ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントにショック!カストロ、4週間の負傷離脱!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



ドルトムント・ショック!


カストロ4週間の離脱




entry_img_1265.jpg
引用元:Bild


バイエルン戦には間に合うだろうか?



これはなんとも大きな痛手となった。


BVBのスター、ゴンザロ・カストロは内転筋の負傷(断裂)により離脱することになった。ビルトの情報によると、彼はそれどころか約一か月にわたって離脱するようである。このミッドフィルダーにとっては本当に悔しい結果となった。彼は現在人生最高のピークに達しており、再び代表監督の目に留まってきたところだったのに。しかし再びフィールで輝く代わりに、スタンド観戦となってしまった。

続きを読む
[ 2016/10/08 17:40 ] カストロ | TB(-) | CM(27)

ドルトムントで好調のカストロ!ドイツ代表になれるか?ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



entry_img_1228.jpeg
引用元:Bild



彼が攻撃力あふれるドルトムントでのリーダーとなっている・・。BVBスターのゴンザロ・カストロは6:0で勝利したダルムシュタット戦では、非常に素晴らしいヒールキックからのゴールを見せ、ワイルドな若者あふれるチームの中での中盤の司令塔だった。(22歳以下が6人)

続きを読む
[ 2016/09/19 17:42 ] カストロ | TB(-) | CM(11)

BVBカストロ「トゥヘルはハインケスを思い出させるね。」インタビュー《ドイツの反応》



ビルト




カストロ:トゥヘルはハインケスを思い出させるね。




entry_img_1214.jpeg
引用元:BILD



ビルト:いったいトーマス・トゥヘルはどのようにして、一年間であなたのパフォーマンスを爆発させることに成功したのでしょうか?

カストロ:最初のころは、もしかしたら自分でもプレッシャーをかけすぎていたのかもしれません。彼は、それを取り除こうとしました。彼は僕とたくさん話をしましたし、僕のプレーをたくさん見て、より向上させようとしました。ほんの小さな事でもです。良いパフォーマンスが出せるようになったら、後は自然とつながりました。 続きを読む
[ 2016/09/12 06:25 ] カストロ | TB(-) | CM(4)

キッカー「トゥヘルがカストロをあきらめた事で沸き起こる疑問」《ドイツの反応

23日にキッカーに掲載された記事になります。






【キッカー】

成功がドルトムントの監督を正当化

トゥヘルがカストロをあきらめた事で沸き起こる疑問

201602270530116b8.jpeg

月曜日にゴンザロ・カストロは再びフィールド上に姿を現した。そしてこのボルシアのミッドフィルダーのトレーニングでの雰囲気は限界に近いものだったようである(注:限界を超えない程度というニュアンスで、“まあまあ”といった感じで使われる言葉だが、文脈から限界近くと訳しました。)。それは天気が悪かったからではなく、トーマス・トゥヘルにあまり尊重されていないためである。そしてこれが議論を巻き起こす。(注:これによって疑問が湧いてくる。)
続きを読む
[ 2016/02/27 06:00 ] カストロ | TB(-) | CM(47)

トゥヘル、態度不良のカストロをベンチ外へ!ドイツ紙《ドイツの反応》

本日のビルトよりドルトムント関連の最新記事になります。





【ビルト】


トレーニングは嫌な雰囲気、態度も悪い。


トゥヘルカストロを外に追いやる!


entry_img_885.jpeg


代表監督ヨギ・レーヴの目の前で、BVBスターカストロにとっては最も重い罰となった…
続きを読む
[ 2016/02/23 19:53 ] カストロ | TB(-) | CM(61)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。