを考えるものだ。しかしアイントラハトの長谷部誠は、“僕は今がキャリアにおいて最高の状態です。”と語っている。


でもいったいその秘密は何だろうか?彼はその秘密について、“10年間まったく同じ流れ(で生活すること)です。”と語っている。
続きを読む
[ 2019/01/24 09:30 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(5)

「まるで年を重ねるごとに良くなるワインのようだ!」フランクフルト監督!長谷部を絶賛!《ドイツの反応》

【フスバール・ニュース】

hasebe34.jpg


ヒュッター!長谷部を絶賛!


“まるで年を重ねるごとに良くなるワインのようだね!”


長谷部誠は、3:1で勝利した対フライブルク戦ではまたしても最後の男(ディフェンダー)として最高のパフォーマンスを見せている。アディ・ヒュッター監督はこの日本人の成長に感動している。


長谷部誠は金曜日に35歳になった。そしてその一日後に彼はチームとともにフライブルクに3:1で勝利するというプレゼントを自分に贈っている。この試合ではまたしても長谷部は試合の頭脳であり、手足だった。何よりも中盤のセバスティアン・ローデとの役割分担が、最初にしては非常にうまくいっていたのだ。“マコトはまるで年を重ねるごとに良くなるワインのようだね。チームでは絶対的なキープレーヤーだよ。”とアディ・ヒュッターはキッカー紙において長谷部を絶賛している。


続きを読む
[ 2019/01/21 19:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(3)

フランクフルト長谷部が前半戦で最高のセンターバックに選ばれた理由とは?《ドイツの反応》

【90Min】

hasebe34.jpg


フランクフルト長谷部が前半戦で最高のセンターバックに選ばれた理由とは?


アイントラハトの長谷部誠は、有名なライバルたちを抑えて前半戦最高のセンターバックに選ばれている。キッカーが彼を1位にしたのだが、これは決していい加減な選考ではない。


この34歳は2014年の夏にニュルンベルクからフリーでフランクフルトに移籍した。それ以来、彼がアイントラハトのシステムで重要な役割を担ってきたことには疑いがない。しかし彼は2018/2019年の前半戦でここまで注目を浴びるとは予想もできなかった。
続きを読む
[ 2019/01/04 19:02 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(5)

フランクフルト長谷部!キッカー・ランキングで1位に!!センターバック部門《ドイツの反応》

【Ichliebefussballnews】

hasebe16.jpg


フランクフルト長谷部!キッカー・ランキングで1位に!!センターバック部門


アイントラハト・フランクフルトでプレーする長谷部誠が、1月3日発売のドイツサッカー専門紙“キッカー”におけるポジション別ランキング・センターバック部門でマティアス・ギンターやマッツ・フンメルス、ジェロム・ボアテンらドイツ代表を抑えて見事1位に輝いた。それに加えて長谷部はインタナショナル・クラスに分類されている。


同紙は、半年ごとにポジション別のランキングを発表しているが、そのランキングには、所属クラブでの活躍以外に各国代表選での活躍も含まれる。

続きを読む
[ 2019/01/04 17:41 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(6)

フランクフルト長谷部!!契約を一年間延長!!《ドイツの反応》

【フランクフルト・ルントシャウ】

hasebe34.jpg


長谷部誠、フランクフルトで契約を一年延長!

日本人の長谷部誠がアイントラハトでの契約を2020年の夏まで一年間延長した!


日本人の長谷部誠が、アイントラハトでの契約を2020年の夏まで延長している。アイントラハト・フランクフルトは日曜日に行われたレヴァークーゼン戦の前にこれを発表している。この34歳の選手はニュルンベルクからフランクフルトに移籍してきた。

続きを読む
[ 2018/12/17 09:05 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(2)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。