ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部!敗れはしたがチーム最高の選手!!《ドイツの反応》

【OPオンライン】

hasebe16.jpg


日本人!敗戦にも関わらず最高の選手!


フランクフルト!

おそらく彼がこの日のマン・オブ・ザ・マッチだろう。すくなくともフランクフルトでは最高の選手だった。しかし長谷部は試合後悲しんでいた。

フランクフルトのリベロはまたしてもノーミスのプレーを見せた。しかしそれでも敗戦を防ぐことができなかった。“今日はかんたんに失点してしまいましたね。”とこの34歳は語り、さらに“何よりも最初の失点の場面で守備がうまく統率されていませんでしたね。ヴォルフスブルクは良い守備を見せ、僕たちのストライカーを苦しめていましたよ。”と語った。
続きを読む
[ 2018/12/03 19:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(2)

「大事なのは落ち着いていること!」フランクフルト長谷部、ドイツ紙インタビュ!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

“重要なのは落ち着いていること”
長谷部誠インタビュー!

hasebe5.jpg

あなたは2009年にヴォルフスブルクでリーガ優勝し、2018年にはアイントラハトでポカール優勝を果たしました。どちらがより素晴らしいですか?


ヴォルフスブルクの優勝は素晴らしい瞬間でしたね。ヴォルフスブルクで2年目でしたし、本当に信じられないです。

続きを読む
[ 2018/12/02 19:52 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(5)

ドイツ紙!「長谷部はミスター・信頼!外せない存在!!」《ドイツの反応》

【フランクフルター・ノイエ・プレッセ】


hasebe9.jpg


長谷部誠:プレーに年齢は関係ない。


世界中がフランクフルトのフォワード人を話題にしている。しかしその陰で、長谷部誠は非常に重要な役割を担っているのだ。


長谷部は、この日非常に温かい恰好をしていた。手袋、長ズボン、そして帽子。彼は風邪をひかないためにできる事全てをしているのだ。そしてこれはプロサッカー選手として長谷部にとっては当然のことだ。


そして年を取ればとるほど、体の言う事に耳を傾けなければならない。長谷部は、若い頃からお手本のような生きてきた。そして信じられない事だが、長谷部は今ではフランクフルトのメトセラとなっている。34歳だ。彼よりも高齢な選手は一人もいないが、長谷部よりも特に優れた選手はほかにはいない。
続きを読む
[ 2018/11/16 21:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(6)

代表を引退した長谷部はこれまでのどのシーズンよりも瑞々しい!!《ドイツの反応》

【ギースナー新聞】

hasebe5.jpg


アイントラハト・フランクフルト!
ジェットラグなしの長谷部は若いウサギのよう!


フランクフルトの34歳のリベロは代表を引退してから、これまでのどのシーズンよりも瑞々しい。


フランクフルトの代表選手たちは月曜日から、それぞれの国を飛び回っている、例えばセルビア代表のルカ・ジョヴィッチなどだ。

しかしこれまで代表の柱としてプレーしてきた二人の選手はフランクフルトに残っている。長谷部誠と、ゲルソン・フェルナンデスだ。この二人はワールドカップの後で、それぞれ、日本代表とスイス代表を引退している。
続きを読む
[ 2018/11/16 16:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(3)

フランクフルト長谷部!ニュルンベルク戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる!《ドイツの反応》

【Ichliebefussballnews】

hasebe16.jpg


フランクフルト長谷部!ニュルンベルク戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる!


アイントラハト・フランクフルトでプレーする長谷部誠が、月曜発売のキッカー紙においてマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。


アイントラハト・フランクフルトは日曜日に久保裕也がプレーするニュルンベルクと対戦したが、その試合で長谷部がマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。キッカーはその中で、「長谷部誠も決してノーミスではなかったが(ノーミスは誰もいない)、彼は多くのシチュエーションで良い守りを見せ、さらにしっかりと組み立てをすることが出来ていた。」と評している。

続きを読む
[ 2018/10/29 19:15 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(5)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。