ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キーパーのレジェンド!シュマイケル!ネイマールを批判!《ドイツの反応》




ビルト】



デンマークのレジェンドご立腹!

パパ・シュマイケル!ネイマールを批判!



entry_img_2400.jpeg



ネイマールの演技とその結果。デンマークのキーパー・レジェンド、ペーター・シュマイケルが口を開いた。

一番腹が立つのはメキシコに2:0で勝利した後で、ネイマールがFIFAによってマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた事のようだ。
続きを読む
[ 2018/07/04 10:45 ] FIFA | TB(-) | CM(22)

【日本対ベルギー!】ドイツ紙「すべては、デ ブルイネにかかっている。」《ドイツの反応》



【ビルト】

今日、日本対ベルギー!


全てはデ・ブルイネにかかっている!



entry_img_2392.jpeg


タイトルに向けて日本はただの途中経過に過ぎない!

ベルギーは今日再びケヴィン・デ ブルイネを起用してくる。この元ヴォルフスブルクの選手は、監督のロベルト・マルティネスを批判していた。彼がここ一年半負けなしにも関わらずだ。彼はこのスペイン人監督の4231の戦術が守備的過ぎると語ったのだ。


その結果として、マルティネスは343システムを採用し、デ ブルイネを中心的なリーダーに据えたのだ。
続きを読む
[ 2018/07/02 13:45 ] FIFA | TB(-) | CM(7)

【W杯】ドイツ代表歴史的敗退!その7つの真実とは?《ドイツの反応》




ビルト】


ワールドカップ歴史的敗退!


ドイツ代表の7つの手痛い事実とは?





信じられないことが起こった。ドイツ代表がグループリーグで敗退したのだ。ワールドカップ優勝者として・・。

これがドイツ代表の真実だ。

1.


もう満足しすぎ。2014年のようにどうしても勝ちたいという意思がなかった。悪いプレーをすることはいつだってあり得る。でも我々のサッカーはたいてい重々しかった。ワールドカップ優勝者はワールドカップ予選では良いプレーを見せていたが、珍しくも状態が悪かった。エジル、ミュラー、ケディーラがワールドカップ敗退の象徴だ。敗れた韓国戦やメキシコ戦では彼らは自分の影のようだった。しかし影ではタイトル防衛はできない。
続きを読む
[ 2018/06/28 17:50 ] FIFA | TB(-) | CM(21)

【w杯】ドイツ!歴史的敗退!ドイツ紙「w杯の悪夢!恥ずべき予選敗退!【ドイツの反応】



ビルト】



恥ずべき予選敗退!

ワールドカップの悪夢!だけどこれ以上の結果は相応しくなかった。



entry_img_2384.jpeg

これはドイツのワールドカップ最大の大失態だ。クラブは初めてグループリーグで敗れる事になった。

韓国に0:2で敗れ、壊滅的なグループリーグを終えた。悪夢だ。スウェーデンがメキシコを3:0で破ったのでドイツ代表の敗退は決まった。

続きを読む
[ 2018/06/28 06:18 ] FIFA | TB(-) | CM(30)

【W杯】ドイツ対韓国!ドイツ紙「韓国戦では2度も騒動が!気を付けろ!」《ドイツの反応》




ビルト】

気を付けろ!

韓国戦では2度も騒動が!



entry_img_2383.jpeg


ドイツはこれまで2回ワールドカップで韓国と対戦しているが、2回とも勝利している。

しかし2回ともイライラさせられることになった。

▶1994:アメリカ大会のグループリーグ最後の試合。体感温度50度の中で、ドイツはウォーミングアップをすることをやめた。チームは休憩まで3:0でリードしていたが、最終的には3:2で勝利している。そして、その後スキャンダルだ。シュテファン・エッフェンベルクは交代後ドイツのファンに中指を立てたのだ。これによって彼は懲罰を受けることになった。

続きを読む
[ 2018/06/27 18:26 ] FIFA | TB(-) | CM(8)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。