ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

C・ロナルド「BVBのファンはクレイジーだね!」ドルトムントについて語る!!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



ドルトムント:チャンピオンズリーグでレアル・マドリッドのクリスティアーノ・ロナルドはドルトムントと対戦する。このスーパースターはドルトムントに対して敬意を示している。なによりもチームとファンに。


entry_img_1329.jpg



12月にボルシア・ドルトムントはチャンピオンズリーグでスペイン歴代優勝記録を保持するレアル・マドリッドと対戦する。もちろんクリスティアーノ・ロナルドも一緒だ。サッカーマガジン“11フロインデ”のインタビューのおいて、このポルトガル人はボルシアのチームとファンに対して敬意を示した。

続きを読む

キング・カズ!!最年長契約更新がドイツでも話題に!!《ドイツの反応》

先日、契約更新を発表しました三浦カズ選手ですが、その事がドイツのいくつかのメディアにも取り上げられていましたので紹介します。






【Sport1】

世界最年長のプロサッカー選手が契約更新!

entry_img_717.jpeg


“メトセラ”三浦がプロを続ける!

(注:メトセラは旧約聖書に登場するもっとも長寿であった人物。969歳)


続きを読む

《ドイツの反応》 日本高校サッカー選抜で活躍した若き才能・渡邊凌磨にドイツも注目!

つい最近デュッセルドルフで行われました国際ユース・サッカー大会には日本の高校サッカー選抜チームも参加しておりました。大会にはドルトムントのユースやデュッセルドルフのユースチームなどが参加していましたが、大会で活躍した日本代表の渡邊凌磨選手に注目が集まりインタビューが掲載されましたので紹介します。取り上げられましたのはラインポスト新聞のオンライン版になります。






日本の最高の才能がドイツへ


渡邊凌磨は国際ユースサッカー大会で注目を集めた。そして彼はブンデスリーガを夢見ている。



201504111634408b6.jpgTaro Yoshidaさんの撮影

渡邊凌磨はデュッセルドルフで行われた国際ユース大会における一つの発見となった。この18歳は他の誰とも異なり、彼の素晴らしい視野の広さと技術で輝きを見せた。この日本人は素晴らしい活躍をしてミッドフィルダーの最優秀選手に選ばれただけではなく、多くのスカウトの目を引くこととなった。


この才能と創造性にあふれる選手が、ドイツでの印象や今後の希望などについて語る。彼の大きな目標はブンデスリーガでキャリアを積むことだ。



渡邊さん、君たちは大会では6位という結果になったわけですが、えこの順位には満足ですか?


僕たちは6位には満足していません。でもここでの経験が今後のキャリアの役に立つと思います。

この国際ユース大会は日本ではどのくらい知られていますか?いずれにせよ君たちの高校選抜チームはもう30年もこの大会に参加していますが。

この大会は日本でも結構有名です。チームにはいつかワールドカップに出場することを夢見る高校生達が多いですし、そういうことからも特に高校生の間では特に有名です。


君のような若い選手にとってはこの大会はどんな意味を持ちますか?


僕にとってはこの大会に参加したことはとても重要です。世界中のスカウトの注目を集めるためにも。また多くの日本のスター選手や他の有名な選手達がこの大会に出場してきた事を考えると、ここでより良いパフォーマンスを見せるうえでより大きな励みとなります。


この大会は日本ではテレビでも放映されるそうですね。故郷の反応はどうですか?


僕は多くの人びとがソーシャルネットワークを通して大会の情報を追っていた事は話に聴きました。でもテレビ放映は5月5日になるようですね。僕達がここで活躍すればするほど、より注目を集めることになると思います。


メディアに出るようになってプレッシャーもかかると思いますが。いずれにせよ主要なテレビ局が放映するようですしね。


自分たちでもプレッシャーをかけています。でもこのプレッシャーは大会ではポジティブな物に変わるんです。より多くのエネルギーが湧いてくるんです。


今度は君たちのチームの名前である、高校選抜チームについて尋ねますが、いったいどのようにしてこのチームはできているんですか?


冬に高校生によい全国大会があるんです。そこで様々な学校から18人の選手が選ばれるんです。選ばれた18人がここにいます。


この高校生によい大会が日本のサッカーでは最も大きなイベントだそうですね。決勝の観客数はどのぐらいですか?どのぐらいの規模を想像すればいいんでしょう?


だいたい五万人ぐらいの観客が決勝を観戦すると思います。


それは満員御礼のスタジアムのような雰囲気ですね。


夏と冬には野球の大会があり、それらの大会にも大勢の人が見に来ますが、冬にはありません。ですからこの高校の大会の雰囲気はより特別なものとなっています。


日本のサッカーのシステムはどんな感じですか?みんな学校でプレーするのですか?学校以外にもチームはあるのですか?


Jリーグのチームにはユースチームがあります。でもこの高校の大会の方が人気がありますね。それにこの大会に参加した選手は、その後Jリーグのチームに入る可能性が高いです。
続きを読む

《ドイツの反応》メッシの18メートル超えリフティングを見たドイツ人の反応

日本のテレビ番組で行われた企画で、メッシが18メートルを超える高さまで蹴りあげたボールのリフティングを成功させたという映像がドイツ紙(インターネット版)で広く取り上げられました。やはりスター・メッシというだけあって、その映像を見たコメントも賑わっておりましたので記事とコメントを紹介したいと思います。




【20Minuten Online】

メッシが18メートルの高さからのボールを受ける

リオネル・メッシが日本のショー番組で、彼のボールの扱いが素晴らしいことを証明してみせた。観客は見た光景を信じることができない。



これはショーであるがただのショーではない。少なくとも日本で行われた場合は。リオネル・メッシもこうした事を理解しなければならなかった。彼は、ボールを扱う能力を証明してみせないかという質問を受けたのだ。そして彼はそれを証明してみせた。

以下ビデオの内容の説明なので省略



【ビルト】

バルサスターがTVショーで魔法を見せる。


日本で行われた、ドイツのテレビ番組“賭けてみましょうか・・・・?”にも似ているTVショーでバルサのスターがサッカーの競技場以外の場所においてもワールドクラスである事を証明した。

メッシはこの番組で再び彼の信じられないぐらいのボールの扱いを証明してみせたのだ。そして何人かのTV番組ゲストは驚きのあまり口を開けたままとなった・・・。



続きを読む

《ドイツの反応》独キッカーがJリーグの優勝ドラマを報道「ガンバでの歓声、埼玉での悲しみ」

本日発売のキッカーに短いですが、Jリーグの最終節でのドラマを扱った記事がありましたので、ご紹介したいと思います。ドイツでJリーグの話題が上がることはあまりありませんが、元ドイツ代表のカカウが移籍した事で、いくらか注目を集めるようになったかもしれません。やっぱり現役でプレーしている選手がいるかいないかで、普段の注目度も大きく変わってきますね。

以下が記事になります。

20141211193822f5e.jpg




ガンバでの歓声、埼玉での悲しみ

新しいチームが優勝?ブンデスリーガで1998年にオットー・レーハーゲール監督がカイザースラウテルンで成し遂げた事がJリーグでも繰り返された。

昇格チームであるガンバ大阪が、その土地のライバルであるセレッソ大阪(元ドイツ代表カカウ)が降格したのに対して、優勝を決めたのだ。

しかし31節には浦和レッド・ダイアモンズが5回目の優勝を手にするかのように見えた。その時点では浦和レッド・ダイアモンズが新顔のガンバ大阪に対して5ポイントも差を付けていたのだ。しかしガンバが浦和のワールドカップスタジアムの56758人の観客の前で2:0で勝利したのだ。トレーナーの長谷川健太は二人の得点者である、佐藤晃大と倉田秋を比較的遅い時間に投入し、それによって試合が決定したのだ。

浦和にとってはタイトル争いの終わりの始まりであった。現在ヘルタ・ベルリンでプレーする原口元気がプレーしていたこの伝統あるチームは、苦手なサガン鳥栖に対して引き分けに終わってしまった。浦和が33節で勝てなかったのは、これで3年連続である。

ガンバ大阪がヴィッセル神戸に対して3:1で勝利した事で両チームは同ポイントで最終節に臨むことになったのだ。

そしてガンバが無得点で最下位の徳島になんとか引き分けたのに対して、観客動員数平均が32964人と日本で最も人気のある浦和は名古屋に対して1:2という痛々しい敗北を喫したのだ。元ケルンの槙野智章が開始120秒で先制点を上げたのにも関わらず。埼玉での悲しみ-ガンバの喜び。

ガンバ大阪で活躍する34才の日本代表・遠藤保仁がリーガでの最優秀選手に選ばれた。そして得点王には元ヴォルフスブルクの大久保嘉人が選ばれ(18ゴール川崎9フロンターレ)以前ミュンヘンとホッフェンハイムでプレーした宇佐美貴史(ガンバ大阪)がベストイレブンに選ばれた。

最大の失敗はウルグアイのディエゴ・フォルランで、彼はセレッソ大阪と共に降格することになった。観客の平均動員数は14654人と2002年のワールドカップ以来最低となった。 続きを読む
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。