ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴァイグル!パリ移籍を断り、ドルトムント残留を選んだことを明かす!《ドイツの反応》

【90Min】

weigle2.jpg


ヴァイグル!パリ移籍を断り、ドルトムント残留を選んだことを明かす!


ユリアン・ヴァイグルのPSG移籍は長い間噂されていたが、トーマス・トゥヘルのお気に入りはそれでもドルトムント残留を選んだようだ。彼にはドルトムントを去るという選択肢はなかったようだ。


この夏ユリアン・ヴァイグルの移籍金は5000~8000万ユーロとみられていた。そしてトーマス・トゥヘルのいるパリSGがヴァイグルの獲得に動いていると噂されていた。
続きを読む
[ 2018/09/12 19:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(10)

ドルトムント!ヴァイグルの移籍金を7600万ユーロに設定か!《ドイツの反応》

【Sport.de】
weigle2.jpg


BVB、ヴァイグルの移籍金を7600万ユーロに設定か!

あまりぱっとしない昨シーズンの後で、ユリアン・ヴァイグルは今シーズンのブンデスリーガデビューを待っている所だ。それでもBVBはユリアン・ヴァイグルに対して強気の値段を設定している。


すでにイングランドの“デイリー・スター”が報じているように、ドルトムントはこの23歳に対して7600万ユーロの移籍金を設定している。報道によるとマンチェスター・シティーが獲得に興味を示しているようだが、BVBはそう簡単には彼を売る気はないようだ。
続きを読む
[ 2018/09/11 21:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(4)

ドルトムント!7500万ユーロならヴァイグルを放出か!!?《ドイツの反応》

【フスバールオイローパ】

julian-weigl-1-600.jpg


ポーカーが始まった。BVBがカードを切った!


ボルシア・ドルトムントは、パリSGとのユリアン・ヴァイグルをめぐるポーカーにおいて、まずは最初のカードを切ったようだ。

トーマス・トゥヘルが率いるパリSGは、複数のメディアの報道によると、ヴァイグルの獲得に興味を持っているとされている。

ヴァイグルはティアゴ・モッタの後継者になるとされているのだ。
続きを読む
[ 2018/08/18 06:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(28)

ドルトムント!ヴァイグル!パリSGと移籍で合意か!?《ドイツの反応》


【SPOX】

julian-weigl-1-600.jpg

BVBニュースと噂!

ユリアン・ヴァイグルはパリSG行きを決断した?


ユリアン・ヴァイグルはかつての恩師を追っていくのだろうか?このミッドフィルダーはパリSG移籍目前とみられている。それと同時にベルギーのアクセル・ヴィッツェルが月曜にもメディカルチェックを受けるとされている。

続きを読む
[ 2018/07/30 16:38 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(23)

BVBスター、ヴァイグル!マンチェスター・シティのグアルディオラ監督が獲得を希望!《ドイツの反応》




フスバール・トランスファー】


entry_img_2251.jpeg



バイエルン時代と同様に、マンチェスター・シティのグアルディオラ監督は、難なく優勝しそうだ。そしてこれは彼にとって来季のスカッドを計画する時間でもある。


そしてその獲得リストの最上位に、プレースタイルが完璧にあう選手の名前があがった。


マンチェスターのスカッドの弱点を見つけようとおもったら注意深く観察しなければいけない。そして完璧主義者のグアルディオラはそれに成功した。彼はセントラルミッドフィルダーに目を付けたのだ。
続きを読む
[ 2018/04/14 06:19 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(24)
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。