ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBヤヌザイ、ブンデスデビューを観たBVBファンの反応!《ドイツの反応》

見事に開幕4連勝を飾ったドルトムントですが、今最も話題となっている選手は新加入のヤヌザイです。トランスファーマルクトのヤヌザイ掲示板より、ファンの試合後の反応を紹介します。



entry_img_594.jpg

【ヤヌザイ掲示板より】


・手堅いデビュー戦だったね。彼がサッカーができる事を直ぐに見て取ることができた!良い代役だね。彼はドリブルが上手いし、左利きだからね。いずれにせよ彼には明らかにチームとの連携が欠けているね。だけどこれは普通だよ。


・ボールをしばしば持ちすぎるし、チームメートも見えていないね。でもボールの扱いはうまいし、技術もかなりある。それに早いよ。彼がチームに慣れたら、彼の道を進んでくれるだろうね。


・僕は結構気に入ったね。とてもフレキシブルで技術もあるよ。ホーフマンよりも上手く合いそうな気もするな。大きな才能だし。僕はあと2,3週間経ってチームになれたら彼が真の爆弾になると思うよ。



・まあ当然だけど彼には連携が欠けているね。でもそれと同時にいかに彼のボールの扱いが上手いかが見て取れたよ。時間が経てば徐々に力を発揮するだろうね。チームにまずは慣れないと。彼は技術的に大きな物をもたらしてくれるよ。
続きを読む
[ 2015/09/14 06:00 ] ヤヌザイ | TB(-) | CM(52)

独紙、アドナン・ヤヌザイは香川真司を再び押しのけるだろうか?《ドイツの反応》

ボルシア・ドルトムントに一年のローン移籍が決定したアドナン・ヤヌザイですが、マンチェスターユナイテッドで香川選手のスタメンの座を奪った事はドイツでも知られています。今回それに関連する記事を見つけましたの紹介します。記事は90Minという大手サッカーサイトのものです。






ボルシア・ドルトムント

アドナン・ヤヌザイは香川真司を再び押しのけるだろうか?




ボルシア・ドルトムントはアドナン・ヤヌザイを獲得し、攻撃陣を完璧なものとした。このベルギー人はここヴェストファーレン地方においては、決して見知らぬ存在ではない。香川真司とアドナン・ヤヌザイは2013年にマンチェスター・ユナイテッドで一緒にプレーしたのだ。しかしこの日本人はそこでは敗北することになった。


マンチェスター・ユナイテッドは2012年に派手な宣伝をして、ボルシア・ドルトムントのプレーメーカー香川真司を獲得した。最初の良いシーズンのあとで、香川真司はイングランドに順応したところだったが、彼のショーは当時18才のベルギー人に奪われてしまったのだ。アドナン・ヤヌザイはデイヴィット・モイーズ監督の下でデビューし、香川真司を“レッド・デヴィルズ”のスタメンの座から追いだしたのである。


さて、こうしたシナリオが再び起こることはあるだろうか?BVBで香川真司とアドナン・ヤヌザイが再び出会うことになるのだ。


現在好調の香川真司は、ドルトムントの攻撃陣においてスタメンの座は確かなものとなっている。ここ数週間の彼のパフォーマンスは、すべてのファン同様にトーマス・トゥヘル監督をも感動させた。そうでなくとも香川真司はすでに観客の最もお気に入りだ。しかし、今香川真司はアドナン・ヤヌザイが加入したことでもう一人の競争相手を得ることになる。このベルギー人はまずは一年間のローン移籍でヴェストファーレン(注:ドルトムントのある地方名)でプレーすることになるのだ。彼のパフォーマンスが良ければそれ以降もこの20才の選手を獲得するチャンスはあるとされている。

続きを読む
[ 2015/09/04 06:02 ] ヤヌザイ | TB(-) | CM(50)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。