ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、パク!マインツ復帰の噂!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト




熱い噂!!



entry_img_1139.jpeg
引用元:BILD



パクはドルトムントから戻って来るだろうか?



チュホ・パクは今から一年前に約300万ユーロでドルトムントへやってきた。

この韓国人はマインツ05に戻るのだろうか?
続きを読む
[ 2016/08/05 18:15 ] パク | TB(-) | CM(15)

BVBパクのパフォーマンスを現地BVBファンはどう見ているか?《ドイツの反応》

当ブログでブレーメン戦での採点を取り上げました所、BVBの左サイドバック、パクのパフォーマンスに対する議論が割と盛んに行われました。中には現地ファンのコメントに対する言及もありました。では実際の所どうなのか、という事でトランスファーマルクトのパク掲示板よりここ最近の反応を訳してみました。10月16日以降に寄せられたコメントを紹介します。





entry_img_694.jpeg


【トランスファーマルクト、パク掲示板より】

マインツ戦後


・これまでの何試合か見ても、今だにこの移籍の意味が分からない。パクには僕らの左サイドバックとプレーするうえで特筆すべき能力もないように思う。彼はブンデスリーガの平均的な選手で、ドゥルムの状態が良くなったら、バックアップのバックアップにしかならないように思える。でもそうなったら、なぜ彼が移籍してきたのか、という最初の疑問に戻ることになる。なぜ才能のある選手をとらなかったんだろうか?僕にとってはパクがベンチメンバーの席をブロックしてしまっているように思えるよ。


・↑僕も左サイドバックの補強はして欲しいと思う。普段のシュメルツァーを補えるぐらいで、彼に火をつけるぐらいのね。


パクにはもう少し時間をやるべきではあると思う。彼はとにかく安全にプレーする事を第一に考えているようだね。もしかしたらもっと勇気を持ったプレーが見られるかもしれない。僕はトゥヘルは彼の多様性を評価しているんだと思うよ。彼は6番でもプレーできるからね。でも28才の選手にしては、よく考えられたプレーをしているようには見えないね。アリバイを作るための行動が多く見られるよ。ここは改善しなければならないね。

それは別にしても本当に左サイドバックの補強が必要だよ。序盤のシュメルツァーレベルのね。シュメルツァーはいつも限界でプレーする事はできないんだ。もちろん誰もできないと思うけど・・。でシュメルツァーの普通は、十分というわけでもない。だから左サイドの僕らのテーマだと思う。

続きを読む
[ 2015/11/03 06:02 ] パク | TB(-) | CM(64)

BVB新加入のパク!決勝弾を上げたデビュー戦を見たBVBファンの反応《ドイツの反応》


昨日の行われましたヨーロッパリーグ、クラスノダル戦(2:1)でドルトムントデビューを果たしました、パク・ジュ・ホ(日本ではチュホと表記?)ですが、93分に決勝点となるヘディングゴールを決めて最高のデビューを飾りました。BVBのファンが彼のパフォーマンスをどのように見たか、トランスファーマルクトのパク掲示板より、試合後に寄せられた反応を紹介します。





【トランスファーマルクト】

パク掲示板より

entry_img_606.jpg


・なぜ僕らが彼を獲得したのかがはっきりした。彼は今ギンターが右サイドでプレーしているように左サイドでプレーするべきなんだ。二人共1ゴール1アシストは本当に面白いね。

サイドバックの選手二人によるヘディング、そしてアシスト。まあ厳密に言えばパクは6番立ったわけだけど・・・、まあだいたい合っている。



・全体的にはそんなに良いプレーではなかったかな。でもゴールとアシストだからマッチウィナーだね。物語性もあったから。これで彼も自信がついたんじゃないかと思うよ。まあゆっくりチームに適応してくれればいいよ。


・BVB最初に試合で2つのポジションでプレーしなければなかった。だから今日の出来は本当にOKだね。彼は自信があるようだったし、よく戦ったよ。ポジショニングは良くないし、一対一もよくなかったけど、まあ許容範囲だね。ゴールに絡んだことでデビュー戦としては大成功だ。これからだね!!



・まあ今日はゴールに絡んだけど、まずまずのプレーといったところかな。
続きを読む
[ 2015/09/19 06:00 ] パク | TB(-) | CM(22)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。