ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「トゥヘルの将来はオバメヤンにかかっている!」《ドイツの反応》




ビルト




これからの9日間が監督にとって正念場!



トゥヘルの将来はオバにかかっている!


20170227183827ec7.jpg
引用元:Bild



3:0で勝利したフライブルク戦でドッペルパックを達成するまで、オバメヤンは471分間ノーゴールだった。しかしこれでノックアウト週間の準備はできた!
続きを読む
[ 2017/02/27 18:35 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(5)

BVB監督トゥヘル!フライブルクに勝利でチームを誇りに思う!試合後コメント《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ


entry_img_1517.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ



トゥヘルさん、今日のフライブルク戦でのパフォーマンスについてどうお考えですか?

トゥヘル:僕たちは今日のパフォーマンスに関しては非常に幸せだ。チームには大きな大きな賛辞を贈りたいね。彼らは非常に力強いプレーを見せてくれた。どの分野においても素晴らしいパフォーマンスだった。


続きを読む
[ 2017/02/26 18:55 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(7)

BVBトゥヘル「イサークという選手の事は先週まで知らなかった。」会長は不仲説の報道を否定!《ドイツの反応》




ビルト



トゥヘル、移籍での彼の立場について表明



entry_img_1463.jpg
引用元:Bild


アレクサンダー・イサークはまだドルトムントについたばかりだが、周囲の意思に反してすでに大きなテーマを巻き起こしている。

スポーツビルトは、このスウェーデン人の移籍に関して、トーマス・トゥヘル監督が遅くまで何も聞かされていなかったと報じていた。BVB会長のヴァツケとSDのツォルクは、この若いストライカーをAIKソルナから900万ユーロで獲得したのだ。またその際レアル・マドリッドとの獲得競争にも勝利している。またアドリアン・ラモスの移籍に関しても、トゥヘル監督を経由しないで決断されたと報じていた。

続きを読む
[ 2017/01/26 05:57 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(7)

ドイツ紙「なぜトゥヘルは彼のキャプテンを疑問視するのか?」《ドイツの反応》



ビルト


シュメルツァーに対して明言を避ける。ロイスが再び候補に!

なぜトゥヘルは彼のキャプテンを疑問視するのか?


entry_img_1433.jpg
引用元:Bild

トーマス・トゥヘル監督は、夏にマルセル・シュメルツァーをキャプテンに任命した。第1候補のマルコ・ロイスが長い間離脱していたからだ。そして今ロイスが再び健康に戻った。そしてトゥヘルはキャプテンを新たに任命するという発言をしている。
続きを読む
[ 2017/01/10 18:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(30)

BVBトゥヘルと幹部が会談し、前半戦を分析!前半戦の不調は、新加入の多さや戦術の変更が原因!《ドイツの反応》




ビルト



ドルトムントでボスたちが会談!!


ドルトムント、危機的な状態のままクリスマス休暇へ!

entry_img_1409.jpg
引用元:Bild


昇格チームであるライプツィヒに9ポイント差。これが意味することは、16試合を終えて6位という事だ。それどころか、BVBのファンの中には、バイエルンの次のポジションが長期的にライプツィヒに奪われてしまうのではないかと心配する人も出てきた。そしてドルトムントのボスたちもこのテーマについて話し合った・・・。

続きを読む
[ 2016/12/24 06:15 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(8)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。